戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

日時
2017年1月4日(水)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
放送
バナーバナーバナー
観衆
26,192人

第10試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級選手権試合

  • <第65代王者>

  • <挑戦者/G1 CLIMAX 26優勝者>

※2度目の防衛に成功。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 昨年、外国人選手として史上初の『G1 CLIMAX』制覇を成し遂げたケニーが、東京ドームという大舞台でIWGPヘビー王者オカダに挑戦。

 ケニーは、映画「ターミネーター」を彷彿とさせるイメージ映像のあとに登場。一方のオカダは、宇宙空間から東京ドームが映し出されるイメージ映像を受けて入場。そこへレインメーカードルの雨が降り注いだ。

 試合開始直後、ケニーが腕を取って攻め込み、ヘッドロックで強烈に絞る。するとオカダはバックドロップを繰り出すが、ケニーはなおもヘッドロックを極める。
 ここでオカダが再びバックドロップに行くと、ケニーがバク宙で切り返し、カウンターバックエルボー。さらに、飛びつき回転エビ固めを繰り出す。これをオカダが上から押さえ込むと、ケニーが起き上がって逆さ押さえ込みで対抗。
 その後、ケニーがコーナーを利用して片翼の天使を狙うが、オカダが回避してレインメーカーに行く。だが、ケニーがかわしてレインメーカーポーズで挑発。
 ここでケニーが場外へエスケープすると、オカダが追走してカウンターフロントハイキックを食らわせる。そして、フライングメイヤー、低空ランニングフロントキックで追撃。
 さらにオカダが鉄柵攻撃で追い討ちするも、次のフロントハイキックをケニーがキャッチ。そして、ブレーンバスターの体勢に入るが、オカダ脱出して鉄柵を利用したDDTをお見舞い。
 ここでオカダがリング下からテーブルを持ち出すが、背後からケニーが急襲。しかし、オカダが鉄柵の外へ投げ捨て、鉄柵越えのフライングボディアタックを敢行。
 これでオカダのペースとなり、トップロープ越えのセントーンアトミコ、チンロック、スイングネックブリーカーなどで追撃。しかし、ケニーは素早くオカダの死角へ回り込み、超低空ドロップキックからコタローフェースクラッシャー。
 今度はケニーがペースを掴み、顔面踏みつけ攻撃、逆水平チョップ、背中へのエルボー、カウンターキチンシンクなどで攻め込む。そして、フランケンシュタイナーでオカダを場外に落とすと、ターミネーターポーズからノータッチトペコンヒーロをお見舞い。さらに、ボディスラムの要領でオカダの背中をエプロンの角へ叩きつける。
 リングへ戻り、ケニーがコーナー最上段からオカダの後頭部へミサイルキックを食らわせる。その後、ケニーがエルボースタンプ、ニーリフト連打などで追撃するも、オカダはヘビーレインで逆転。さらに、カウンターバックエルボー、串刺しジャンピングバックエルボー、DDT、低空ランニングエルボースマッシュ、フラップジャック、レッドインク、リバースネックブリーカーなどで一気に畳みかける。
 続いてオカダはダイビングエルボードロップを放つが、ケニーが両膝で防御。さらに、変型バックブリーカーでオカダを場外に落とし、ロープのあいだから低空ドロップキックを浴びせて鉄柵の外まで吹き飛ばす。そして、トップロープ上から鉄柵越えのラ・ケブラーダを敢行。
 これでオカダは完全に沈黙し、場外マット上でダウン。そこにケニーがテーブルを被せ、エプロンからダイビングフットスタンプを食らわせる。
 リングへ戻ったケニーは、パワーボム、ドクターボムで追撃。それでもオカダが粘ると、セコンドのマット&ニックが場外にテーブルを設置。そして、ケニーがエプロン上で技を仕掛けるも、レッドシューズ海野レフェリーが制止。
 するとケニーは、グラウンドで膝蹴りとハンマーブローを連発し、オカダをスローイングして赤コーナーへ叩きつける。そして、カミカゼ&ライオンサルトで追い討ち。
 しかし、オカダが次のドラゴンスープレックスを抵抗し、ケニーをコーナー最上段へ乗せてドロップキックで場外へ落とす。そして、テーブルが設置されている方面のエプロンでケニーを担ぐが、抵抗されてリング内へ着地。そこからケニーはスワンダイブ攻撃を繰り出すが、オカダが受け止める。
 するとケニーは、強烈な逆水平チョップを3連続で浴びせる。だが、オカダがフラップジャックで場外へ放り捨て、テーブルに激突させる。これでケニーの動きが鈍ると、オカダはミサイルキック、ダイビングエルボードロップで追撃。
 続いてオカダはレインメーカーに行くが、ケニーが抵抗してトップロープを掴む。それでもオカダはレインメーカーを仕掛けるが、再びケニーが抵抗して串刺しタックル。
 35分が経過し、ケニーがオカダに張り手を浴びせ、コーナー最上段へ乗せる。そして、オカダの抵抗を跳ね除けてコーナーへのぼり、雪崩式ドラゴンスープレックスホイップの荒技を敢行。それでもオカダがフォールを返すと、スタガリンブロー式バックブリーカーへ繋ぐ。
 続いてケニーはピストルサインからVトリガーを放つが、オカダが回避してジャーマンスープレックスホイップ。さらに、そのまま右手を掴んでレインメーカーを繰り出すが、ケニーが回避してVトリガー。だが、オカダもすぐさまカウンタードロップキックで挽回。
 次にオカダはレインメーカーに行くが、ケニーが腕にフロントキックを浴びせて阻止。さらに、ジャンピングニーアタック2連発からリバースフランケンシュタイナーでオカダの脳天をマットへ突き刺す。
 続いてケニーはピストルサインからからVトリガー。そして、片翼の天使を狙うも、オカダが前方宙返りで脱出してエルボースマッシュ。さらに、ツームストンパイルドライバーへ繋げ、レインメーカーからフォールに行くも、カウントは2。
 40分が経過し、オカダが強烈な低空ドロップキックで追撃。そこからパイルドライバーの体勢に入るも、ケニーが切り返して変型パイルドライバーで逆転。
 次に両者がエルボー合戦を繰り広げ、ケニーがいきなりドラゴンスープレックスホイップ。さらに、間髪入れずVトリガー2連発で追い討ちをかける。ここでケニーはまたも片翼の天使に行くが、オカダが抵抗して前方へ着地し、そのまま右腕を取って変型レインメーカー。
 さらにオカダが腕を握り続けると、ケニーはフロントハイキックと膝蹴りを連発して激しく抵抗。ところが、オカダがそのまま腕を離さずに変型レインメーカーをお見舞い。
 その直後、オカダは(正調)レインメーカーを仕掛けるが、ケニーがかわして反対にレインメーカーを放つ。これをオカダが回避すると、ケニーはドロップキックで動きを止め、レインメーカー式ニーアタックをヒットさせる。
 さらにケニーは片翼の天使を仕掛けるが、オカダが切り返して回転式ツームストンパイルドライバー。そして最後は、(正調)レインメーカーで死闘を制した。

COMMENT

──おめでとうございます。
オカダ「ありがとうございます」
──東京ドームのメイン、最高の舞台で最高の内容でIWGPを防衛しました。今の気持ちを聞かせてください。
オカダ「今、13年ぐらいですか? プロレスやってますけど、ホント死ぬかと思うような試合でした。まあそんぐらいケニー・オメガは強い相手でした」
──今も身体に痣が残ってますけど、試合時間も46分45秒、本当に苦しい闘いだったと思います。今回初シングルだったケニー・オメガ選手、改めてどんな選手でしたか?
オカダ「やっぱり試合前に言ったように、今までのBULLET CLUB、プリンス・デヴィットよりも、AJスタイルズよりも間違いなく強い、本当に新日本プロレスの今までの歴史で一番強い外国人選手。今の新日本プロレスの中で僕の次に強い選手だと思います」
──それだけリスペクトするオメガ選手との試合の中で、新日本を背負っていくんだという覚悟やプライドが見えた試合だったと思います。
オカダ「もちろん、それはケニーにもあったと思いますし、必ずこのベルトを取って、俺が新日本プロレスを動かしていくっていう思いもあったと思いますけど、その覚悟という意味では僕が上回ったんじゃないかなと。いないでしょう、新日本プロレスに他に。やられても勝つ選手、ケニー・オメガにあそこまでやられて勝つ選手、俺しかいないでしょう。俺しか背負えないでしょう」
──去年、選手がたくさん抜けた中で、今年の東京ドーム大会、いろんな予想があったと思いますが、去年よりも大きく盛り上がったと思います。その雰囲気についてはいかがですか?
オカダ「最初、本当にドームが終わって、新日本プロレスどうなるかなと思いましたけど、今年こんだけのお客さんが入って、あんだけ歓声を送ってくれて最高でした。べつにこれで僕が辞めるわけではないですし、しっかり新日本プロレスを大きくしていきますんでで、また来年は今年以上に、その次はドンドンドンドン盛り上げていけるように僕がします」
──新日本を背負う立場のオカダ選手だと思いますが、今後この新日本をどんな世界に連れてってくれるんでしょうか?
オカダ 「まあ、途中で発表があったように7月、新日本プロレスがアメリカにも行きますし、だからといって日本は手を抜くわけでもないですし、アメリカはアメリカで盛り上げて、海外もまた2017年もいろんなところに行くと思いますし、しっかり世界中に新日本プロレスを広めて、日本は日本で新日本プロレスという、プロレスという素晴らしいものがあるということを、オカダという素晴らしい選手がいるということを全国の皆さん、世界の皆さんに広めていきたいなと思います」
──今日の結果で新日本のベルトをCHAOSとロス・インゴベルナブレスの2つが分け合うカタチとなってますが、そのへんはどう感じられていますか?
オカダ 「ちょっと僕も試合に集中していたので、前の試合は申し訳ないんですけど観てなかったので、どういうベルトの移動があったのか把握できてないですけども、その2チームが新日本プロレスの中で勢いがあるチームなんじゃないかと思います。もちろんどっちが上かと言ったら、このベルトが上だと思いますから、もっともっとCHAOSにベルトを集めてですね、CHAOSが一番強いチームなんだなというのを見せていければいいかなと思います」
──今日の試合、30分を超えたあたりから、観客席で涙ぐむファンがかなり見えたんですね。こういう光景は最近新日本プロレスでなかったなと思うんですけど、結構雰囲気が変わったのかなと思ったんですけど、いかがですか?
オカダ 「どうなんですかね? 今日のオカダvsケニーがそういうお客さんの心に響く試合だったと思いますし、本当に感情移入して泣ける試合なんて腐るほどありますし、ドンドンドンドンそういう泣ける試合もそうですし、ハラハラドキドキワクワクした試合もあると思いますし、そういう試合を見せていけるのが新日本プロレスだと思いますんで、それがプロレスの魅力だと思いますんで、そういうのをドンドン見せていけたらと思います」
──試合後にケニー・オメガ選手を新日本の歴史上一番強い外国人選手だとおっしゃっていましたけど、どんなとろころが強いと感じましたか?
オカダ 「こんな47分も今まで試合したことないですもん。それは棚橋さんにしたってそう、内藤さんにしたってそう。したことないですし、今までの歴史の中で、新日本プロレスももうすぐ45周年ですけど、今が一番だと思ってますし、その中で僕とやっている選手、今回はケニー・オメガでしたけど、ここまで追い込まれてこんなにフラフラして帰ってくることは今までなかったですから、それは僕が認めます。もちろんファンの人も認めざるをえないような試合だったんじゃないかなと思います」
──首の傷はいつ?
オカダ 「わかんないですね(笑)。本当に僕も何をやられたのかもわかんないような状態ですから。見えないですからね。何がどうなっているのかもわからないですし。靴の跡ですか? ドロップキックですかね? なんか納得がいかないですね。僕のドロップキックで跡がつかないんじゃ」
──これまでオカダ選手に完璧なといいますか、ライバルらしいライバルがいなかったと思うんですけど、ケニー・オメガ選手はそういう存在になりそうですか?
オカダ 「それは僕がケニー・オメガはライバルだと言う必要はないと思いますし、それはもう見ている人が決めればいいと思いますし、もしかしてこの試合で明らかに新日本の歴史で、ここでオカダとケニーのライバルストーリーが始まったよねっていう一戦になるかもしれないですし、もしかしたらケニーががんばらなければおしまいになってしまうかもしれないんで。僕がおまえのことをライバルと認めてやるって、そんなことはないですね。強いっていうのは認めてやります」
 
ケニー「(※ヤングバックスに肩を借りて会見場へ。イスに座るなり、上半身をテーブルに着けてマイクを握る。ヤングバックスはオメガの後方に立ったまま)今日は負けてしまったけど、とても誇らしい思いでいっぱいだ。こんな気持ちが沸き上がってくるとは思ってなかった。時にはこういう苦い思いもしなくてはならない。でも、オカダ、お前をリスペクトしている。お前は日本で最高、いや、もしかしたら世界でも最高のプロレスラーかもしれない。だけど、もし再戦のチャンスがあるなら、次は絶対に負けない。絶対に倒してみせるとここに誓おう。負けたとは思っていない。ニュージャパンは俺に最高のチャンスをくれた。そして2016年は、最高の時間をもたらせてくれた。2017年の幕開けは、自分のキャリアの中でも最大の敗北から始まってしまったのはとても残念だが、その中でもヤングバックスは彼らの試合が終わってからも俺を後方支援してくれたことに感謝したい。ヤングバックスと俺こそが、このプロレス界を牽引していく存在になると思う。これ以上の質問はなしだ。これ以上のコメントもなし。グッバイ……そのあとは言わない。グッバイだけだ」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
バディファイト
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
鉄拳7
鉄拳女子部
ララビット
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ