戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

日時
2017年1月4日(水)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
放送
バナーバナーバナー
観衆
26,192人

第8試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • <第14代チャンピオン>

  • <チャレンジャー>

※初防衛に失敗。後藤洋央紀が新チャンピオンとなる。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 NEVER無差別級王座を賭けて、王者の柴田勝頼と挑戦者の後藤洋央紀が激突。両者のシングルマッチは後藤がCHAOS入りしてからは初めて実現。

 開始のゴング、両者はゆっくりと動き始める。そして、柴田がバックの取り合いから後藤をロープに押し込むと、その離れ際に後藤の胸板に張り手。そして、後藤をヘッドロックで固めるが、後藤は力尽くで切り抜けて、逆にヘッドロック。柴田がロープに飛ばそうとするも、後藤はその手を離さず。すると、柴田は倒立の要領で勢いをつけて脱出。そして、助走なしでPKを繰り出すが、後藤は間一髪でかわす。序盤からスリリングな攻防を繰り広げる両者に、場内は大歓声を送る。

 続いて柴田は後藤の腕を捕獲し、関節を固めたまま、そこにストンピング。たまらず後藤がエプロンにエスケープすると、柴田はロープ越しにスリーパー。そして、エプロンに尻餅をついた後藤の背中に強烈なランニングキック。リングに落ちた後藤を、柴田はリング内に戻す。

 柴田は後藤にサッカーボールキックを見舞うと、続いてキーロック。柴田が「どうした、オラ!」と声をあげながら締め上げると、後藤は苦しそうな表情。続いて柴田はもう一度サッカーボールキック。さらに後藤の頭にストンピング、そして顔面にステップキックを連発。すると、後藤は追走式のラリアットで反撃。続いてエルボーの連発から串刺し攻撃を狙うも、柴田はカウンターのキック。そして、身体を入れ替えて串刺しエルボーを連発。ここで柴田は対角コーナーに走るが、後藤は追走するかたちで村正。これに柴田はひるまず、ヒザ蹴りを繰り出すが、後藤もバックドロップで応戦。両者は真っ向から意地をぶつけあう。

 続いて後藤は串刺しラリアットから、トップコーナーに上ってダイビングエルボーを投下。そして、胸板めがけて相手のお株を奪うサッカーボールキック。しかし、柴田は首を横に振って耐え抜く。ならばと後藤はサッカーボールキックを連発するも、柴田はその足を捕獲し、強烈なナックルパート。そして、コーナーに後藤を投げるとキックを連発し、さらに串刺しドロップキックをグサリ。続いてフロントネックチャンスリーを挟んでコブラツイスト。さらに投げっぱなしジャーマンを見舞うが、後藤はすぐに立ち上がってラリアット。だが、柴田も倒れずにフロントキック。

 ならばと後藤がバックドロップを繰り出すと、すかさず柴田も同じ技でお返し。そして、武者返しを狙うが、後藤は切り抜けると、柴田の後ろ髪をつかんで、ヒザに後頭部を叩きつける荒技。さらにリバース牛殺しから胸板にキックを繰り出すが、それを受け止めた柴田はジャーマンへ。すると、後藤もすぐさまラリアット。もう一度ラリアットを狙うが、これは柴田が武者返し。白熱の攻防を繰り広げた両者は、リングで大の字に。

 両者はヒザ立ち状態でエルボー合戦を展開。攻め込んだ柴田がロープに走ると、後藤はカウンターの要領で両肩に担ぎ上げる。しかし、柴田はうしろに着地してスリーパー。後藤がロープに逃げるも、執拗に柴田はスリーパーで捕獲。後藤が右腕を伸ばすと、その腕を巻き取るかたちでスリーパーを敢行。さらに胴締め形式でギブアップを迫る。後藤は執念でロープエスケープ。

 すると、柴田は「立て、オラ!」と無理やり後藤を立ち上がらせる。だが、スキをついて後藤は強烈なヘッドバット。しかし、柴田もサッカーボールキックで応戦。そして、ロープに走るが、後藤は両肩に担ぎ上げ、今度こそ牛殺しを炸裂。そして昇天・改を見舞うが、柴田はカウント3ギリギリでキックアウト。ここで後藤は気合を入れるとサッカーボールキック。負けじと柴田もエルボーを繰り出すが、後藤はヘッドバットを乱打。そして、柴田の動きが止まると、最後は裏GTRからGTRの二連発で激勝。後藤がNEVER無差別級王座を初戴冠を成し遂げた。

COMMENT

後藤「ありがとうございました。今日、この結果が昨年俺がやってきたことの結果です。まあ、これがゴールじゃないですけどね。明日からNEVER王者として、胸を張って、自信を持ってリングで闘いたいと思います」
──いま柴田選手には声をかけるとしたら、どんな声をかけますか?
後藤「いつまで首にテーピングしてんだって。早く治せ。しっかり治せ。再戦するのはそれからだ」
──3年前にも東京ドームで同じカードがあったと思います。3年前との違いがあったら教えてください。
後藤「まあ、俺の中では変化っていうのは立ち位置だけでね。そんな大きな変化はないんだけども、彼の中でたぶん全然違う変化があっただろうし、だからこそ今日みたいなこういう試合になったんだろうしね。しっかりリング上で会話しました。以上です。ありがとうございました」
 
柴田「俺、リマッチはしない……。もう、この先、後藤が月1ペースで(防衛戦を)やっていけばいいんじゃないですか(苦笑)。俺は俺で、(ベルトを)持ってる間に、自分のプロレスを、あのベルトで表現できたんで。どうなっていくかわかんないけど、今のところ俺には、(再戦を)するつもりはありません。やったって、面白くないでしょ? 新しいヤツがやりゃいいんだよ」
――試合前には「闘いの中で会話していきたい」とおっしゃってましたけど、CHAOSに加入した後の今日の後藤選手に、どういった印象、感想を持ちましたか?
柴田「ん~……なんだろね。俺が、あいつがアゴをケガして復帰した時に、散々、アゴを狙ってやったんですけど、それをまんまやり返された気分ではありますね、今日は。前とは違ったなと。やっと、試合で会話が成立しましたね」
――いい意味で変わったように感じましたか?
柴田「どうだろね? それを見てる人が、闘ってる者がどう感じていくかで、あいつがいい意味で変わる方向に行くんじゃないのかなと思います。相手が俺だからじゃダメなんだよね。俺はどこの国行っても、どんな相手でも、柴田勝頼の試合をする自信があるんでね」
――NEVERでの再戦はしないということですが……。
柴田「もういいよ、NEVERの質問は」
――今年の展望を聞かせてください。
柴田「今年の展望? そうだね、俺にはもう一つね、ベルトがあるはずなんだけど、(※テーブルを叩いて)ここに来てない。俺の持ってたはずのベルト、ここに来てない(苦笑)。大英帝国のチャンピオンでもあるんでね。とりあえずイギリス、イギリスに帰ります」
――イギリスを中心に活動していくと?
柴田「とりあえず、イギリスに帰ります。……ほかに何かありますか?」
――ベルトうんぬんを抜きにして、後藤洋央紀への興味もなくなりましたか?
柴田「なくなってはないですね。負けてますからね。興味がなくなるわけじゃなく……俺にとっては、勝ったら封印してやろうと思ってたんで。けじめですね。相手がどう思おうが、俺にとってのNEVERのけじめ。ま、負けてしまったんで、もう何も言うことはありません、NEVERに関しては」
――先ほど後藤選手がここに来ましたけど、勝った後藤選手には質問が飛ばず、負けた柴田選手にはこれだけの質問が飛んでます。この現実をどう思いますか?
柴田「俺にはわかんないですけども、やっぱり去年の1年間が大きいんじゃないですかね。試合には負けたけど、勝負として、負けは負けなんですけども、そういう覚悟がないから……そこかもしれないし。俺としては去年の1年が濃すぎたんで。それが今日の歓声だったと思うし、そこに自分のプロレス間違ってねえなという手ごたえをすごく感じたんで、いい経験になりました。あとは後藤が月1ペースで、まずは第三世代から(防衛戦を)やっていくんじゃないかと思います。とりあえず俺は、イギリスに帰ります。以上。ありがとうございました」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ