LION’S GATE PROJECT4

日時
2017年4月13日(木)   18:00開場 19:00開始
会場
東京・新宿FACE
放送
バナー
観衆
467人(超満員札止め)

MATCH REPORT

 ヤングライオンのライバルである岡と北村が『LION’S GATE』のメインイベントでタッグ対決。岡のパートナーは師匠の永田、北村のパートナーは永田と同じ第三世代の中西。

 岡と北村の対決で試合が始まり、グラウンドレスリングで互角の勝負を展開。その後、北村がヘッドロックからショルダータックルを繰り出すも、岡が受け止める。
 ここから岡がタックルを繰り出すと、今度は北村が受け止める。続いて両者はチョップ合戦とエルボー合戦を繰り広げ、競り勝った岡がロープへ走る。すると北村がカウンタータックルを食らわせるが、岡はカウンターアームホイップですぐに挽回した。
 永田対中西の場面。手四つの力比べで中西が押し込み、逆水平チョップで追撃。そこからエルボー合戦を挟み、ロープへ走った中西に永田がカウンターフロントハイキックをお見舞い。しかし、中西がカウンタータックルで巻き返し、ボディスラムからジャンピングボディプレスで押し潰す。
 続いて北村が永田に逆水平チョップを浴びせ、エルボーで反撃されてもさらに逆水平チョップを打ち込む。ところが、永田がローキック連射で北村をダウンさせ、背中にサッカーボールキックをお見舞い。
 ここから北村のローンバトルとなり、岡がボディスラム、ヌカドーラ、永田&岡がダブルショルダータックル、永田が、ショルダーアームブリーカー、ミドルキック連射、岡がストンピング連射、エルボー、ハンマーブローなどで攻め立てる。しかし北村は、片足タックルで岡に組みつき、変型フラップジャックで逆転。
 タッチを受けた中西は、逆水平チョップ連射、串刺しラリアットで岡に追撃。そして、乱入した永田にも串刺しラリアットを食らわせ、岡に野人ハンマーを見舞う。
 次に中西はアルゼンチンバックブリーカーを狙うが、岡が脱出し、カウンターバックエルボー、フロントスープレックスで逆襲。スイッチした永田が、フロントハイキックで追い討ちをかける。
 さらに永田は、ミドルキック連射、串刺しフロントハイキックで中西に追撃。それでも中西はエクスプロイダーから逃れ、逆水平チョップを浴びせる。すると永田は、カウンターフロントハイキックで挽回し、さらにフロントハイキックに繋ぐ。だが、中西がカウンタースピアーで逆襲した。
 永田対北村となり、北村がドロップキック、逆水平チョップで先制。すると永田はハンマースルーを切り返して腕固めを極めるが、中西がブレーンチョップでカット。
 ここで中西組のトレイン攻撃となり、中西が串刺しラリアット、北村が串刺しバックエルボー。続いて北村がショルダータックルで永田を倒すと、中西はクロスチョップで岡をダウンさせる。そして、2人がダブル野人ダンスラリアットを披露し、北村が永田にタックル、中西が岡にラリアット。
 その直後、北村が永田、中西が岡をアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げる。しかし、脱出した永田が北村を突き飛ばして中西と激突させ、フロントハイキックで北村に報復。
 次に永田はブレーンバスターの体勢に入るが、北村が反対に投げ捨てる。しかし、永田が北村の串刺し攻撃をかわしてニュートラルコーナーに激突させ、間髪入れずにタイナーで追撃。
 さらに永田は、エクスプロイダーで北村を投げ、ナガタロックIIで捕獲。これは中西がカットするも、最後は永田がバックドロップホールドで北村を仕留めた。

COMMENT

永田「岡も1月3日にデビューして、北村もこの間、3月13日にデビューして。その2人が、もうメインイベントに出場しちゃう。まぁ『LION’S GATE』とは言え。ボクも、まさかとは思いましたけどね。それはやっぱり、とてつもない素材として、とんでもない潜在能力を持った人間としての評価であり、こういう厳しい試練が、彼らにくるのは仕方がないこと。彼らは年齢が、20歳半ば〜30歳くらいで(新日本プロレスに)入ってきてるんで、こういう修羅場をどんどんくぐって、早い内にくぐって、どんどん覚えてほしいなと。今日もね、新人がデビュー戦、第1試合でしましたし。やっぱりプロレス界、とんでもない、大変な世界ですよね。一歩間違えたら、命を落としかねない。このプロレス界に、大きな夢と希望を持って、入って来て、今年に入ってデビューして、この『LION’S GATE』でどんどん闘っていく。大変な世界だけど、そこに夢を持って入ってくる若い選手が、やっぱり大切だと思いますし、だからこそ、基礎から徹底的に鍛え上げて、リングで力を出せるようになってくれないと困るな、と思います」
――改めて、今日の岡選手と北村選手の闘いぶりは?
永田「メインイベントというプレッシャーもあっただろうし、闘いの中で今まで受けたことのない技もあっただろうし、そういうので、北村や岡も大変だったと思います。北村はやっぱり掴まる展開が多かったですけど、多分彼はフラフラであんまり覚えてないと思いますよ。でも、そういう経験しないと成長しないし、この時期に逆にメインイベントを経験することを味わえたっていうのは、彼にとって大きな財産だし。それは岡もしかり」
――『LION’S GATE』、7ヶ月ぶりでしたが、今後は月1回でやっていくということで、色んな団体の若手が集まりますが?
永田「今日も、全日本プロレスの選手が参戦してくれたり、KAIENTAIの選手や、FREEDOMSの選手が来てくれたり。少しずつ、この『LION’S GATE』ならではの試合というか、そういうものが見れて。普段の新日本の試合とは違う風というか、景色が見られたんじゃないかな」
――そろそろメインを永田選手以外で締める選手が出てきてほしいという気持ちは?
永田「そりゃそうですよ。でもどうしても、俺がメインになっちゃうっていうのはね、やっぱり若い選手の奮起を促すうえで大きなことじゃないですか」
――高い壁として?
永田「そういう部分では、立ちはだかっていきますけどね。だから、早く俺をやっつけてくれればな、と。新日本の本隊の方がぶち破って、ぶち破りきれたのか、きれないのか分からないけど、とりあえず俺らやめて、メインを張ってるヤツもいますけど。破っても破らなくても、(メインに)いってる人間はいますけど。誰から見ても、『俺がメインイベントだ』ってなるように、早く成長してほしいです。そうなるまであと何年かかるか。俺は楽しみです。ボクはだからって、道を簡単に譲るつもりはないんで。でも、本当はそういうものでしょ? 壁を叩き壊してこそ、トップが獲れる。それがなかなかできないからね、スルーして上に上がって行く人もいますけど。それはそれで、でも成長していく場合もありますからね。ボクがリングに上がる以上は、いつまでも強い永田裕志を披露するだけです。以上です。どうもありがとうございました」
岡「新日本は、長らく『若手不足』とか、『若手が頼りない』って言われてきたけど、どうだ! この試合を見ても、まだそんなことが言えるか? たしかに、永田さん、中西さんは大先輩で、パワーも技術も経験も全然違う。でも、俺らにはそれ以上の“負けん気”がある! 今日は永田さんのアシストで、勝てただけだけど、そうやって先輩ぶって上言ってくるんだったら、この試合だけは若手が主役なんだろ? だったら、若手とベテランでやらせろ。そして、みんなにもっともっと認めさせてやるよ。『新日本の若手は大丈夫だ』って。『頼っていいんだ』って。俺らが、その期待を背負ってやる。大丈夫。そんな期待を背負ったって闘えるぐらい、毎日スクワットやってんだよ!」

中西「弱気になるな、オマエ」
北村「ハイ!」
中西「たとえ25年やってようが、2ヶ月やってようが、変わらんぞ。同じリングの上に立ったら、同じ条件やねんから、そのデカい体を生かせ。それには気持ちしかないから。気持ちをもっと前に出せ。それしかない」
※中西がコメントブースを去る。
北村「この闘い、無駄ではなかったと思います。この経験を次に生かして、闘っていきます!」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ