新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

フィールズPresents レッスルキングダムIII in 東京ドーム

2009/01/04(日)16:00東京・東京ドーム | 観衆  40000

第3試合60分1本勝負

IWGP Jr.タッグ選手権試合 〜Tread on!!〜

[13分21秒]
メイドインデトロイト→エビ固め

※挑戦者組が第23代王者組となる

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

IWGP Jr.タッグ王者のNO LIMITが、世界有数の名タッグチーム“モーターシティ・マシンガンズ”ことセイビン&シェリーを相手に2度目の防衛戦を行なった第3試合。

 序盤からネックブリーカー→スライディングキック→ギロチンドロップ→サンセットフリップの連携技を披露したNO LIMIT。しかし、モーターシティ・マシンガンズも負けじと抜群のタッグワークを発揮する。
 さらに、セイビンが、ロープに乗ったシェリーの股をなんとトペスイシーダでくぐり、そのまま内藤目掛けてダイブするという荒技を繰り出す。
 ここからモーターシティ・マシンガンズに集中攻撃された内藤だったが、串刺し攻撃を狙ったセイビンをショルダースルーで場外へ転落させ、シェリーには捻りを加えたダイビングボディアタック。これでようやく自軍コーナーへ帰還し、裕次郎とスイッチする。
  裕次郎は、シェリーにパワースラム2連発、アバランシュホールド。そして、インカレスラムの体勢に入るが、シェリーは丸め込みで切り返し、ローキック連 打。すると、裕次郎は蹴り足を受け止め、フロントスープレックス。その直後、シェリーから逆さ押さえ込み、バックドロップを食らうが、カウンターのラリ アットですぐに応戦する。
 その後、内藤とセイビンの攻防に移ると、内藤は走ってきたセイビンをキャッチし、アバランシュホールド。そして、裕次郎を踏み台にしての串刺しドロップキック、ミサイルキック、ジャーマンスープレックスホールドと畳み掛ける。
  勝負に出た内藤は、裕次郎との合体技リミット・レス・エボリューションをセイビンに炸裂させようとするが、シェリーに阻止されて不発。その直後、シェリー が内藤にシェル・ショック、裕次郎がシェリーにアバランシュホールド、セイビンが裕次郎にロープを足場にしてのDDT、内藤がセイビンにジャンピングエル ボーアタックという、目まぐるしい攻防が展開される。
 その後、NO LIMITはモーターシティ・マシンガンズの誤爆を誘い、セイビンにリミット・レス・エボリューション。今度は見事に炸裂するが、シェリーのカットでカウント3とならず。
  セイビンは、内藤のダイブ技を回避し、シェリーとの合体トラースキックで内藤をカバー。これがカウント2に終わると、セイビンとシェリーは、内藤をコー ナー最上段に乗せる。そして、スライス・ブレッド(不知火)とパワーボムの要素をミックスさせた合体技“メイドインデトロイト”で内藤から3カウントを奪 取。NO LIMITが2度目の防衛に失敗し、モーターシティ・マシンガンズが第23代王者に輝いた。

コメント
セイビン「初めて彼(シェリー)と組んだ時から分かっていた。一部のファンも分かっていた人がいたと思う。これで我々が世界でナンバー1のタッグチームだということを証明してやった」
シェリー「自分たちはこうして、IWGP Jr.タッグのベルトを獲ってやった。これをTNAに持ち帰り、ずっと守り続ける。このベルトが欲しければ、いつでもTNAに獲りに来い。しかし、俺たちがこのベルトを手放すことはない」
セイビン「俺たちが招待状を出すよ。邪道&外道、稔&プリンス・デヴィットでも誰でも来ればいい。だが、飛行機代がムダになるだけだ。絶対に俺たちからベルトを獲ることはないからな」
シェリー「俺たちがチャンピオンなんだ。ニュージャパンで俺たちと闘いたい奴がいるなら教えてくれ。NO LIMITに関して言うなら、ベルトに懸ける執念は凄く伝わった」
セイビン「彼らはNO LIMITというタッグだが、これで我々が彼らにリミットがあることを証明してやった。彼らはNO LIMITではない」

裕 次郎「今日ベルトを獲られましたけど、また一からやり直すなんて気はさらさらありません。この内藤と2人で、NO LIMITで、アイツらの住んでいるアメリカまで獲り戻しに行きたい。負けた事をとやかく言ってもしょうがないので、今試合が終わって少ししか経っていま せんが、アイツらのいるTNAに乗り込んで、俺達のベルトを獲り返す事しか頭の中に無いですね」
内藤「裕次郎の言った通り、もう俺らしかいないでしょ。アメリカTNAに行きますよ。そして、もう1度。もう、3ヶ月くらいベルトを巻いちまったから、あの快感が忘れられないよ。すぐにでもTNAに行って来ます!」
裕 次郎「いいか、モーターシティ・マシンガンズは俺達のモンだ。他の新日本のJr.(の選手)が何を言おうが、アイツら2人は渡さねぇよ。俺達の獲物だよ。 どこでも行ってやるよ、アメリカでもTNAでも。あのIWGP Jr.タッグのベルトは、俺達NO LIMITのモノだ」
内藤「最後に一言、東京ドームの花道、気持ち良かった」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.