新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

DOMINION 6.18

2011/06/18(土)18:00大阪・大阪府立体育会館 | 観衆  6,200人(超満員札止め)

第4試合30分1本勝負

[09分12秒]
バックドロップホールド

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 試合開始前、飯塚がまたもやテレビ朝日の野上慎平アナウンサーを襲撃。ワイシャツを引き裂いて上半身裸にしてしまう。場内が騒然とする中、青義軍with天山が入場。永田が野上アナの窮地を救い、張り手で気合いを注入した。
 
 その勢いで先発となった井上だったが、いきなりラフ殺法の猛攻にさらされて動きが止まってしまう。だが、井上はカウンター水車落としで飯塚に逆襲。  タッチを受けた天山は、モンゴリアンチョップ連射、串刺しラリアット、カーフブランディング、ブレーンバスター、ニールキックと畳み掛ける。だが、飯塚はカウンタースリーパーホールドで逆襲し、自軍コーナーへ帰還。
 永田対田中の場面。永田が、ミドルキック連射、串刺しフロントハイキック。そこからエルボー合戦となり、さらには永田がフロントハイキック、田中がラリアットを打ち合った。
 永田対石井の場面。石井が、串刺しラリアットから雪崩式ブレーンバスター。すると、永田はエクスプロイダーでやり返し、エルボー合戦に持ち込む。そして、カウンターフロントハイキック、延髄斬り、ブレーンバスターで石井に追撃。
 ここから乱戦になり、石井と田中がトレイン攻撃を敢行。だが、回避した永田がフロントハイキックで田中を一蹴。さらに、井上が石井を串刺しスピアーでコーナーへ追い込むと、永田がタイナーで追い討ち。そして最後は、バックドロップホールドでとどめを刺した。
 
 会心の勝利を収めた永田は、ファンと共に敬礼を決める。ところが、そこへヒデオ・サイトーこと平澤光秀が乱入! 背後から永田に襲い掛かり、コスチュームの紐で首を絞め上げる。さらに平澤は、止めに入ったキング・ファレを蹴散らすと、首を絞めたまま永田を吊るし、失神に追い込む。そして、CHAOSたちと一緒の花道を退場して行った。

コメント
井上「オイ、なんだアレは!!」
※ファレたちに肩を借りて、帰ってきたが、コメントルームの前で崩れ落ちる永田裕志。
(上半身裸の)野上アナ「しゃべれるでしょうか?」
永田「………………。なんだいまのは?(首を振りながら)」
野上アナ「かつて、青義軍として一緒に闘ってきた平澤選手がリング上にきました!」
永田「そんなはずはない!そんなはずはないよ!夢なら夢であってくれ。悪夢なら悪夢でいいや。青義軍って平澤と二人でスタートしたんだよ……。なぜだ。そんなはずはない……(頭を抱えて)」
野上アナ「ボクも、青義軍に一度、仲間入りした身として、本当にくやしいです」
永田「俺は信じる……俺は信じる!ウソであってくれ……」
※控室へ
野上「永田選手、タオル、ありがとうございました!」
  
   
――どういうことですか?
ヒデオ・サイトー(平澤)「やってられっかつうんだよオイ!! 青義軍なんか、やってらっれっかよ!あんな集団!オイ、いつまで俺は永田裕志の下っ端なんだよ? 平澤光秀って名前はな、プエルトリコで捨ててきたっつったろうが!」
――永田選手はかつての師匠なんじゃないですか?
サイトー「オイ、永田裕志、一言いってやるよ『いままでありがとな?』、それだけだよ」
※飯塚、田中、石井はノーコメント
 

 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.