戦国炎舞 -KIZNA- Presents NEW JAPAN CUP 2017

日時
2017年3月19日(日)   14:00開場 15:00開始
会場
静岡・アクトシティ浜松
放送
バナーバナー
観衆
2,500人(超満員)

第7試合 時間無制限1本勝負
「NEW JAPAN CUP 2017」準決勝戦

※柴田が『NEW JAPAN CUP』決勝戦に進出
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 『NEW JAPAN CUP 2017』準決勝として、柴田勝頼と石井智宏が激突。両者は昨年1~2月にかけて、NEVER王座を賭けて二度対決。そのときは柴田が連勝を収めている。
 
 開始のゴング、手四つで組み合うと見せかけ、柴田は石井のバックを取る。石井はその腕をアームロックで捕らえるが、柴田も切り返し、左腕を固定したまま、そこにストンピング。そして、キーロックで左腕を絞め上げていく。石井はロープエスケープ。
 ここから石井は逆水平チョップを連発。すると、柴田はエルボーで後退させ、ストンピングから串刺し低空ドロップキックを狙うが、石井はショルダータックルで吹き飛ばす。そして、柴田を起き上がらせるとヘッドバット。さらに逆水平チョップを連発。柴田がヒザをつくと、石井はロープにはりつけにし、パンチと逆水平チョップを交互に連打。
 すると、柴田は石井の胸板に強烈な張り手。だが、石井は逆水平チョップでダウンを奪う。そして、エルボーの連打でダウンさせると、コーナー際でさらにエルボーの雨を降らす。しかし、柴田も串刺しフロントキックで反撃すると、コーナーでエルボーを連打し、串刺しの低空ドロップキック。そして、フロントネックチャンスリーを決め、リング中央でコブラツイストへ。石井は必死にロープエスケープ。
 すると、柴田は胸板へのキックで石井を吹き飛ばす。だが、石井はすぐに立ち上がり、両者は気迫のこもったエルボー合戦を展開。柴田が優勢になるも、石井は狙いすました反撃のエルボー一発でダウンを奪う。そして、串刺しラリアット二連発からショルダータックル。石井の鼻から出血が見える。
 ここで石井は豪快なブレーンバスターを炸裂。そして、ロープに走るも、柴田はフロントキック。だが石井は倒れない。今度は石井がラリアットを放つも、柴田も倒れず。ならばと、石井はエルボーで柴田をコーナーまで後退させる。しかし、柴田は前に出て、雄叫びを上げてからエルボー。そして、ロープに飛ぶも、石井はカウンターのパワースラム。だが、柴田はすぐに立ち上がり、石井にフロントキック。
 柴田は石井にエルボーを連発するが、石井はひるまず前に出て、左右のエルボー。そして、ロープに走るが、柴田はカウンターの武者返し。そして、変形の袈裟固めで締め上げていく。石井がロープに逃げると、スリーパーへ。だが、石井は背負投げの要領で柴田を投げ飛ばす。しかし、柴田はすばやく立ち上がると、石井の顔面に二段蹴り。
 さらに柴田はヒザ立ち状態の石井にキックを連発。そして、後頭部にストンピング。怒りの石井は立ち上がるとバックエルボー。さらに逆水平チョップでダウンを奪うと、柴田の顔面を蹴り上げていく。そして、起き上がらせ、柴田のノド元に逆水平チョップ。
 続いて柴田のキックをかわした石井は豪快な投げっぱなしジャーマン。そして、一気にパワーボムで固めるも、柴田はカウント2でキックアウト。ならばと石井はラリアットを連発で放つが、柴田は倒れず。4発目でようやく倒れるも、柴田はすぐに起き上がる。
 だが、石井は追撃のラリアットでなぎ倒してカバー。これを返されると、すかさずスライディング式ラリアットを見舞うも、柴田はフォールをはね返す。ここで石井は垂直落下式ブレーンバスターを狙うが、柴田は着地。しかし、間髪入れずに石井はヘッドバット。だが、柴田もバックブローで応戦。すると、石井は振り向きざまのジャンピングキックをヒット。
 両者、なんとか立ち上がると、石井がヘッドバットを連打。ここで柴田は自らアグラをかいて、石井に攻撃を煽る。すると、石井も柴田の前でアグラをかき、自分の頬を指差す。それを合図に柴田が張り手を見舞い、両者は張り手合戦を展開。そして、同時に立ち上がると、さらに張り手合戦は白熱。
 競り勝った柴田がスリーパーに入るが、石井はバックドロップ。すると、柴田も投げっぱなしジャーマン。ここで両者、ダウン状態になる。先に立ち上がった柴田はPKを放つも、その蹴り足をキャッチした石井は、意表をついた飛びつき腕ひしぎ逆十字へ。柴田はなんとかロープエスケープ。
 そして、石井はヒザ立ち状態の柴田に左右のキックを連発。だが、柴田はその右足を捕らえる。しかし、石井はエルボーで脱出すると、ロープへ。すると、柴田はカウンターのレッグラリアット。石井が大きく吹っ飛んだところで、20分経過のコール。
 柴田は石井をスリーパーに捕らえるが、石井はアームブリーカー。だが、柴田はしつこくスリーパーを仕掛け、そのままスープレックスで放り投げる。そして、右ミドルを叩き込んでダウンを奪うも、石井はすぐに立ち上がり、柴田に突進。だが、柴田はジャンピングフロントキックをヒット。しかし、石井はカウント1ではね返してラリアット。しかし、柴田もカウント1でキックアウト。そして、ドロップキックをヒットさせる。
 両者へのコールが交錯する中、柴田は石井のヘッドバットに合わせるようにエルボー。そして掌底からスリーパーで石井の動きを止めてPK。さらに胴締めスリーパーへ。レフェリーは石井の動きが止まったのを確認すると、ゴングを要請。柴田がレフェリーストップで勝利を収め、明日の3.20長岡での優勝決定戦に歩を進めた。

COMMENT

柴田「オオ! (聞きたいことは)なんだ!?」

――かなり激しい試合になりましたが…。
柴田「激烈だったな。激烈だったよ。石井、何か、眠ってた何かを思い起こさせてもらった、そんな試合だったよ、今日。ああ! 感じる痛みは、全部ほんもの。俺は今日、石井と試合をした。まぎれもない事実。ああ! あと一つ。トーナメント、あと一つ。しっかり、男の根性見せます。以上! ありがとうございました!」

※石井はノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
アサシンクリード
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ