新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Circuit2009 NEW JAPAN ISM

2009/01/30(金)19:00東京・後楽園ホール 〜ブラック・キャット メモリアル〜 | 観衆  1300

第2試合20分1本勝負

[20分00秒]
時間切れ引き分け

  • ミラノコレクションA.T.
  • 石狩太一

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

昨年、2回連続で時間切れ引き分けとなり、決着がついていない同カードが、第2試合で実現。

  前IWGP Jr.タッグ王者組のNO LIMITは、石狩に狙いを絞り、試合を優位に進める。石狩が苦戦を強いられていると、ここでミラノがアシスト。石狩との攻防でエプロンに着地した内藤の 背中を蹴り飛ばし、動きを止める。そして、石狩は、ミラノが捕まえた内藤目掛けてフロントハイキック。これで内藤を場外へ転落させ、一気に失速させる。
 ミラノ、石狩に2人がかりで股を大きく広げられるという屈辱的な技を食らった内藤だったが、ドロップキックでミラノに反撃。裕次郎に繋ぐ。
  裕次郎は、ミラノにラリアット、パワースラム、アバランシュホールド、ギロチンドロップと畳み掛ける。しかし、ミラノは、スライディングラリアットで突っ 込んできた裕次郎を上手く避けて丸め込み。その後、突っ込んできた裕次郎をブリッジで回避し、ラウンドハウスキックを経て、イタリアンストレッチNo.8 でギブアップを迫る。
 さらにミラノは、内藤の踏み台式ドロップキックを阻止。マットに倒れる裕次郎目掛けて、内藤をブレーンバスターで投げ飛ばす荒技を見せる。
  替わって入った石狩は、得意の串刺しフロントハイキックで裕次郎へ突進。続けて、スイングDDTを狙うが、裕次郎に水車落としで切り返される。それでも石 狩は、カウンターのスクリューハイキックですぐに応戦し、今度こそスイングDDT。そして、トラースキックでカバー。だが、裕次郎にキックアウトされ、 フォール勝ちならず。
 石狩は、ミラノとの必殺のスーパースクラップキックで裕次郎をフォール。しかし、これは内藤がカット。内藤は、ミラノにジャンピングエルボーアタック、石狩に低空ドロップキックを浴びせ、裕次郎を救出する。
 裕次郎からタッチを受けた内藤は、低空ドロップキック、ニークラッシャー、裏足4の字固めで石狩の脚を集中攻撃。だが、石狩は、ニークラッシャーをDDTで切り返し、ミラノとスイッチ。
  ミラノは、内藤にダイビングボディアタック。さらに、内藤のトップロープからのサンセットフリップをかわし、スーパースクラップキックの構えへ。ところ が、石狩が裕次郎のラリアットを食らってしまい、合体技不成立。その直後、内藤は、裕次郎とともにリミットレスレボリューションをミラノに炸裂させるが、 蓄積していたダメージの影響か、すぐにカバーへ行けず。
 試合時間残り3分。勝負に出た内藤は、ミラノに雪崩式フランケンシュタイナー、ジャーマンスープレックスホールド。カウント2に終わると、スターダストプレスを狙おうとするが、石狩に阻止されてしまう。
 石狩は、エプロン目掛けてのスイングDDTという荒技を内藤に敢行。そして、ミラノは、アルマニッシュ・エクスチェンジで内藤をカバーするが、カウントは2。
 ミラノが必殺のヴィクトリア・ミラネーゼを狙うと、ここで裕次郎が割って入り、内藤を救出。そして、リミットレスレボリューションから内藤がミラノをフォールするも、石狩のカットでピンフォールを奪えず。
  石狩は、内藤、裕次郎を攻撃し「ミラノ、起きろ!」とゲキを飛ばす。蘇生したミラノは、スーパースクラップキック、合体ブラックメフィストという、石狩と の怒涛の合体技で内藤を追い詰めるが、これでも試合にピリオドを打てず。ここで時間切れ引き分けのゴングが鳴らされ、両チームの対戦成績は、“3回連続” 引き分けとなった。

 試合後、マイクを手にしたミラノは、「NO LIMITちゃんよぉ、衝撃的な事実を告白してやる! 実は俺、昨日、体重計に乗ったら90キロだったよ(会場爆笑)。IWGP Jr.(タッグ)、今度は俺と太一ちゃんが行かせてもらう!」と、Jr.戦線に本格復帰する事を明言。
 これを聞いた内藤が、「石狩、ミラノ! 残念だけどよぉ、モーターシティ・マシンガンズは俺たちの獲物なんだよ。アメリカへ行ってベルトを取り戻すのは俺らNO LIMITだ!」と返答。すると、リング上に次々と選手が現れ、マイク合戦を始める。

外道「(内藤のマイクアピール直後、邪道とともに姿を見せて)言いたいことはそれだけか? お前らに教えてやるよ! 最も偉大なチャンピオンが誰だか知ってるか? 俺たちは“フォータイムスチャンピオン”だよ、オイ! 挑戦するのは俺たちだ!」
田口「(外道のマイクアピール直後、デヴィットとともにリングへ上がり)さっき(俺たちに)負けたチームが挑戦とか、ふざけたことをぬかしてんじゃないよ。田口、デヴィットが、お前たち(NO LIMIT)が獲られたベルトを取り戻しに行くよ」
裕次郎「オイ、いいか! 俺たちNO LIMITが挑戦するのは最初から決まってんだよ! 文句がある奴はかかってこい!」

 マイクアピールを終えた裕次郎は、内藤とともに邪道、外道をリングから追い出し、ガッチリ握手。ファンにJr.タッグ奪還を誓った。

コメント
デヴィット「4つのチームで決着をつければいい」
田口「さっき負けたチーム(邪道&外道)が挑戦するなんて……」
※ここでNO LIMITが登場し、内藤が田口のコメントをさえぎる
内藤「オイ、オイ! 決まってんだよ! NO LIMITなんだよ! 田口、オイ! 俺らが行くんだ。決まってんだよ」
田口「決定戦でも何でも……」
内藤「即席タッグだろ? 俺らがどんな思いで1年間やってきたと思ってんだ」
田口「即席が通用したら、その方が面白くなるよ(と言い残して去る)」
裕次郎「どいつもこいつもよ、ハイエナみたいによ、寄ってくるんじゃねぇよ。もう決まってんだよ。俺たちNO LIMITがJr.タッグのベルトを取り返しに行く。挑戦する。もう決定事項だよ!」

※コメントしようとするミラノ、石狩の前に邪道、外道が登場
外道「どけ雑魚!! 挑戦すんのは10年早いんだよ!(石狩の肩をど突いて) よく考えろ、この野郎!!」
ミラノ「口だけは達者だな、アイツらは。俺と太一はニューチームだ。今まで歴史をどんだけ築いてきたか分かんないが、邪道、外道、そんなもん知らねぇよ。俺らのこの新しい風がリングに吹き荒れるんだよ」
石 狩「その通りだよ。邪道、外道、古いんだよ、お前らは。おっさんの固まりだろ、あの2人。NO LIMITだって前回負けてんだから挑戦する資格ねぇだろ。田口、デヴィット? 昨日、今日タッグ組んだような奴らが出てくんなよ。俺とミラノだったら1発で獲ってやるよ。次は俺とミラノで決まり」

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.