新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Road to INVASION ATTACK 2014

2014/04/03(木) 18:30 東京・後楽園ホール | 観衆  1,634人
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから
※この大会はCSサムライTVUSTREAMテレ朝動画niconicoスカパーオンデマンドにて放送しております。

東京・後楽園ホール
ニック&マットの無法攻撃を耐え抜き、飯伏がIWGP Jr.王座を防衛! 4・6両国で二冠王を狙う!
 
 4月6日両国国技館大会『INVASION ATTACK』を目前にして開催された後楽園ホール大会。決戦に向け、激しい最終前哨戦が繰り広げられた。
 
 第4試合は、IWGPタッグ選手権試合カール・アンダーソン&ドク・ギャローズvs後藤洋央紀&柴田勝頼、IWGP Jr.タッグ選手権試合マット・ジャクソン&ニック・ジャクソンvs飯伏幸太&エル・デスペラード、スペシャルシングルマッチ田口隆祐vsプリンス・デヴィットのトリプル前哨戦。様々な思惑が交錯する中、デヴィットがブラディサンデーでキャプテン・ニュージャパンを仕留め、田口をけん制した。
 
 第5試合は、IWGPインターコンチネンタル選手権試合・棚橋弘至vs中邑真輔、NEVER無差別級選手権試合・石井智宏vs内藤哲也のダブル前哨戦。4者が見応えのある攻防を繰り広げ、タイトル戦へ待ったなしの状況となった。
 
 セミファイナルのタッグマッチは、バッドラック・ファレとタマ・トンガが外道をなぶり殺しにし、オカダ・カズチカを挑発する。そこへ両国でオカダのパートナーになるYOSHI-HASHIが駆けつけ、トンガにラリアットをお見舞い。そして、オカダもドロップキックでファレを蹴散らし、報復を予告した。
 
 メインイベントは、IWGP Jr.ヘビー級選手権試合で、王者・飯伏幸太と挑戦者ニック・ジャクソンが激突。この一戦は、マット・ジャクソンが平然と試合介入を繰り返す荒れた展開になるも、飯伏がショートレンジラリアット、シットダウン式ラストライド、フェニックススプラッシュの波状攻撃で勝利。IWGP Jr.タッグタイトル奪取をファンに約束した。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[08分09秒]
エムエックス→片エビ固め

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[09分30秒]
アナコンダバイス

第3試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[10分14秒]
ゴッチ式パイルドライバー→体固め

第4試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[09分13秒]
ブラディサンデー→体固め

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[14分22秒]
キングコングニードロップ→片エビ固め

第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[10分39秒]
ヴェレノ→エビ固め

第7試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

[14分31秒]
フェニックススプラッシュ→片エビ固め

※飯伏が2度目の防衛に成功。

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.