戦国炎舞 -KIZNA- Presents THE NEW BEGINNING in OSAKA

日時
2017年2月11日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
放送
バナーバナー
観衆
5,466人(超満員札止め)

第9試合 60分1本勝負
IWGPインターコンチネンタル選手権試合

  • (第15代チャンピオン)

  • (チャレンジャー)

※内藤哲也が3度目の防衛に成功

MATCH REPORT

 第15代IC王者・内藤が迎えた3度目の防衛戦。内藤は昨年9月25日の神戸大会でエルガンを破って同王座を獲得。11月5日の大阪大会ではリターンマッチが予定されていたが、10月10日の両国国技館大会で行われた前哨戦で内藤がエルガンの左目を破壊。エルガンは左目の眼窩底(がんかてい)骨折で長期欠場へ追い込まれ、11月のタイトル戦をキャンセル。今回が満を持しての再対決となった。

 ゴングが鳴った直後、大「内藤」コールが起きる。すると内藤は、急にリングへ寝転び、そのまま場外へエスケープ。そして、エルガンが追いかけて来るとリングへ戻るが、エルガンがエプロンからカウンタージャンピングバックエルボーをお見舞い。
 ここからエルガンのペースとなり、ボディスラム、トップロープ越えのジャンピングボディプレス、リフトアップスラムなどで攻め込む。それでも内藤は串刺し攻撃を回避し、エルガンを踏み台にしてエプロンへ飛び出す。ところが、すぐに立ち上がったエルガンがラリアットで内藤を場外へ落とし、エプロンからトペコンヒーロをお見舞い。
 続いてエルガンはコーナー最上段へのぼるが、内藤がドロップキックで場外へ落とし、トペスイシーダを発射。ところが、これをエルガンが受け止め、ブレーンバスターで特設花道へ叩きつける。
 次にエルガンはコーナー2段目へのぼり、エプロンの内藤を捕まえて雪崩式ファルコンアローを狙う。だが、内藤が抵抗して顔面をかきむしり、ロープを悪用した膝攻撃で逆襲。そして、エルガンの膝を何度もエプロンへ叩きつける。
 ここから内藤はエルガンの膝へ狙いを絞り、低空ドロップキック、ニークラッシャー、低空ドロップキック、メキシコ式足4の字固めなどで攻め立てる。だが、エルガンはエルボー、逆水平チョップ、延髄斬りで挽回。
 エルガンの攻撃は続き、変型ファルコンアロー、串刺しラリアット2連発。さらに、ジャーマンスープレックスホイップで内藤をニュートラルコーナーへ激突させると、ブッコ抜きジャーマンスープレックスホールドへ繋ぐ。そして、前後のショートレンジラリアットを連発して行く。
 ここでエルガンはロープへ走るが、内藤がカウンターマンハッタンドロップで逆襲し、低空ドロップキックで追撃。そして、エルガンを踏み台にしてエプロンへ飛び出すも、トップロープ越えの串刺し低空ドロップキックはエルガンがキャッチ。その後、ロコモーションジャーマンスープレックス2連発で追い討ちをかける。
 それでも内藤は3度目のジャーマンから逃れ、ロープを利用してスイングDDTを狙う。これをエルガンがこらえてブレーンバスターの体勢に入るも、内藤がその勢いを逆利用して高角度のDDTで突き刺す。
 両者へ向けた大コールで場内が騒然とする中、エルガンのエルボー連打に対し、内藤が顔面攻撃と低空ドロップキックで対抗。しかし、エルガンがカウンタージャンピングフロントハイキックで吹き飛ばす。
 次にエルガンはローリングエルボーで内藤をなぎ倒し、雪崩式攻撃を仕掛ける。だが、内藤が抵抗し、雪崩式カナディアンデストロイヤーで逆転。そして、コーナー最上段からミサイルキックを放つも、エルガンが受け止めてジャンピングパワーボム。
 またもや両者への大歓声が場内に渦巻き、エルガンがボディスラムからダイビングボディプレス。そして、パワーボムの体勢に入るも、内藤が脱出して低空ドロップキック。さらに、フェイント式延髄斬りを浴びせるも、エルガンがすぐにショートレンジラリアットで報復。そして、助走をつけたラリアットで再び内藤を大きく吹き飛ばす。
 ここでエルガンはまたもパワーボムの体勢に入り、抵抗した内藤に強烈なエルボーをお見舞い。そして、コーナーを利用してハイアングルパワーボムを仕掛けるが、これも内藤が脱出。
 その後、エルガンがコーナー最上段へ座ると、内藤が顔面攻撃で動きを止め、雪崩式フランケンシュタイナーに行く。これをエルガンが抵抗して雪崩式パワーボムの体勢に入るも、内藤がその反動を利用して今度こそ雪崩式フランケンシュタイナーを敢行。その直後、リバースフランケンシュタイナーで追い討ちをかける。
 さらに内藤はデスティーノを狙うが、エルガンが抵抗してバックエルボーを浴びせる。そして、ジャンピングエルボーアタックを受け止めてバックを取るが、内藤が前方回転で切り返して変型膝固めで捕獲。これはガッチリ極まっていたが、エルガンは辛うじてロープへ手を伸ばす。
 そこから2人はエプロン上で対峙し、内藤がエルガンに向かってツバを吐いてブーイングを浴びる。ところが、エルガンが内藤を捕まえ、変型デスバレーボムでエプロンへ叩きつける。
 次にエルガンはコーナー2段目へのぼり、エプロン上の内藤をブッコ抜いて雪崩式ファルコンアロー。さらに、座っている内藤の後頭部へローリングエルボーを食らわせ、ツバを吐いてから正面からもローリングエルボーを見舞う。
 ここでエルガンは内藤がいつもしているポーズで挑発し、エルボーからパワーボムホイップ。だが、次のエルガンボムは内藤が回避し、ロープを利用したスイングDDTで逆転。そして、変型デスティーノからフォールするも、エルガンが跳ね返す。
 30分が経過し、内藤は(正調)デスティーノを狙う。だが、エルガンが内藤を受け止め、変型デスバレーボムで赤コーナーに激突させる。
 ここから場外戦になり、エルガンがパワーボムホイップで内藤をエプロンと鉄柵へ叩きつける。そして、リングへ戻るとエルガンボムからフォールに行くが、内藤はキックアウト。
 さらに大きな大コールが起きる中、エルガンがバーニングハンマーの体勢に入るが、内藤が変型デスティーノに切り返す。これでダブルダウンとなり、カウント7で試合が再開。エルガンがまたもやバーニングハンマーに行くが、内藤が脱出する。
 次に内藤はエルガンにフェイント式延髄斬り浴びせ、コーナー最上段へ座る。しかし、エルガンが強烈なエルボースマッシュをお見舞い。そして、ショートレンジラリアットを放つも、内藤が回避して浴びせ蹴り。さらに、コーナーを利用して変型デスティーノでエルガンを叩きつける。
 それでもエルガンはフォールを返すが、最後は内藤が(正調)デスティーノを炸裂させ、激闘を制した。

COMMENT

内藤「(※コメントブースに現れると、椅子を蹴り、立ってコメント)マイケル・エルガンは確実に強いですよ。彼は間違いなく、強いレスラーですよ。でも、残念ながら彼以上に強いのが、俺ってことでしょ。なんせ、彼はこれで、俺にシングル4連敗だよ。次の大会、彼は一体どんな顔をして、どのツラさげて、皆様の前に現れるのか? 俺は非常に楽しみだよ。あと、東京、沖縄、試合はいろいろありますけども、そのあといよいよ『NEW JAPAN CUP』の季節がやって参りました。まぁ、俺は“前年度覇者”だからね。今年の『NEW JAPAN CUP』も、もちろんエントリーさせていただきますよ。『NEW JAPAN CUP』を盛り上げたいなら、俺を使わない手はないだろ? 俺は、この場で立候補しますよ。まぁ、こんなこと言ってもさ、結局、新日本プロレスは俺の提案なんか認めてくれないのはわかってるけど、コメントを何言うかは俺の自由でしょ? 俺はこの場を借りて、今年の『NEW JAPAN CUP』エントリー、立候補しますよ。去年もいろいろ言ったけど、やっぱ『NEW JAPAN CUP』ちょっとシステムを変えた方がいいんじゃないかなって。今年も言っても変わらないかもしれないけど、改めてシステムの変更を、俺は提案しますよ。どういう提案か? それは、しかるべき場所で、しっかり発言しますよ。まぁ、いまのところはトランキーロってことだよ。俺はさ、シリーズ全戦ちゃんと試合してんだよ。今年も休まず試合してんだよ。カンサードなんだよ。オクパードなんだよ。そういうわけだから、俺帰るわ。また、話す機会を設けてくださいよ。その時、面白い提案をしますよ。そういうわけで、アスタ・ルエゴ、アディオス」

エルガン「彼が何を言うのかなんて、俺は興味がない。俺が言いたいのは、俺はナイトーにリスペクトとはどういうものかを教えてやるつもりでリングに上がった。そのためには、お前を完膚なきまでに叩きのめすしかなかった。そして、俺はIWGPインターコンチネンタルチャンピオンになって、オーサカを離れるつもりにしていた。ナイトー、今日のお前は運に恵まれていた。お前が俺の目の骨を折ったことによって、前回のチャンスは奪われてしまった。去年の10月、俺がどんな思いで過ごしていたか。お前が俺にしたことで、俺の予定は狂ってしまった。回復を待ちながらどうしようかと考えたし、ファンからもいろいろ言われたよ。ナイトーに潰されたという事実だけが残った。あの時の思いを胸に、戦争に向かう気持ちでリングに上がったんだ。次こそはお前を叩きのめす。そして、お前にリスペクトとはどういうことかを思い知らせてやる。その時、俺たちの戦争はさらに激しくなる」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
アサシンクリード
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ