新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Circuit2009 NEW JAPAN GENERATION

2009/09/13(日)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  2000

第7試合60分1本勝負

IWGP Jr.タッグ選手権試合

[23分20秒]
どどん→エビ固め

※王者組が2度目の防衛に成功

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

これが今年3度目の激突となる両チームは、開始早々から息をもつかせぬスピーディーな攻防を展開。シェリーはデ ヴィットを対角コーナーにハンマースルーし、突進。デヴィットはトップロープを掴んでジャンプし、シェリーをかわす。そして、反対側の対角コーナーへと走 り、その下にいたセイビン目掛けてノータッチトペコンヒーロ。
 シェリーがデヴィットへラ・ケブラータを放とうとするも、これはデヴィットが阻止し、場外に落とす。そしてシェリーを肩車し、田口がそこへ三角飛びプランチャを発射した。
  Apollo 55は、シェリーを捕まえて試合の主導権を握る。シェリーはバックエルボーで田口の動きを止めると、セイビンが出て来て田口にトラースキック、ドロップ キック。シェリーは田口、さらにはデヴィットを捕まえて、田口をDDT、デヴィットをシェル・ショックで同時に叩きつけた。
 シェリーはカニばさみで田口を転倒させ、セイビンがエルボードロップ。シェリーが変形の足4の字固め、セイビンが脚で首と腕を同時に固める。これはデヴィットがエルボードロップでカット。
  シェリーは田口にマンハッタンドロップ。セイビンが低空ドロップキック、シェリーが飛びついて鎌固め、セイビンが顔面への低空ドロップキックの連続弾。そ して、シェリーがロメロスペシャルの体勢に捕らえると、セイビンがスワンダイブフットスタンプ。そして、シェリーがロメロスペシャル。上体を起こしたとこ ろでセイビンがフェースクラッシャーを決める。
 劣勢の田口はトレイン攻撃を避けて、シェリーにドロップキック、セイビンにモンキーフリップ。 シェリーをセイビンの下敷きにして、デヴィットのもとへ。デヴィットは、シェリーにミサイルキック、セイビンにオーバーヘッドキックを叩き込む。さらに、 衝突させた2人をバッククラッカーの餌食にし、シェリーにプリンスズスロウンを炸裂させて、自らの背中でセイビンを下敷きにした。
 セイビンは、デヴィットのエプロンからの延髄斬りをキャッチすると、シェリーが延髄斬りで援護射撃。セイビンは、デヴィットをマジックスクリューで叩きつけ、シェリーは田口にバックドロップからトレイン攻撃。
  田口は、シェリーの突進をショルダースルーで切り返し、セイビンの突進を足で止めると、スワンダイブ攻撃へ。セイビンに行くと見せかけ、場外のシェリーに プランチャ。すると、セイビンが田口にトペスイシーダ。シェリー、セイビンは本部席の机に乗って田口に合体攻撃を仕掛けようとすると、デヴィットがコー ナー上からのプランチャでカットした。
 その後、孤立したデヴィットに、シェリーは垂直落下式ブレーンバスター、セイビンはオーバーイージー DDTと波状攻撃を仕掛けるも、フォールは自力でキックアウト。そして、デヴィットはシェリーにスクリューハイキック、セイビンにジャンピングネックブ リーカードロップと猛反撃。
 田口対シェリーとなり、田口が低空ドロップキックからのラ・マヒストラル。さらに回転エビ固め。キックアウトした シェリーが回転エビ固めを狙うと、田口はフェースバスターで叩きつける。そして、ラ・マヒストラル合戦から、田口は連続ブレーンバスター。カットにきたセ イビンも捕らえ、シェリーにDDT、セイビンにリバースDDTを同時に決めた。
 終盤、シェリー、セイビンは田口に必殺のメイドインデトロイト。 フォールはデヴィットのカットが間に合う。セイビンはデヴィットを抱え上げると、シェリーがダイビングフットスタンプ。セイビンがクレイドル・ショック。 デヴィットをメイドインデトロイトの体勢に捕らえるも、これは田口がカット。
 デヴィットはコーナー上のシェリーにドロップキック。逆さつり状態になったシェリーが起き上がろうとするところに、ニードロップを投下し、セイビンにブラックホールバケーション。最後は、田口がどどんでセイビンを仕留め、Apollo 55が2度目の防衛に成功した。
 
 激闘を終えた田口とデヴィットは、2人で息の合ったタグダンスを披露。後楽園のファンの大声援を浴びていた。

コメント
デヴィット「今夜、Apollo 55が世界でナンバー1のタッグチームだと証明できた。日本だけじゃない。世界の中でもナンバー1だと証明できたと思う。このベルトを持って、ヨーロッパ でも、メキシコでも、どんな場所でも、どんなタイトルマッチでも、どんなチャレンジャーでも、オープンに受け入れたい。邪道・外道であろうが、 AKIRA・ライガーであろうが、ミラノ・タイチであろうが、どんなチャレンジャーでも迎え撃つ。そして、もしできることなら、TNAに行ったままになっ ているヘビーのタッグベルトも、僕たちApollo 55が日本に持ち帰りたい」
田口「世界最高を懸けたJr.のタイトルマッチ、それに勝ったと いうことでね、もっと世界に飛び出して行きたい。その前に、ヘビー級のタッグベルトの挑戦者がいないんであれば、新日本の中で最高のタッグチームは僕ら Apollo 55だから。Apollo 55が、いま新日本で一番強いタッグチームだったら、IWGPヘビーのタッグに僕らが挑戦する。名乗りをあげますよ。TNAに乗り込んでもいいし、日本で 迎え撃ってもいい。新日本のベルトは、新日本の人間が取り返す。世界最高だというのを証明しなければ。それはJr.もヘビーも関係ない」
※最後にガッチリ握手した2人を、平澤たちがビールの乾杯で祝福した

セイビン「今回、日本に来て、ベルトを獲って、部屋でゆっくりすることしか考えてなかったから、今はもう何て言っていいか分からない。俺の胸骨がとんでもない事になってるかもしれない。医者に早く診てもらいたいよ」
シェ リー「Apollo 55はたしかに素晴らしいチームかもしれない。TNAと比べてもなんら引けをとらないチームかも。Apollo 55のTシャツを持って入場して、踏んづけたりして挑発しようと思ったけど、意外にクールでビックリしたよ。今回はApollo 55に完敗だった。(セイビンに)胸、大丈夫か?」
セイビン「やばそうだ……」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.