新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

G1 CLIMAX SPECIAL 2011

2011/09/11(日)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,800人

第5試合60分1本勝負

IWGP Jr.タッグ選手権試合

[19分04秒]
ラ・マヒストラル

※王者組が7度目の防衛に成功。

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 ついに迎えたIWGP Jr.タッグ選手権試合。前日の所沢大会でタイチに膝を破壊された田口は、負傷箇所にテーピングを施して入場した。
 
 デヴィットとタイチの先発で試合開始のゴング。例によってタイチはまともに闘おうとせず、ファンの反感を買う。そんな中、デヴィットが強烈な逆水平チョップを食らわせると、タイチは場外へ逃げ出してしまう。
 すると、デヴィットと田口は得意の連携を駆使し、タイチとTAKAを場外へ追いやる。そこから田口が三角飛びプランチャに行くが、TAKAが逃走したのを見てエプロンへ着地。ところが、タイチがパイプイスで田口の膝を殴打し、一気に形勢が入れ替わってしまう。
 TAKAとタイチはそのまま田口を逃さず、徹底的な膝攻撃を開始。思うように動けない田口はどうすることもできず、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。
 それでも田口は、TAKAに延髄斬り、タイチにフィッシャーマンズスープレックスで逆襲。ようやく出番となったデヴィットは、TAKAとタイチを場外に叩き出し、ノータッチトペコンヒーロで追撃。
 続いてデヴィットは、タイチをTAKAに激突させ、ドロップキックを発射。これでTAKAがタイチへDDTを食らわせてしまう。さらにデヴィットは、TAKAの串刺し攻撃を回避すると、タイチに追走式ドロップキック、TAKAに串刺し低空ドロップキックで追撃。
 ここでデヴィットは、コーナー最上段からダイビングフットスタンプを繰り出すが、TAKAにかわされてしまう。そして、TAKAとタイチがトレイン攻撃を敢行し、ダブルトラースキックで追撃。さらに、合体技みちのくメフィストで追い込むものの、デヴィットはオーバーヘッドキックでTAKAに逆襲。
 タッチを受けた田口は、すぐさまTAKAへスワンダイブミサイルキックを発射。しかし、かわされてマットに落下し、膝を痛打してしまう。すると、TAKAが足4の字固めで絞り上げ、タイチがデヴィットのカットを妨害。場内が悲鳴に包まれる中、田口は辛うじてロープへ手を伸ばす。
 田口対タイチの場面。タイチが、田口の膝にローキック、低空ドロップキックを食らわせ、トラースキックで追い討ち。さらに、アックスボンバー、ジャンピングパワーボム、スライディングキックに繋げる。
 続いてタイチはどどんを仕掛けるが、田口が前方回転エビ固めに切り返す。そして田口は、低空ドロップキックをタイチの膝に見舞い、ラ・マヒストラル。しかし、これをタイチが切り返し、逆にラ・マヒストラルで固める。
 だが、これをクリアした田口が、続けて放たれたスライディングキックをかわし、ラ・マヒストラルで3カウントを奪取した。
 
 これでApollo55は、IWGP Jr.タッグ王座防衛記録を更新。しかし、そこへ外道が現われ、ロッキー・ロメロ&デイビー・リチャーズの挑戦を予告した。

外道「綱渡り防衛、おめでとう。危なかったな、オイ!? そんな弱いチャンピオンでよ、デイビー・リチャーズとロッキー・ロメロから守れんのか、オイ!? デイビー・リチャーズからメールが届いたんだよ。『そのときのチャンピオン』、まあ、一応オマエらだよな? 『伝えろ』ってよ! 『確実にそのベルトは、デイビー・リチャーズとロッキー・ロメロが頂く』ってよ!『テメェらのキャリアも奪ってやる』ってよ!」

コメント
田口「デヴィちゃん、サンキュー! これまでで、一番厳しい……試合でした。いろいろ動きのあるプロレスもありますけど、こういうふうにイヤらしく地味に攻めるのもまたプロレスですし。ゴールデン☆ラヴァーズとは違った、プロレスを乗り越えることができました。でも、厳しい闘いでした」
デヴィット「タグチが、つかまっていたときは、TAKAとタイチは卑怯で、トリッキーなので凄く、くやしい思いだったね。でも、僕らはチャンピオンチーム。絶対に守りぬくんだ、という気持ちでベルトを守り抜くことができた。次の相手は、ライガー&タイガーかなと思ってたけど、ロッキー・ロメロとデイビー・リチャーズが挑戦者として名乗りをあげた。どういうタイミングで挑戦してくるかわからないけど、いずれにしてもベルトをキープしていくつもりだよ」
――今日の防衛で、7度目。歴代の最多防衛記録になりますが?
田口「新記録ですか? おっ。でも、まだまだ伸びると思いますよ。記録を作れたのは光栄ですけど、Apollo55なら、当然だと思います。55回? そうですね(笑)。ま、55回以上を目指して」
デヴィット「去年から、いろんな敵と闘ってきた、ロッキー・ロメロ&デイビー・リチャーズとも闘ったしね。でも、僕らは、このベルトを依然として守っている。それを誇りに思っているよ」
 
TAKA「なんだ今の?なんだ今のカウント?レフリーよ!オイ、なんか都合悪いのか?俺達が勝つとよ。俺達にベルトがいくと都合が悪いか、新日本プロレス!明らかに遅いんじゃねぇか?タイチが押さえた時と、田口クンが押さえた時とよ。なんだオイ、俺達ベルト獲っちゃいけねぇのか?」
タイチ「なんだ、ビビってんのか新日本よぉ。ふざけんな、あんなレフリー使いやがってよ!」
TAKA「レフリーがあんなんじゃ、ベルトなんか獲れるわけねぇよ」
タイチ「試合見てみろ、どっちが勝ってんだ?俺ら9割、いやもう10割だな」
TAKA「前哨戦からずっと俺達全勝だぞ、俺達よ。コツコツ、コツコツ積み重ねて、やっと迎えたタイトルマッチ、なんだあのレフリーはよ?」
タイチ「オイ俺達は負けてねぇぞ。負けたと全然思ってねぇからな、今日はな。俺とTAKAでまだまだ諦めねぇよ。今日は納得いかねぇよ!俺らの方が強ええだろうが。もう1回だ」
TAKA「もうApollo00は飽きたんだよ。新しい時代求めるんだよ。次はよ、俺らがレフリー用意してやろうか。公平なレフリング出来るレフリー呼んで、今年4度目のタイチの挑戦。どこでもいいや、やってやろうや」
タイチ「何度でもいいんだよ、何回でもやってやればいいんだよ、俺ら負けてねぇんだから」
TAKA「今日はレフリーに負けた。それだけだ」
タイチ「Apollo55、44、33っていうカウントダウンしてきたけどよ、今日でついに00だ。うまいこと発射したな、アイツら」
TAKA「00になって獲れなかったんだから、どうしようもねぇだろ。どうするよ、ボスに絶対獲れって言われててたぞ、俺達よ。どんな内容であれボスに食らわされるぞ」
タイチ「控室寄らないで、家にまっすぐ帰る」
TAKA「こんなんで俺達終わんねぇから。イッツマイ○ァッキン、ビジネス!」
タイチ「そういうことだよ。俺とTAKAで何回もだ」

 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.