新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Resolution ’09

2009/04/05(日)17:00東京・両国国技館 | 観衆  8000

第4試合60分1本勝負

IWGP Jr.タッグ選手権試合

[12分54秒]
メイドインデトロイト→片エビ固め

※王者組が2度目の防衛に成功

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

今年1月より始動した“Apollo 55(アポロ・ゴー・ゴー)”田口&デヴィットが、モーターシティ・マシンガンズの持つJr.タッグ王座に挑戦した第4試合。

 セイビンとデヴィットの先発で試合開始。ドロップキックが相打ちになるなど、互角の攻防を繰り広げる。
  シェリーと田口の攻防になると、田口がアームドラッグ、ドロップキックでシェリーを場外へ追いやる。この直後、得意の腰振りアピールでシェリーを油断さ せ、三角飛びプランチャ。そして、デヴィットがノータッチトペコンヒーロでモーターシティ・マシンガンズをまとめて攻撃する。
 だが、モーターシ ティ・マシンガンズもスピーディーかつ多彩な連携技でデヴィットを攻撃する。そして、シェリーは、デヴィットをバックドロップで投げると、お株を奪う腰振 りアピールで田口を挑発。続けて、スワンダイブ式のエルボードロップ(シェリー)、スワントーンボム(セイビン)の連続攻撃でデヴィットを苦しめる。
 しかし、デヴィットも黙っておらず、エプロンからの延髄斬りでシェリー、スワンダイブミサイルキックでセイビンに反撃し、田口のもとへ生還する。
 田口は、セイビンにドロップキック、雪崩式ブレーンバスターからの連続ブレーンバスター。続けて、スワンダイブミサイルキックから必殺のどどんを狙う。ところが、セイビンはこれを不発させ、カウンターのニーリフトで応戦。そして、シェリーとマジックキラーを繰り出す。
  デヴィットは、田口を救援するべくスワンダイブ技を狙うが、セイビンにドロップキックで迎撃され、場外へ勢いよく落下。この直後、勝負に出たモーターシ ティ・マシンガンズは、合体技メイドインデトロイトで田口を仕留めようとする。しかし、ここでデヴィットがエプロンに上がり、セイビンにドロップキックを 放って分断。不発させる。
 絶体絶命のピンチを乗り切ったApollo 55は、クロスアーム式ジャーマン(田口)、ダイビングフットスタンプ(デヴィット)を経て、シェリーに合体技ブラックホールバケーション(どどん+プリンスズスロウン)。しかし、惜しくも3カウントとならず。
 続けて、Apollo 55は、踏み台式の串刺しバックエルボー&ドロップキックの連携技を経て、もう1つの合体技ムーンランディング(パワーボム+バッククラッカー)を狙う。ところが、シェリーのカットで失敗に終わってしまう。
 シェリーは、田口にバックパックスタナーをお見舞いし、デヴィットにはスライスブレッド#2を狙う。ところが、デヴィットはオーバーヘッドキックで上手く阻止し、プリンスズスロウンからカバーへ。だが、セイビンがカットして、ピンフォール勝ちとならず。
 シェリーは、セイビンとの連携技ASCSラッシュ(延髄斬りとトラースキックを同時に放つ)からデヴィットをフォール。デヴィットは、意地のキックアウトで返すも、最後はメイドインデトロイトで轟沈。モーターシティ・マシンガンズが2度目の防衛に成功した。

コメント
セイビン「今日の試合で、改めて自分達がナンバーワンである事を証明した。ただ、彼らも自分達と並ぶ位の実力である事も証明された。再戦を望むのであれば、何時でも何処でも構わないのでやるつもりだ」
シェ リー「向こう(TNA)の選手よりも彼らの方が実力も上なので、また試合をしたい。今回は彼らのホームで試合をしてやった。今度は俺達のホームに来て試合 をしたらどうだ。TNAのリングで同じ選手達と闘っているよりは、色々な選手と闘いたい。ジャドウ、ゲドウ、ミラノ、イシカリ。そして、Jr.だけじゃな く、テンザンらヘビー級とも闘いたい。今後は色々な事を学んで、いいものを身につけていきたい。素晴らしい選手達と当たっていきたいんだ」
セイビ ン「(『今日勝利した事で4月19日TNAのPPV大会にてNO LIMIT、The Latin American XchangeとIWGP Jr.タッグ王座を懸け、3WAYケージマッチで対戦する事となったが?』)とにかく防衛できて嬉しい。今日彼らに負けていれば、自分達はその試合に出ら れない訳であって。ケージマッチだろうが何だろうが、全ての試合でいつも同じ気持ちで、それくらいの緊張感を持って闘っている。とにかく、自分達が勝って NO LIMIT、LAXとの試合に出れる事が凄く嬉しい」

田口「今日のところは素直に負けを認めるしかない。もう1回、もう1回挑戦する。彼らも『ワンモア・オーケー』と言ってくれましたしね」
デヴィット「Apollo 55とモーターシティ・マシンガンズの闘いは、まだ始まったばかりだよ」
田 口「ホントは(ベルトを)獲りたかった。ただ、世界のタッグチームを相手に、ウチの攻めもいい具合で決まっていた。最後の1発を決められなかったというだ けなんで。あれが決まるか、決まらないかですね。(自分たちは)十分、ベルトを獲れる力があるというのを、今日の試合で確信しました」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.