新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

G1 TAG LEAGUE 2011

2011/11/04(金) 19:00 東京・ディファ有明 | 観衆  700人
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

東京・ディファ有明
ついに迎えたリーグ戦最終試合! 熾烈なサバイバルレースの末、4強が出揃う!
 
 『G1 TAG LEAGUE 2011』第7戦・ディファ有明大会。リーグ戦最終試合が行なわれ、各チームが最後の潰し合いを繰り広げた。
 
 まずは第4試合で、内藤哲也&本間朋晃と田中将斗&高橋裕二郎が対決。Aブロックの同率トップに立つ田中組は絶対に落とせない試合だったが、終盤に高橋が孤立。内藤組の波状攻撃にさらされ、手痛いピンフォール負けを献上した。
 
 続く第5試合では、同じくAブロック同率トップの鈴木みのる&ランス・アーチャーが、ストロングマン&タマ・トンガを撃破。そして、第6試合では、同じく同率トップのジャイアント・バーナード&カール・アンダーソンが、永田裕志&キング・ファレに勝利。直接対決の結果により、バーナード組の1位、鈴木組の2位が確定した。
 
 セミファイナルでは、全勝で決勝トーナメント進出一番乗りを決めていた中邑真輔&矢野通が、天山広吉&井上亘を下し、全勝のままBブロック1位通過となった。
 
 そして、メインイベントのBブロック公式戦では、2勝2敗=4点の棚橋弘至&後藤洋央紀と、3勝2敗=6点の真壁刀義&小島聡が対決。勝ったほうがベスト4進出となる重要な一戦となった。そんな中、17分を超える死闘を棚橋組が競り勝ち、真壁組と並ぶ同率2位へ浮上。同時にこの直接対決の勝利が決め手となり、ギリギリで予選突破を果たした。
 
 この結果により、11月6日後楽園ホール大会の準決勝は、棚橋組vsバーナード組、中邑組vs鈴木組という顔合わせになった。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[02分06秒]
カリビアン・デス・クリップ

  • ○ ヒデオ・サイトー

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[08分24秒]
スーパーK→片エビ固め

第3試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[09分57秒]
ムーンサルトプレス→片エビ固め

第4試合30分1本勝負

試合詳細を見る

「G1 TAG LEAGUE 2011」Aブロック公式戦

[10分45秒]
スターダストプレス→片エビ固め

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

「G1 TAG LEAGUE 2011」Aブロック公式戦

[14分54秒]
ダークデイズ→片エビ固め

※鈴木&アーチャー組がAブロック2位。決勝トーナメント進出決定。

第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

「G1 TAG LEAGUE」Aブロック公式戦

[11分20秒]
ガンスタン→片エビ固め

※BAD INTENTIONS組がAブロック1位。決勝トーナメント進出決定。

第7試合30分1本勝負

試合詳細を見る

「G1 TAG LEAGUE 2011」Bブロック公式戦

[15分37秒]
ボマイェ→片エビ固め

※中邑&矢野組がBブロック1位。決勝トーナメント進出決定。

第8試合30分1本勝負

試合詳細を見る

「G1 TAG LEAGUE 2011」Bブロック公式戦

[17分49秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

※棚橋&後藤組がBブロック2位。決勝トーナメント進出決定。

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.