新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

ユークス Presents レッスルキングダムIV in 東京ドーム

2010/01/04(月)17:00東京・東京ドーム  | 観衆  41,500人

第2試合60分1本勝負

IWGP Jr.タッグ選手権 〜Amistad combativa〜

[09分07秒]
ブラックホールバケーション→片エビ固め

※王者組が4度目の防衛に成功

  • × アベルノ
  • ウルティモ・ゲレーロ

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

序盤、Apollo 55がアベルノを捕獲。田口を踏み台にしたデヴィットが串刺しジャンピングエルボー、デヴィットを踏み台にした田口が串刺しドロップキックをお見舞いする。
 だが、メキシカンコンビは合体攻撃で田口をマットに叩きつけて形勢逆転。派手なアピールで場内を沸かせる。
 続いてトレイン攻撃の標的にされた田口だったが、ゲレーロの攻撃をかわすと、ヘッドシザースホイップでアベルノを放り投げ、デヴィットとタッチ。
 デヴィットは、アベルノを場外に追いやり、ノータッチトペコンヒーロ。さらに、ゲレーロにはミサイルキックを見舞う。
 続いてデヴィットは雪崩式攻撃を狙うが、コーナー最上段でゲレーロが攻撃を阻止。そこから雪崩式ブレーンバスターホイップで逆襲した。
 田口対アベルノの場面。アベルノが田口のスワンダイブ攻撃を受け止め、そのままパワーボムの要領でマットに叩きつける。さらに、アベルノは雪崩式フェースクラッシャーの荒技で追撃。
 だが、デヴィットがリングへ入って田口に加勢。今度こそ田口がアベルノにスワンダイブ式ドロップキックをヒットさせる。そして最後は、田口とデヴィットの合体技ブラックホールバケーションがさく裂。これでアベルノを仕留め、IWGP Jr.タッグ王座を守り抜いた。

コメント
田口「俺がメキシコに行った時から、ずっとCMLLのトップの二人に完勝と言ってもいいぐらいの勝ち方で勝てましたんで。嬉しいです」
デ ヴィット「Apollo55は、これでちょうど結成して1年目の誕生日になります。去年の今頃にスタートしたんで、今年も素晴らしいスタートを切ったと思 います。タイトルも防衛できたしね。ただ、邪道&外道には苦戦していて勝てないんですけど、次のチャレンジャーには彼らがふさわしい相手だと思ってるよ」
田 口「『これからもApollo55の進化は止まらない?』)そうですね。進化し続けますけど……去年、2回負けましたし、一回タイトルマッチが流れてるん で。邪道&外道と決着はつけないといけないと思うんで。そこを勝ってから。劣っているところはないんですけど、展開のアヤでやられることが多いし。負けて いるところはズルさですかね?」
デヴィット「いまの質問の内容は変えた方がいいね。僕達はこうしてベルトを持ってるわけだし、レスリングも彼らの得意なスニーキーなことができなくなるような。ちゃんとしたレスリングができるなら負けることはないよ」
 
ゲレーロ「タグチ選手もデヴィット選手も素晴らしいルチャドールだった。我々も力を発揮できたと思うが、次はもっと力を発揮できる。どんなチャンスでも与えてくれれば私達はやりたい」
アベルノ「もう一度、呼んでもらいたい。このままでは終われない。メヒカーナはどんな場所でも必ずチャンスをもらえれば闘います」
ゲ レーロ「(『IWGP Jr.シングルのベルトへの興味は?』)もちろん、そのベルトには興味はある。ただ、今、俺はCMLLのヘビー級チャンピオン、CMLLのユニバーサル チャンピオン、CMLLのアステカチャンピオン、3つのベルトを持ってる。だから、挑戦するんじゃなくアイツらが挑戦してこい!」
アベルノ「自分はミドル級チャンピオンだった。タイガーマスクは新日本のシンボルかもしれないが、自分もシングルの王者。自分としてはミスティコ達とやりたい気持ちもあるが、シングルだったらやってもいい。階級が違うかもしれないがね」
ゲレーロ「今日はホントにありがとう。今日はタグチとデヴィットの方が上だった。ただし、次またチャンスがもらえればルチャの奥深さを証明したいね」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.