戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

日時
2017年1月4日(水)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
放送
バナーバナーバナー
観衆
26,192人

第3試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 ガントレットマッチ

  • <第8代チャンピオンチーム>

  • <チャレンジャーチーム>

1.○裕二郎(7分30秒 ピンプジュース→片エビ固め)邪道×
2.○SANADA(2分06秒 Skull End)裕二郎×
3.○EVIL(6分30秒 EVIL→体固め)小島×
レフェリー|佐藤健太

MATCH REPORT

 第3試合はNEVER無差別級6人タッグ王座を賭けて、王者の小島聡&リコシェ&デビッド・フィンレー組が、SANADA&EVIL&BUSHI組、バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&ハングマン・ペイジ組、そしてYOSHI-HASHI&ウィル・オスプレイ&邪道組を迎撃。この一戦は、2チームで通常の6人タッグマッチで激突し、勝ったチームが次のチームと対戦。そして、最後に勝ち残ったチームを勝者とするガントレットマッチ形式で行なわれる。

 最初に登場したのはファレ&裕二郎&ペイジ組。裕二郎は妖艶な女性ダンサーを4人伴ってリングイン。続いてYOSHI-HASHI&オスプレイ&邪道組が入場。まずはBULLET CLUBとCHAOSが対峙することに。

 試合はゴング前にBULLET 軍が仕掛けるかたちでスタートし、いきなり場外戦へ。リング上ではファレがYOSHI-HASHIに串刺し攻撃を狙うが、YOSHI-HASHIは間一髪で回避。そして、逆に串刺しラリアットをお見舞いし、さらにラリアットを放つが、これをこらえたファレはグラネードの体勢へ。しかし、なんとかしのいだYOSHI-HASHIは、ラリアットでファレを気合もろともなぎ倒す。そして、ファレの巨体にカルマを決めようとするも、裕二郎が妨害。場外に落ちたYOSHI-HASHIに対し、ペイジがフロントキックを炸裂。

 続いて裕二郎がYOSHI-HASHIにランニングギロチンドロップ。そして、ペイジと共にトレイン攻撃。さらにペイジはYOSHI-HASHIに飛びつきDDTをヒット。劣勢のYOSHI-HASHIだったが、バンカーバスターで反撃。次に登場したオスプレイはペイジを場外に落とすと、ロンダートからノータッチでムーンサルトアタックを敢行。さらにペイジにその場飛びのシューティングスタープレス、コークスクリュー型のプレスを連発。続いてスクリューキックを叩き込むと、一気にオスカッターを狙うが、こらえたペイジは逆にトップロープを一回転した勢いでラリアット一閃。オスプレイも反撃を狙うが、裕二郎が阻止。だが、オスプレイはペイジと裕二郎にまとめてオーバーヘッドキック。

 ここでCHAOSは裕二郎に集中攻撃を見舞い、YOSHI-HASHIがヘッドハンター。続いて邪道が裕二郎をクロスフェースオブJADOに捕らえるも、ファレがカットイン。ならばと邪道とYOSHI-HASHIはダブルの攻撃を狙うが、ファレがショルダータックルで吹き飛ばす。ペイジはオスプレイを場外に落とすと、エプロンサイドからシューティングスタープレス。混戦模様のリング上、最後は裕二郎が邪道をピンプジュースで仕留め、BULLET軍が勝ち残り。

 次に登場したのはL・I・J。先発でSANADAと裕二郎が対峙するも、すかさずペイジが乱入。BULLET CLUBは二人がかりでSANADAにコンビネーション攻撃。そして、ファレがSANADAにダイビングボディプレスで勝負をかけるが、これはL・I・Jがカット。ならばと裕二郎とペイジはSANADAに合体攻撃を狙うも、EVILが阻止。そして、すかさずBUSHIが裕二郎にコードブレイカー。返す刀で、BUSHIはファレにトペ・スイシーダを食らわせる。ここでSANADAが裕二郎の首にイスをかけると、そこめがけてEVILがイスをフルスイング。この一撃で大の字になった裕二郎をSANADAがSkull Endで捕獲し、ギブアップ勝ちをスコア。

 最後に王者組が登場。しかし、リングインする前にL・I・Jが襲撃。リング上ではリコシェがSANADAに人工衛星ヘッドシザースからドロップキックで場外に吹き飛ばす。さらに、フィンレーと同時にトペ・コンヒーロを敢行。さらに王者組はSANADAに波状攻撃。続いてフィンレーがコーナーに上るも、これはSANADAが足をすくって阻止。ここで登場したBUSHIは、脱いだTシャツでフィンレーにチョーク攻撃。だが、フィンレーもヨーロピアンアッパーカットで反撃。

 タッチしたリコシェはSANADAに619からスワンダイブ式のラリアット。さらにノーザンライトスープレックスから、そのままブレーンバスターに斬ってとり、パワーのあるところを見せつける。だが、BUSHIもスピンキックでリコシェに反撃。続いて小島とEVILが対峙。EVILの串刺し攻撃を交わした小島は、マシンガンチョップ。小島はカットに入ったSANADAにもマシンガンチョップをお見舞い。そして、小島はEVILに串刺しエルボーから「いっちゃうぞバカヤロー!」の雄叫びを上げ、ダイビングエルボーを狙うが、これはSANADAがカット。

 ここでL・I・Jは小島にトレイン攻撃。そして、EVILが強烈なラリアットを叩き込むが、小島はカウント2でキックアウト。ならばとEVILがEVILを狙うが、小島はDDTで切り返す。ここでフィンレーがSANADAを両肩に担ぎ上げると、そのままリコシェの両ヒザに叩き落とす合体技を披露。さらにフィンレーはEVILにカミカゼを狙うが、これはEVILがうまく着地して回避。すると、リコシェがダッシュで攻撃を狙うも、EVILは両腕で持ち上げて後方に豪快にスルー。そこにBUSHIが空中でカウンターのエムエックスをヒット。場内のどよめきを誘う。

 混戦模様のリング上、SANADAはフィンレーをミサイルキックで場外へ。小島が孤立するも、SANADAにエルボー、EVILにコジコジカッターで応戦。そして、EVILに左腕のラリアットを叩き込む。だが、SANADAがカットし、小島にSkull Endを仕掛ける。しかし、小島は切り返すとブレーンバスターを炸裂。そして、EVILに正調のラリアットを狙うが、これを交わしたEVILは、レフェリーに抱きついて死角を作る。すると、BUSHIが小島に毒霧を噴射。すかさずEVILは小島にダークネスフォールズを決めるも、小島は必死にカウント2でキックアウト。だが、これで万事休す。最後はEVILのEVILでカウント3。L・I・JがNEVER無差別級6人タッグ王座を手にした。

COMMENT

BUSHI「まったくね、思い入れのないベルト。NEVER6人タッグ。誰か興味ありますか? いつでも誰でもいい。挑戦してこいよ。かかってこい。このベルトに興味がある奴ならいつでもいいよ。誰でもいい。俺ら3人の実力を試すのにちょうどいいベルトだよ。まあ、このベルトに関して言えばね、これから俺たちの次へのステップになるためだけのベルト。俺はIWGPジュニアを目指している以上、このベルトを踏み台に、そして実績にして必ず辿り着いてみせようと思っているから。いつでもいいよ。このベルトに興味があるんだったららいつでも受けるぜ。エンセリオ、マ・ジ・で」
EVIL 「このベルトは当たり前の結果だ。いいか、こんなベルト、当たり前のように取れるんだ。そして俺らは〜このリングのいただきをエ〜ブリシング! ぶんどってやる。いいか? そして今年はこのEVILのエボリューション、進化を見せてやる。よ〜く聞いておけよ……。This is EVIL! Everything is EVIL! すべては……そしてすべてが〜ッ……EVILだ」
※SANADAはノーコメント

※小島、リコシェ、フィンレーはノーコメント
※YOSHI-HASHI、オスプレイ、邪道はノーコメント
※ファレ、裕二郎、ペイジはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ