HONOR RISING:JAPAN 2017

日時
2017年2月27日(月)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,271人

MATCH REPORT

 CHAOSvsBULLET CLUBの8人タッグマッチ。前日の後楽園大会では、ジェイ&マークとケニー&コールが対決。ケニー組が勝利したものの、試合後にケニーとコールの不協和音が露呈した。また、IWGPヘビー級王者のオカダは、2月5日札幌大会でケニーの挑戦を受け、王座を死守している。

 オカダ対ケニーで試合が始まるも、オカダは敢えてマークとタッチ。これでマーク対Codyとなり、マークが逆水平チョップ連射、アームホイップ。さらに、タッチを受けたジェイがエルボースマッシュを浴びせる。
 しかし、Codyのパサーダでジャンプしたニックが、ジェイにミサイルキックをお見舞い。そして、「サ○クイット!」の挑発から串刺し攻撃を仕掛けるが、ジェイが回避して顔面パンチ連射、ヘッドバットで報復。
 オスプレイ対ニックとなり、ニックがロープのリバウンドを利用してアームホイップを繰り出す。だが、オスプレイが宙返りで着地し、ドロップキックを食らわせる。
 すると、マット&ニックが合体攻撃を狙うも、オスプレイが回避し、ロープを利用したアームホイップで2人を同時に投げる。そして、ハンドスプリング&バク宙のフェイントを披露し、ファンの喝采を浴びた。
 その後、マット&ニックがインディーテイカーを仕掛けるが、オスプレイが脱出して2人の同士討ちを誘発。しかし、マットがヘッドシザースでオスプレイの動きを封じ、ニックがジャンピングキックを浴びせる。
 ここからBCがオスプレイを捕まえ、集中攻撃を開始。それでもオスプレイはジャンピングタッチを試みるが、ケニーたちに妨害されてしまい、ニックが串刺しジャンピングニーアタックを見舞う。
 その後、オスプレイがケニーとCodyを場外へ落とし、エプロンに立つ。すると、ニックがトラースキックを食らわせてオスプレイをダウンさせ、場外で受け止めたケニー&Codyが無理やり立ち上がらせる。
 この形でマットもオスプレイにトラースキックを浴びせ、さらにはニック&マットがダブルトラースキックで追撃。そして、ケニー&Codyがオスプレイの両脚をエプロンに引っかけて抱え、ニックがスワントーンボムを投下。
 オスプレイがリングに戻ると、ニックのスワンダイブフライングボディプレス&マットのその場飛びムーンサルトプレスが同時に炸裂。その後もオスプレイは苦戦を強いられるが、ケニーのブレーンバスターを切り返し、変型スタナーで挽回。さらに、バックドロップからも逃れ、旋回式DDTでケニーに報復した。
 オカダ対Codyとなり、オカダがカウンターランニングバックエルボーで先制。すると、マット&ニックが乱入し、「サ○クイット!」で挑発。だが、オカダが2人にエルボーを見舞って「サ○クイット!」をやり返し、フラップジャックで同時に叩きつける。
 その直後、替わったCodyがロープのリバウンドを利用してジャンピングハイキックを繰り出すが、オカダはリバースネックブリーカーですぐに報復。ここから混戦となり、マークがケニーにオーバーヘッドキック。さらに、オカダとタッチしたジェイがジャンピングラリアットに繋ぐ。
 続いてジェイ&マークが連続串刺しラリアット、サンドイッチキックでマットを排除。ここで再びオカダに試合権利が移り、ジェイがCody&マット&ニックにトペスイシーダを敢行。さらに、マークがエプロンからエルボードロップを放つ。
 その直後、オスプレイがカウンターサマーソルトキックでケニーを場外へ落とし、サスケスペシャルをお見舞い。続いてオカダが青コーナーへのぼるが、Codyが妨害して雪崩式攻撃を仕掛ける。そのオカダをオスプレイが救出するも、Codyが雪崩式ブレーンバスターで投げ捨て、ジェイたちを押し潰した。
 リング上ではオカダとケニーが対峙し、オカダのエルボースマッシュに対してケニーが逆水平チョップで反撃。すると、オカダがフロントハイキックを見舞うが、ケニーがすぐに追走式ジャンピングニーアタックで巻き返す。
 次にケニーは片翼の天使を仕掛けるが、オカダが脱出。しかし、マット&ニックがダブルトラースキックをオカダに食らわせ、ケニーが高速ドラゴンスープレックスホイップで追い討ち。さらに、ケニー&マット&ニックがトリプルトラースキックへ繋ぐ。
 だが、オスプレイがフライングボディアタックでマット&ニックをプレスし、ハンドスプリングオーバーヘッドキックをケニーに食らわせる。しかし、Codyがパワースラムでオスプレイ、エルボーでマークを排除。それでもジェイがエルボーでCodyを黙らせ、マット&ニックにパンチを連射。そして、両腕ラリアットでなぎ倒す。
 すると、ケニーが逆水平チョップで反撃に出るが、オカダがカウンタードロップキックでなぎ倒し、ジェイが雪崩式ブレーンバスターで追い討ち。さらに、マークとオカダがダイビングエルボードロップを食らわせる。
 ここでオカダはレインメーカーポーズを決めるが、客席からブーイングが起きる。それでもオカダはレインメーカーを繰り出すが、ケニーが回避してショートレンジジャンピングニーアタックで挽回。
 ここでケニーはVトリガーを狙うが、オスプレイが飛び込んでカウンタースライスブレッドで阻止。これでオスプレイ対Codyとなり、オスプレイが串刺しエルボースマッシュ、串刺し低空ドロップキック、ファルコンアロー。
 続いてオスプレイはコーナー最上段へのぼるが、ニックが妨害に入り、ファイヤーバードスプラッシュをCodyがかわす。だが、オスプレイが即座にCodyを丸め込み、返された直後にコークスクリューキックをお見舞い。
 ここでオスプレイはオスカッターで勝負をかけるが、Codyが受け止め、クロスローズで一気に勝負を決めた。

COMMENT

オメガ「みんな、聞いてくれ。俺たちが伝えたかったメッセージだ。ファンのみんなに、プロレスに対する情熱、美しさ、そして、プロレスそのものについて、メッセージを送ろうと思ってこれまでやってきたが、俺たちがやってきたことは、そのすべてを超越するものだった。本当のクラシックなプロレスとは何なのか、そこに立ち返ろうと思う。さっきも言ったが、何が良くて、何が悪いのか。ヒールもベビーフェイスもない。俺たちは、それこそも超越した、本当のエリートとして、プロレスを牽引していく立場にいる。俺たちは、自分たちがやっているプロレスを、これからも続けていくだけだ。タナハシ、オマエの時代は終わった。今、オマエが目の当たりにしているのは、世界の最高峰だ。俺たちは、プロレスファンみんなのために、このプレイを続けている。だから、俺たちを“キング”のように扱うべきだ」
Cody「キング、まさにキングだ。俺はBULLET CLUBに入って、誰がリーダーなのか、どういう人間関係なのか、1秒で見えてきたけど、とにかくこのグループは素晴らしい」
マット「東京、日本のファン。俺たちはすぐに戻ってくる。ただ、残念だけど、俺たちは一時、アメリカに戻る。もう少し自分たちのTシャツを売って、家族と愛を育んで子供も産まないとな。それから、カッコイイもみあげ、カッコイイ髪型、カッコイイ浅黒い肌を作って帰ってくるぜ。4月1日、フロリダ州レイクランドの試合で、俺たちは大きなことをやってみせる。待っててくれよ」
※4人は、「THE ELITE」を口ずさみながら、コメントブースを後にした。
 
マーク「カメラ向けてるんじゃねーぞ」
ジェイ「ノーコメントだ」
オカダ「凄いね、BULLET CLUB? ROH興行というよりも、もうBULLET CLUBの大会のような感じがして。ただ、いまさらまたケニーとやりたい……そんなな、このベルトは簡単じゃないんだよ? おまえがどんだけこのベルトのこと思っていようが、そんな簡単にな、このベルトのところには来れない。来たいんだったらな、ちゃんと手段っていうモンがあるだろ? 新日本プロレス、用意するだろ? ええ? まあでも、こんだけBULLET CLUBの人気、勢い、感じたら、また新日本プロレスおもしろくなってきたな」
※オスプレイはノーコメント

 

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ