戦国炎舞 -KIZNA- Presents NEW YEAR DASH !!

日時
2017年1月5日(木)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,738人(超満員札止め)

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

  • <チャレンジャーチーム>

  • <第9代チャンピオンチーム>

※初防衛に失敗。棚橋&中西&田口が新チャンピオンとなる。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 1・4東京ドームで行われたNEVER 6人タッグ戦ガントレットマッチを制し、王座を獲得したLOS INGOBERNABLES de JAPONのSANADA&EVIL&BUSHIが登場。棚橋&中西&田口を相手にして早くも初防衛戦を敢行。

 中西対SANADAで試合が始まるも、EVILがいきなり乱入。そのまま合体ブレーンバスターの体勢に入るが、中西が反対に2人を投げ捨てた。
 棚橋対SANADAの場面。棚橋がSANADAをスローイングし、田口の尻に衝突させる。そして、田口が試合権利を得るも、BUSHIの低空ドロップキックを被弾してしまう。
 それでも田口はジャンピングヒップアタックでBUSHIを場外へ落とし、ロープのあいだから尻を出すフェイントを披露。ところが、EVILがパイプイスで尻を殴打する。
 たちまち大乱闘が巻き起こり、大ダメージを負った田口にL・I・Jが集中攻撃を浴びせる。しかし田口は、EVILにリバースDDT、BUSHIにDDTを同時に浴びせて脱出。
 これで棚橋が登場し、SANADAにアームホイップ、EVILにトーキック。さらに、L・I・Jの3人に張り手を浴びせると、ボディスラム、ダイビングサンセットフリップでEVILに追い討ち。場内が「GO! ACE!」コールに包まれる。
 次に棚橋はスリングブレイドを繰り出すが、EVILが回避して膝裏へタックル。そして、フィッシャーマンバスターで追撃するも、棚橋は交替したSANADAに低空ドロップキックで逆襲。
 中西対SANADAの場面。中西がエルボー連打、のど輪ラリアットで先制し、BUSHIとEVILを蹴散らして野人ダンスラリアットでSANADAに追撃。
 次に中西はジャーマンスープレックスを繰り出すが、SANADAがバク宙で着地し、EVILが串刺しラリアットをお見舞い。さらに、EVILとSANADAが合体バックドロップへ繋げる。
 その直後、SANADAがスワンダイブミサイルキックからSkull Endで中西を捕獲。中西も抵抗してアルゼンチンバックブリーカーに切り返すが、SANADAがさらに切り返して再びSkull End。これで大「中西」コールが起こり、棚橋が背後からSANADAにドラゴンスリーパー。それをSANADAがSkull Endに切り返すとするも、棚橋がさらにネックツイストへ切り返す。
 中西対BUSHIとなり、BUSHIがミサイルキックで先制。だが、次のフライングボディアタックを中西が受け止め、アルゼンチンバックブリーカーで報復。しかし、BUSHIが脱出して急所を蹴り、コードブレイカーで追い討ち。
 またも場内が大「中西」コールに包まれる中、BUSHIのエムエックスを中西がのど輪でキャッチ。それをEVILがカットすると、棚橋がEVILにドラゴンスクリュー。だが、SANADAも棚橋にドラゴンスクリューを見舞う。
 その直後、田口がSANADAにジャンピングヒップアタックを浴びせると、BUSHIがフェイント延髄斬りで仕返し。だが、田口が怯まずに延髄斬りを食らわせ、棚橋がスリングブレイドで追撃。
 続いて棚橋&田口が同時プランチャでSANADA&EVILを分断すると、中西がヘラクレスカッターでBUSHIを轟沈。棚橋&中西&田口が、1発でNEVER 6人タッグ王座を獲得した。

COMMENT

中西「ありがとうございました。まぁ、闘いはもっともっと続いていくってことは、このベルトを獲ったことで、証明できたと思います。ガンガンいきます。田口ありがとう!」
田口「ありがとうございます!」
――田口選手も、久しぶりのベルトですが?
田口「まさか、今年ベルトを巻くことになるとは思わなかったです。今日、会場に来て、カードを見て、『こんなタッグで獲れるのか?』と。昨日、あんな凄い試合の後、チャンピオンになったあの3人に、こんな……急造も急造ですよ。でもね、こうやって、ワンチャンを……ワンチャンあれば、しっかり形にしますから。個人の実力で言えば、向こうの3人と、こっちの3人で、まったく劣るところはないですから。急造でこれだけ力があるんですから。これから先、深まっていくだけしかないですからね。今日始まったばかりですから。今日始まって、いきなりこれでチャンピオンですから」
――ワンチャンで手にしましたけど、ワンナイトで終わらないように……
田口「まぁワンナイトっていうのも良いんですけどね。ワンナイトはワンナイトで良いんですけどね。回を重ねるごとに、より深まっていきますから。心で繋がっていきますから。今はまだ、カラダで繋がってる3人ですけど、これから心を重ねて……」
※中西が再びコメントブースに現れ、田口にコーラを手渡す。
田口「あ、コーラで。もう早速繋がりました」
中西「タナは?まだ来ないか?乾杯したいのにな。車のヤツがおるから、酒ではできんけど(笑)」
田口「そうですね。そういう心遣いも」
中西「家帰ったらゆっくりできるやろ。家庭があるヤツはええな!」
中西・田口「(笑)」
中西「墓穴掘ったな……。棚橋が来ないと、間が持てへんぞ!」
田口「笑って繋ぐしかないです」
中西「彼は何をしているんだ?」
田口「帰っちゃったんですか?」
――そろそろ来ます。
田口「じらしますね。さすが」
中西「まぁでも、膝のダメージが結構あるんで」
田口「昨日の激闘がありましたからね」
中西「昨日、我々は第0試合だったんで……」
※棚橋がコメントブースに現れる。
棚橋「ありがとうございました!」
中西・田口「ありがとうございました!」
田口「ワンチャンですよ」
棚橋「ワンチャンだな。これこそ、ワンチャン」
中西「乾杯しますか」
※3人でコーラを開ける。
中西「永田からです」
田口「中西さんじゃない(笑)」
中西「俺ではない(笑)」
棚橋「乾杯!」
※3人で乾杯する。
――いかがですか?
棚橋「昨日ね、ドームで、ガントレットマッチで、このNEVER6人タッグをかけて、4チームが闘ってね。それがもうここにあると。ワンチャンだね」
田口「ワンチャンですよ」
中西「昨日の試合ね、消化不良というか、完全燃焼できなかったんで。今日は良い形で、ベルトもついてきましたし、最高やね」
田口「そうですね。でも、まだ心は1つになってないんで、まずはLINEを交換して、LINEグループを作るところから始めましょう」
中西「俺、LINE分からへん!」
(※一同笑い)
棚橋「じゃあグループ名は、『NEVER6人タッグ』……『NEVER6(シックス)』とかにしようか。ちょっとオシャレなやつ」
田口「シックス……」
棚橋「『シックス』に反応しなくていい」
(※一同笑い)
田口「何かと『6』には縁があるということで」
――このタッグの司令塔は誰になりますか?
棚橋「それも、これからです」
田口「LINEで」
中西「俺、できひんって(笑)」
田口「大丈夫です。スマホなら何とかなります」
――田口さん、中西さんと上手く心が繋がっていく自信はどれくらい?
田口「……69%ですね」
(※一同笑い)
田口「確率としては、69%」
中西「でも、なんか、インパクトのある数字やね。69%」
棚橋「中西さん、そこ拾わなくて大丈夫です」
(※一同笑い)
田口「こんな急造タッグで、まさか獲れるとは思ってなかったですね」
棚橋「大丈夫……獲れる気あったよ?」
中西「急に巡ってきたチャンスやしな」
――ドームを振り返っていかがですか?
棚橋「昨日、セミとメイン。4人いましたけど、やっぱり俺が1番、動けてない。だから、心を入れ替えて、合同練習で、練習生と1から始めるつもりで、鍛えて、叩き直してきます……すいません、全然関係ない話で」
中西「初心に戻ることは大事や」
棚橋「まぁ、おいおい、チーム名、発表しますんで。僕、あの、入場テーマを変えるって予告してから、予告がスゲェ楽しくなっちゃって(笑)期待して待ってもらえるって感覚が良いと思ったんで。次ね、チーム名、発表します」
中西「忘れないでくださいね。この事覚えといてくださいね。何日か経ったら、無かったことになるのが1番嫌やから」
棚橋「やっぱベルトって良いものですね」
――似合ってます。
棚橋「ありがとうございました」
中西・田口「ありがとうございました」
棚橋「よし、写真撮ろう」
※ベルトを巻いた記念写真を撮り、中西と田口はコメントブースを去る。

――今日は入場時、ファンから「GO!ACE!」というかけ声もありました。
棚橋「これはどんな良い曲であっても、実績、試合内容が乗っていかないと、空っぽのままなんで。この良いメロディー。今、まだ空っぽの曲ですけど、中身は俺が詰め込んでいきますから」
――これまでの負けと、昨日の負け。自分の中で違いは?棚橋「これは僕が感じている以上に、ファンの方、関係者、レスラー仲間が、凄く重く受け止めている結果じゃないかな、と」
――客観的に見て、『自分が1番動けていなかった』と感じた要因は、自分の中である?
棚橋「バランスですね。『全力』がモットーなので。全部に全力を出したんですけど、ちょっとキャパ越えたかなと。自分が1番、最も大切なものは何かっていうのが、プロレスだったので。プロレスを、第1に考える。まぁ当然なんですけど。敗戦で学びましたね」
――棚橋選手の『全力』が、昨日の盛り上がりを生んだと思いますが、棚橋選手は昨日の試合について率直にどう思う?
棚橋「年々盛り上がっていく中で、盛り上がっていくけど、棚橋はどんどん下がっていくっていう状況が、やっぱり悔しいですね。なので、うん……もちろん重く受け止めて、落ち込みますけど。もう今日から、通常運転で、全力で、プロモーション、SNS、鬱陶しいほどにまき散らしていきます。大丈夫です。棚橋は、元気です」
――内藤選手が昨日の試合後、「俺のところに戻ってこい」と、エールとも取れるコメントを出していましたが?
棚橋「それは、俺が昔、『俺のところまで上がってこい』って言ったやつですよね……メインイベントも遠いし、IWGPも遠いし、インターコンチも遠い……。ただ、その、発信源は俺なんで。その意味を1番理解しているのも、俺なんで。ちょっとしばらく落ち込もうかなって。落ち込んだことないんですけど。落ち込もうかなって思ったんですけど、リングで試合して、ファンの声援を聞いてるとね、『プロレスってそうじゃねぇな』って。思いました。あんまり長く話すと、ボロが出るんで。ありがとうございました」

SANADA「まあね、あのベルトはね、俺らに感謝した方がいい。輝いてなかったからね。ロス・インゴが負けたじゃなくて、あのベルトがすごい注目されるんで。それは感謝した方がいい」
EVIL「今日の結果はNEVERの呪いってやつだ。あんな、クソ終わってるレスラーに獲られるなんて、呪いだ。まあ、呪いも、Welcome to the DARKNESS WORLD。俺の方が、お前を呪い殺してやる。それと、棚橋弘至。あっちがダメなら、こっちってか? いい度胸してんな。いいか? 昨日、あいつのプロレス人生は終わってんだよ。まあ、腐っても棚橋弘至。俺があいつを食い尽くして、テメエを最高の餌としてやるよ。覚えとけよ。This1 is EVIL。E~verything is EVIL。すべては……………EVILだ!」
※BUSHIはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
バディファイト
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
戦国炎舞
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
キングオブプロレスリング
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ