新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NEW JAPAN SOUL 2011

2011/07/03(日) 18:30 東京・後楽園ホール | 観衆  1,950人(超満員)
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

東京・後楽園ホール
バーナード&アンダーソンが棚橋&後藤を撃破してIWGPタッグV9!/半狂乱で永田に襲い掛かったサイトー!しかし、試合の記憶は一切なし!?
 
 「NEW JAPAN SOUL 2011」開幕戦・後楽園ホール大会。メインイベントは、<王者組>ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソンvs<挑戦者組>棚橋弘至&後藤洋央紀のIWGPタッグ選手権試合。
 
 「DOMINION 6.18」でIWGPヘビー級王座を争った棚橋と後藤は、個々の実力は申し分なし。終盤にはダブル特攻ラリアットを炸裂させるなど、予想以上の好連携を見せる。だが、タッグ二冠王に君臨するバッドインテンションズは、もはや鉄壁。後藤を孤立させると、マジックキラーからのガンスタンで引導を渡した。
 
 試合後、バーナードは7月18日札幌で行われるIWGPヘビー級選手権試合で棚橋を下し、“3本目のベルト”を手に入れることを宣言した。
 
 セミファイナルで行なわれた6人タッグマッチでは、真壁刀義&小島聡にタイガーマスクが合体。鈴木みのる&TAKAみちのく&タイチの鈴木軍(仮)と対決した。この試合は、鈴木たちが人をおちょくるようなファイトを全開にし、流れをリード。最後は、乱入した鈴木がタイガーにゴッチ式パイルドライバーを食らわせ、タイチが3カウントを強奪するという結末になった。
 
 第3試合は、天山広吉&永田裕志&井上亘&キング・ファレvs中邑真輔&矢野通&飯塚高史&ヒデオ・サイトー。この8人タッグマッチで最も注目を浴びたのが、元青義軍のサイトー。試合の展開を無視して執拗に永田を付け狙い、ファンに絶大なインパクトを与えた。
 
 そんな中、メキシコ遠征から約1ヶ月ぶりに帰国した中邑が、あいかわらずの安定感を発揮し、ボマイェでファレを一蹴。それでも、サイトーは半狂乱で永田の首を絞め上げるという暴走ぶりを見せた。
 
 ところが、試合後のサイトーは、永田を「ボス」「恩人」「恩師」と呼び、「尊敬の念しかない」と数分前とは正反対のコメントに終始。さらには青義軍時代に退行したような言葉も発し、そのまま控え室へ消えてしまった。いったい、サイトーの身に何が起こったというのだろうか!?

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[08分51秒]
クロスフェースオブJADO

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[10分02秒]
ダイビングフットスタンプ→片エビ固め

第3試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[12分57秒]
ボマイェ→体固め

第4試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[10分27秒]
東京ピンプス→体固め

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

  • ○ MVP

[12分10秒]
TTB

第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[12分11秒]
鈴木のゴッチ式パイルドライバー→体固め

『G1 CLIMAX XXI』出場メンバー発表!

詳細を見る

鈴木みのる、高山善廣が殴り込み!サイトー、MVP、アーチャー、ソンブラが初参戦!

第7試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPタッグ選手権試合

[17分12秒]
ガン・スタン→片エビ固め

※王者組が9度目の防衛に成功。

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.