新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

G1 CLIMAX SPECIAL 2011

2011/09/19(月)16:00兵庫・神戸ワールド記念ホール | 観衆  7,800人(超満員)

第6試合30分1本勝負

スペシャル6人タッグマッチ

[10分02秒]
コントラクトキラー→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 試合開始前、MVPがIWGPインターコンチネンタルベルト、田中が竹刀を振り回し、チャンバラを繰り広げる。
 そして両者の先発で試合がスタート。MVPが、リープフロッグからのラリアットで田中を場外に追いやり、プランチャで追撃。ファンに向かって「オレハ、ゴジラダー!」とアピールした。
 タイガー対ロメロの場面。タイガーがロメロを場外に追いやり、トペスイシーダをお見舞い。だが、場外戦に引き込まれて反則攻撃でいたぶられ、動きがストップしてしまう。
 これで田中組に捕まり、長時間の劣勢を強いられたタイガーだったが、カウンターの膝蹴り、ローリングソバットで田中に逆襲。
 ようやくタッチを受けたMVPは、串刺しラリアット連射で田中に追撃し、エクスプロイダーの体勢に入る。しかし、阻止した田中が、串刺し攻撃も回避し、スイングDDTで逆襲に転じる。
 だが、MVPもすぐに盛り返し、フェースクラッシャー。邪魔に入ったロメロを軽く蹴散らし、田中にボーリンエルボーを食らわせる。さらに、エルボー連射、エルボースマッシュで追撃するが、田中はショートレンジラリアットで反撃。
 田口対リチャーズの場面。田口が、三角飛びミサイルキックからスリーアミーゴを仕掛ける。だが、3回目のブレーンバスターをリチャーズが着地。それでも田口は、セカンドロープからのバックエルボーでリチャーズを吹き飛ばし、前落としで追撃。
 しかし、続いてのどどんを阻止したリチャーズが、突進して来た田口を宙に上げ、ハイキックをお見舞い。ここから田中組のトレイン攻撃となり、田中の串刺しラリアット、ロメロの串刺しラリアット、ロメロとリチャーズの合体串刺しダブルニーが連続で決まる。さらに、リチャーズがラリアットからフォールに行くものの、カウントは2。
 しかし、リチャーズが側頭部へのキックで追い討ちをかけ、最後はロメロとの合体技コントラクトキラーで、田口に引導を渡した。
 
 試合後、田中がリングへテーブルを持ち込み、MVPにブレーンバスターを仕掛ける。しかし、間一髪で回避したMVPが、逆にパワーボムで田中をテーブルへ叩きつけた。

コメント
デイビー「俺は何度も言ったろ? 何度も言ったろ? 今日の試合を見たか? ヘイ、いつベルトをかけてやらせてくれるんだ?」
ロメロ「Apollo55!! 俺たちはIWGP Jr.タッグに挑戦する準備は、充分にできているんだ! 今日だって、タグチを叩き潰してやったろ?」
デイビー「そのとおり!」
ロメロ「俺たちこそ、最高で、最強のグレイテスト・タッグチームなんだよ! 永遠に!」
※田中将斗はノーコメント
  
――デイビー・リチャーズに獲られるかたちになりましたが?
田口「いつでもやる覚悟は出来てるんで。いつでも挑戦は受けます」
――ベルトを懸けてもいいと?
田口「もちろんです。さっきデヴィちゃんがベルトを獲って、自分がこのあり様。情けないですけど、自分自身のことですから、自分自身で奮い立たせて、僕があの二人から、ワンツースリー獲る格好で挑戦を受けます」
MVP「このIWGPインターコンチネンタル初代チャンピオンは、MVPまたの名は“ゴジラ”。マサト・タナカ、オマエは紛れも無くストロングスタイルのマスターだ。だが、両国で俺流のストロングスタイルを見せてやる。スリーオーファイブ、名付けて『GETTOストロングスタイル』、超絶な俺の世界を味わえ!」
※タイガーはノーコメント
 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.