THE NEW BEGINNING in OSAKA

日時
2014年2月11日(火)   15:30開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館
観衆
6,400人(超満員札止め)

第10試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級選手権試合

  • (第59代王者)
  • (挑戦者)
※オカダが8度目の防衛に成功。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 まずは後藤が入場し、高校時代からの盟友である柴田がセコンドとして登場。
 そこから場内に「RAINMAKER-20130104-」が鳴り響き、「フューチャーカードバディファイト」でオカダの“バディ”となった恐竜ラプトルが登場。続いて、“竜剣ドラゴブレイブ”を肩に担いだオカダが、外道と共にリフターで現われると、特設ステージ上にレインメーカードルが乱舞。そしてオカダは、外道とラプトルを引き連れて花道を歩いた。
 
 オカダがヘッドロックからショルダータックルを浴びせるが、後藤が受け止めて反対にショルダータックル。そして、逆片エビ固めを極めるも、オカダはロープエスケープ。しかし、オカダがカウンタードロップキックで逆襲し、場外戦が勃発。オカダが鉄柵を悪用して後藤の首を痛めつける。
 リングへ戻り、オカダがトップロープ越えのセントーンアトミコ、串刺しジャンピングバックエルボー、スイングネックブリーカーなどで追い討ち。そして、コーナー最上段へのぼるが、後藤がデッドリードライブで逆襲。さらに、ラリアットでオカダをなぎ倒すと、ミドルキック3連射、串刺しニールキック、バックドロップに繋ぐ。
 次に後藤は、ラリアットでオカダを場外へ転落させ、鉄柵攻撃、串刺しニールキック。だが、リングに戻ったオカダが後藤をコーナー最上段へ追いやり、ドロップキックで場外へ落とす。そして、鉄柵攻撃、串刺しフロントハイキック、鉄柵を悪用したDDTで追撃。後藤がダウンして動けなくなると、柴田が駆け寄って呼びかける。
 後藤がカウント18でリングへ戻ると、オカダはダイビングエルボードロップで追い討ち。そして、レインメーカーポーズからレインメーカーを繰り出すも、後藤がかわしてミドルキック。さらに、追走式ラリアット、カウンターチョークスラムに繋げる。
 劣勢のオカダは、ショートレンジフロントハイキックで流れを変え、エルボースマッシュ連打。さらに、低空ランニングフロントキックで後藤のアゴを撃ち抜き、フラップジャックからレッドインク。後藤がロープへ逃れると、リバースネックブリーカー、ヘビーレインと、得意技を連発して行く。
 苦しくなった後藤は、ドロップキックを回避してラリアットを発射。これをかわされた直後にローリングラリアットをヒットさせる。そして、エルボー合戦で優位に立つと、リバース牛殺し、牛殺し、裏昇天、コーナー2段目からの雪崩式牛殺しと、一気に畳み掛ける。
 次に後藤は昇天の体勢に入るが、オカダが脱出し、レインメーカーに行く。これを後藤がかわしてオカダを担ぐものの、オカダが逃げ切る。すると後藤は2段階助走式ラリアットを狙うが、オカダがカウンタードロップキックで迎撃。
 ここでオカダはレインメーカーを繰り出すが、後藤がいち早くヘッドバットを浴びせる。そして、PKからフォールに行くも、カウントは2。
 次に後藤は昇天を仕掛けるが、オカダが後方へ着地し、フロントハイキック。すると、後藤がヘッドバットを放つものの、オカダが一瞬早くフロントハイキック。それでも後藤はローリングラリアットを狙うが、オカダがドロップキックで阻止。
 ここでオカダがツームストンパイルドライバーで追撃し、最後はレインメーカーで後藤を退けた。 まずは後藤が入場し、高校時代からの盟友である柴田がセコンドとして登場。
 そこから場内に「RAINMAKER-20130104-」が鳴り響き、「フューチャーカードバディファイト」でオカダの“バディ”となった恐竜ラプトルが登場。続いて、“竜剣ドラゴブレイブ”を肩に担いだオカダが、外道と共にリフターで現われると、特設ステージ上にレインメーカードルが乱舞。そしてオカダは、外道とラプトルを引き連れて花道を歩いた。
 
 オカダがヘッドロックからショルダータックルを浴びせるが、後藤が受け止めて反対にショルダータックル。そして、逆片エビ固めを極めるも、オカダはロープエスケープ。しかし、オカダがカウンタードロップキックで逆襲し、場外戦が勃発。オカダが鉄柵を悪用して後藤の首を痛めつける。
 リングへ戻り、オカダがトップロープ越えのセントーンアトミコ、串刺しジャンピングバックエルボー、スイングネックブリーカーなどで追い討ち。そして、コーナー最上段へのぼるが、後藤がデッドリードライブで逆襲。さらに、ラリアットでオカダをなぎ倒すと、ミドルキック3連射、串刺しニールキック、バックドロップに繋ぐ。
 次に後藤は、ラリアットでオカダを場外へ転落させ、鉄柵攻撃、串刺しニールキック。だが、リングに戻ったオカダが後藤をコーナー最上段へ追いやり、ドロップキックで場外へ落とす。そして、鉄柵攻撃、串刺しフロントハイキック、鉄柵を悪用したDDTで追撃。後藤がダウンして動けなくなると、柴田が駆け寄って呼びかける。
 後藤がカウント18でリングへ戻ると、オカダはダイビングエルボードロップで追い討ち。そして、レインメーカーポーズからレインメーカーを繰り出すも、後藤がかわしてミドルキック。さらに、追走式ラリアット、カウンターチョークスラムに繋げる。
 劣勢のオカダは、ショートレンジフロントハイキックで流れを変え、エルボースマッシュ連打。さらに、低空ランニングフロントキックで後藤のアゴを撃ち抜き、フラップジャックからレッドインク。後藤がロープへ逃れると、リバースネックブリーカー、ヘビーレインと、得意技を連発して行く。
 苦しくなった後藤は、ドロップキックを回避してラリアットを発射。これをかわされた直後にローリングラリアットをヒットさせる。そして、エルボー合戦で優位に立つと、リバース牛殺し、牛殺し、裏昇天、コーナー2段目からの雪崩式牛殺しと、一気に畳み掛ける。
 次に後藤は昇天の体勢に入るが、オカダが脱出し、レインメーカーに行く。これを後藤がかわしてオカダを担ぐものの、オカダが逃げ切る。すると後藤は2段階助走式ラリアットを狙うが、オカダがカウンタードロップキックで迎撃。
 ここでオカダはレインメーカーを繰り出すが、後藤がいち早くヘッドバットを浴びせる。そして、PKからフォールに行くも、カウントは2。
 次に後藤は昇天を仕掛けるが、オカダが後方へ着地し、フロントハイキック。すると、後藤がヘッドバットを放つものの、オカダが一瞬早くフロントハイキックを見舞う。それでも後藤はローリングラリアットを打つが、オカダがかわしてドロップキック。
 ここでオカダがツームストンパイルドライバーで追撃し、最後はレインメーカーで後藤を退けた。

COMMENT

——8度目の防衛おめでとうございます。いまのお気持ちは?
オカダ「どんだけ、仲のいい人が、セコンドに付こうが、勝てないものは勝てない。そんな病み上がりで、“どんだけ仲がいい人”がセコンドに付こうが、このベルトにはそんな簡単には、手すら届かないですよ!」
——相当に激しい攻防もありましたが?
オカダ「まだまだですね」
外道「完全復活には、ほど遠いんじゃねーか? 完全復活したところでよ、勝てねーけどな!」
オカダ「結局、完全復活できないままでしたね。いつ完全復活するんでしょうかね」
外道「レインメーカーがチャンピオンのうちは無理だな!」
——このIWGPヘビーの重さを見せつけた?
オカダ「いや、それは…もっともっと。後藤さんだけじゃなく、選手、会社にもシッカリな、ヘビーの重さ、まだわかんないんだったらな、俺がもっと教えてやる」
——これで8連続防衛。棚橋弘至選手のV11も徐々に見えてきましたが?
オカダ「ま、べつに……。記録がどうのこうのとかじゃないっすからね。記録以上の存在が、ボクです」
外道「その小さい記録にレインメーカーあてはめんじゃねーよ!当然のことだろう。そんな小さくねーんだ。レインメーカーは」
——その強さをどう示していく?
オカダ「ま、強さ。もうプロレスのすべて。プロレスの強さ、華やかさ、カッコよさ、すべてボクが見せてあげますんで。みなさんボクを見ていれば伝わると思いますんで」
——広島のインターコンチ戦はどう見た?
オカダ「それは今日見てもらえればわかるとおり、レベルが違いますわ。やっぱ、インターコンチとIWGPヘビー、レベルが違います」
——来場者、ファンへのメッセージは?
オカダ「ま、次はNEW JAPAN CUP、素晴らしいチャレンジャーがまた出てきてくれれば、いいんじゃないかなと思います」
外道「……乾杯しようか?」
オカダ「ハイ」
外道「何すっか? 後藤が完全復活してくれるように……」
オカダ「けど 。けど、このベルトを獲らない限り、完全復活しないって言ってますよ」
外道「ああ、じゃあ無理だな……。後藤が完全復活、無理に乾杯」
オカダ「後藤さんの完全復活できないことにカンパイですか?」
オカダ&外道「カンパイ!」
——去年はオカダ選手が優勝したNEW JAPAN CUP、今年は高みの見物?
オカダ「ま、正直、去年もそんなに、苦しかったわけじゃないんで。ま、何やろうかな? NEW JAPAN CUP中は、何したらいいすかね? ま、もしCHAOSの人が優勝したら、普段はなかなか闘うことはないんで。それはそれで楽しみになるんで。という気がします」
——一部のメディアで、「棚橋選手がNEW JAPAN CUPに出場しない」という報道もありましたが?
外道「なんだ、そりゃあ? レインメーカー、関係ねーだろ!」
オカダ「じゃあ、ボクが出ましょうか? 賞金が出ますから!」
外道「あ? 賞金なんて、微々たるもんだろ!」
オカダ「もう一回、言います。NEW JAPAN CUP、出ません!!」
外道「もういいか?」
オカダ「大丈夫すか? 目指すチャンピオン像とか大丈夫すか?」
——目指すチャンピオン像は?
オカダ「…とくにありません!!」

後藤「悔しい…」
——敗れはしましたが、2人で闘ったタイトルマッチだったんじゃないですか。
後藤「負けてたらダメだ。今回で7回目か…。7回負けたけど、七転び八起きだよ」
※柴田はノーコメント
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
鉄拳7
鉄拳女子部
ララビット
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ