戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

日時
2017年1月4日(水)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
放送
バナーバナーバナー
観衆
26,192人

第7試合 60分1本勝負
IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

  • <第75代王者>

※初防衛に失敗。高橋ヒロムが新チャンピオンとなる。
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 TIME BOMBとして鮮烈な凱旋帰国を果たしたヒロムが、早くもIWGP Jr.王者KUSHIDAに挑戦。

 ヒロム→KUSHIDAの順で入場。KUSHIDAがいつものようにコーナーにのぼってファンの歓声を浴びていると、ヒロムがいきなりドロップキックで奇襲。
 これでKUSHIDAが場外へ転落すると、ヒロムはコーナー最上段へのぼる。ところが、KUSHIDAが素早くリングへ戻り、ハンドスプリング式ニールキックでヒロムを場外へ落とす。そして、コーナー最上段からトペコンヒーロを敢行。
 これでKUSHIDAペースとなり、変型ボディスラム、腕を狙った踏みつけ攻撃、アームホイップ、キーロック、エルボースタンプなどで攻め込む。しかし、ヒロムがKUSHIDAのスローイングを利用して場外へ脱出。さらに、ロープを利用したカナディアンデストロイヤーでKUSHIDAを場外マットへ叩きつける。
 これでKUSHIDAは完全に動きがストップし、ヒロムが容赦なく頭を踏みつける。だが、KUSHIDAはコンプリートショットでヒロムの頭部を青コーナーに激突させる。
 続いてKUSHIDAは、カウンターバックエルボー、アームホイップ、側転からの低空ドロップキック、ハンドスプリングエルボーでヒロムに追撃。そして、ホバーボードロックを狙うも、ヒロムが回避してジャーマンスープレックス。そのままクラッチを離さずに後方回転し、ジャーマンスープレックスホイップで追い討ちをかける。
 さらにヒロムは、コーナー最上段からヘッドシザースホイップを敢行。そして、コーナー最上段へのぼると、場外のKUSHIDAめがけてダイビングセントーンを敢行。
 リングへ戻り、ヒロムがコーナー最上段からダイビングダブルニーアタック。だが、KUSHIDAがオーバーヘッドキックで巻き返し、トップロープを利用したバク転キック。
 その後、ヒロムがまたもやロープを利用したカナディアンデストロイヤーを狙うが、KUSHIDAがロープとヒロムを前方宙返りで飛び越えて特設花道へ着地。それでもヒロムはエプロンからダイブするが、なんとKUSHIDAは飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで捕獲。
 これでヒロムは動けなくなり、KUSHIDAが腕にミドルキックを連発。さらに、張り手からヒロムの腕にローキックを浴びせると、ホバーボードロックで締めあげる。苦しくなったヒロムが何とかロープへ近づくと、KUSHIDAはポジションを入れ替えてさらに絞る。それをヒロムはTIME BOMBへ切り返そうとするが、KUSHIDAが抵抗して回転エビ固め。
 さらにKUSHIDAは腕を狙い、ヒロムが抵抗するとエルボーとフロントハイキックをお見舞い。そして、腕に絡みつくが、またもやヒロムが抵抗してエルボー&顔面パンチ。だが、KUSHIDAもすぐに顔面パンチを返し、ダブルダウンとなる。
 そこからKUSHIDAが突進すると、ヒロムがカウンターフロントスープレックスでコーナーへ叩きつける。そして、串刺しラリアットから雪崩式攻撃を仕掛けるも、KUSHIDAが抵抗して腕を取る。
 ところが、ヒロムがその体勢から雪崩式カナディアンデストロイヤーを炸裂させる。そして、KUSHIDAをファイヤーマンズキャリーで担いでコーナーに衝突させると、最後はTIME BOMBで勝利。初挑戦でIWGP Jr.王座を初戴冠した。

COMMENT

ヒロム「(※会見用のテーブルに上半身を突っ伏して話し始める)笑いが止まんねえよ。笑いが、笑いが止まんないよ。最高だよ。最高だよ。夢にまで、夢まで見た瞬間だよ。幸せだよ。俺はほんとに幸せ者だ。最高だよ。それ以外に、言葉がありますか? KUSHIDAさんに対してしゃべったらいいですか? 本当に、この3年半の間、新日本プロレスジュニアを支えてくれて、ありがとうございました。もう、あなたの好きなように、楽しんで、何も背負わずに、プロレスを、新日本プロレスを楽しんでください。俺からは、それ以上に、何も言葉はないよ。こっからだ、こっから始まるんだ。(※立ち上がりながら話す)俺はこのIWGPジュニアのベルトとともに(※ベルトを肩にかけ)、こっから一緒に旅をしていくよ。(※ベルトにキスをするような仕草を見せ)俺は、このベルトを獲るために、この新日本プロレスに入った。そして、ゴールデンプロレスで試合をすると追う夢を叶えるために、今、頑張ってきてる。このIWGPジュニアのベルトが俺の下にあれば、その夢だってすぐかもしれません。そのためには、もっと、新しい敵……そう、KUSHIDAより強い、新しい敵、ジュニアでもいい、もちろんヘビーだっていい、これから始まってるんだよ。一緒に、このベルトと一緒に、俺は始まってる。だからさ、もっといろんな選手、来てくれよ。俺の前に。もっと、もっと(※次第に声を大きくしながら)、もっと、もっと、もっと! もっと! もっと! もっと!! もっと~ッ!! 俺を楽しませてくれよ。なにか、質問ありますか?」
――凱旋後初シングルで、この東京ドームという舞台、雰囲気はいかがでしたか?
ヒロム「最高に決まってるでしょ。俺は、この東京ドームのリングに立ちたくてさ、頑張ってきてるんだよ。この東京ドームのリングでさ、IWGPジュニアの、プロレス界最高のベルトを懸けて、シングルマッチができた。こんなうれしいことはないですよ。ほかには?」
――…………。
ヒロム「これだけ記者の人がいるのに、たった1個の質問ですか?」
――ホバーボードロックを耐えられた要因は何ですか?
ヒロム「要因は何か? 面白い質問ですね。単純に、このベルトが欲しいからですよ。それ以外、何もないですよ。俺は、あれだけ大きいことを言って、あそこでギグアップするわけにはいかないでしょ。今日、俺がここで負けたら、何もかもが終わってた。だから、俺は、絶対にギブアップなんかしない」
――…………。
ヒロム「(質問は)終わりですか? 終わりなら帰りますよ。早く休みたいんで。これだけ記者の人がいるのに、寂しいですね。(※ベルトを肩に掛けて、インタビュースペースを後にしながら)もっと強くなった、質問してください」

※KUSHIDAはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
鉄拳7
鉄拳女子部
ララビット
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ