戦国炎舞 -KIZNA- Presents WORLD TAG LEAGUE 2016

日時
2016年12月10日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
放送
バナーバナーバナー
観衆
3,352人

第6試合 30分1本勝負
「WORLD TAG LEAGUE 2016」スペシャル

MATCH REPORT

 NEVER無差別級王者・柴田が、高校時代からのライバルである後藤とタッグ対決。両者は12・5京都の『WORLD TAG』公式戦・柴田&永田vs後藤&石井でも対戦。柴田がPKで後藤を轟沈し、「中途半端に拍車がかかってるだけ」と痛烈批判した。

 柴田と後藤の先発で試合スタートとなり、両者へ向けたコールが起きる。そんな中、後藤はロープ際でクリーンブレイク。すると、柴田がヘッドロックで強力に絞り、そのまま後藤を赤コーナーへ連行。
 これでロビンソンが登場するも、後藤がカウンタータックルでなぎ倒す。しかし、ロビンソンはYOSHI-HASHI&後藤の合体攻撃を回避し、後藤にドロップキック、YOSHI-HASHIに顔面パンチ連射で逆襲。
 ロビンソンの攻撃は続き、串刺しラリアット、キャノンボール、コーナー最上段からのフライングボディアタックでYOSHI-HASHIに追撃。しかしYOSHI-HASHIは、スライディングでロビンソンの足を取って場外へ引き込む。
 たちまち場外戦になり、大ダメージを負ったロビンソンが完全に孤立。後藤がサッカーボールキック、YOSHI-HASHIが逆水平チョップ連射、串刺し逆水平チョップ、低空ドロップキックなどでいたぶり続ける。
 しかしロビンソンは、YOSHI-HASHIのネックバスターから逃れ、カウンターバックスピンキックで逆襲。ここから柴田対後藤となり、柴田が出合い頭にカウンターフロントハイキック。さらに、追走式串刺しフロントハイキック、串刺し低空ドロップキック、フロントネックチャンスリーと得意技を連発して行く。
 続いて柴田はコブラツイストを極め、ロープを掴んだ後藤の胸板を蹴る。それでも後藤がローキックを受け止めると、柴田はフロントハイキック2連発をお見舞い。
 しかし、後藤はヘッドショットで挽回し、GTRの体勢に入る。これを柴田が逃れてスリーパーホールドで絞め上げ、ロープへ走ってPKを狙う。だが、YOSHI-HASHIがカウンターラリアットで迎撃し、ロビンソンにもラリアットを見舞って場外へ追いやる。
 続いて後藤&YOSHI-HASHIはトレイン攻撃を仕掛けるが、柴田が回避して後藤へカウンター武者返し。そして、その体勢から袈裟固めを極めるが、YOSHI-HASHIがカットに入る。
 これで試合の流れが変わり、後藤がカウンター牛殺しで逆転に成功。そして、後藤が柴田を押さえつけると、YOSHI-HASHIが低空ダブルニーアタックで追撃。そこから後藤がGTRを炸裂させ、柴田を葬った。

 試合後、後藤はNEVERベルトを奪って高く掲げ、それを柴田の上に乗せて退場した。

COMMENT

後藤「柴田!タッグリーグの借りは、しっかり返させてもらったぜ。『CHAOSに入って楽しいか?』って。正直言うよ。今が、一番楽しい。もっと楽しませてくれよ。オイ、次は1対1だ。楽しませてくれよ」
YOSHI「タッグリーグ終わって、今日はオカダとじゃないけど、後藤さんもしっかり結果を残した。本隊のヤツらと、俺らが絶対違うのは、誰が組んでも、いつも以上の力が出せるよ。いいか?次のタッグリーグは、もちろん優勝するけど、シングルベルト、必ず獲ってやる」

柴田「(コメントブースにベルトを2本置き、その場に腰をおろし)あぁ、クッソ……アイツ(後藤)は何て言ってか?」
――「今が一番楽しい」と。
柴田「あぁ、そうか。そいつは何よりだよ」
――「次は1対1だ」ともおっしゃってましたが?
柴田「その意思表示は、しっかりリングの上で伝わってきました。やるなら、一つでしょ。やってやるよ。以上!」
ロビンソン「『WORLD TAG LEAGUE 2016』は厳しいものだった。だけど、この2016年は、俺のキャリアの中では最高の年だった。本当にそう実感してる。2015年、俺はNXTを離れて、このニュージャパン・プロレスリングにやって来た。そして、ニュージャパンで一番下のポジションから、1からスタートした。確かにハードワークの毎日だった。だけど、それを経験した分だけ、ニュージャパンへの愛着は次第に強まった。ニュージャパンでやってきたことは、俺のプライドでもある。それだけニュージャパンは、俺の育ててくれた。本当にすべてが、何かにつけて俺の支えになった。俺はこのニュージャパンで次第に情熱を燃やしていくようになった。そうやって2016年を過ごしてきたわけだ。さて、2017年だ。コーディ・ローデスよ。お前は『Dashing』だか『Prince of Darkmatter』だか『Nightmare』だか知らないが、俺にはそんなもの関係ない。CHOASであろうと、BULLLET CLUBであろうと、L・I・Jであろうと関係ない。俺がお前らを倒してやる。俺がお前らを片付けてやる。それが俺自身、やるべきことさ。俺がこのニュージャパンで生き残るには、そうするしかないんだ。俺はここで一番下から這い上がってきたんだ。そしてここまで来たこれで終わりじゃない。必ずやニュージャパンのトップに立ってやる。一番下からトップまでのし上がってやる。コーディ・ローデス、2017年1月4日、『WRESTLE KINGDOM 11』でジュース・ロビンソンがお前に挑戦する。闘おう。俺とお前は、“アメリカンドリーム”ダスティ・ローデス、そう、お前の親父の教えを受け継いだ者同士だ。そんな2人で、雌雄を決しようぜ」

  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
バディファイト
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
戦国炎舞
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
キングオブプロレスリング
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ