Road to レスリングどんたく 2018

日時
2018年4月13日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,244人

MATCH REPORT

 新日本プロレス本隊による6人タッグマッチ。

 田口対タイガーで試合が始まり、まずは田口がグータッチを求める。これにタイガーが応じようとするが、田口は手を引っ込めてフェイントをかける。
 その直後、田口が再びグータッチを求めると、今度はタイガーが応じるフリをして手を引っ込める。そこから両者がロープワークで交錯し、タイガーのアームホイップに田口がジャンピングヒップアタックで報復。これでタイガーが場外に落ちると、田口はロープのあいだから尻を突き出すトペフェイントを披露。そして、タイガーがリングへ戻ったところでまたもやグータッチを求めるが、無視されてしまった。
 成田対海野の場面。エルボー合戦で押し込んだ成田が、ストンピング連射から踏みつけ攻撃。しかし、海野も負けじとエルボー連打、トーキック連打を浴びせ、踏みつけ攻撃をお返し。
 だが、成田は海野に追走式串刺しバックエルボーを食らわせ、カウンターバックエルボー、ボディスラムへ繋ぐ。ここで真壁の出番となり、海野の頭部へパンチ連打を浴びせる。そして、ボディスラムで投げ捨てると、替わった田口が串刺しヒップアタックを連発。
 海野もチョップ連打で反撃に出るが、田口はフライングメイヤーからヒップアタックを見舞う。そして、ロープ際でヒップドロップ2連発を食らわせると、エプロンからトップロープ越えのヒップドロップを繰り出す。ところが、海野が両膝でブロックし、カウンタードロップキックで逆転。
 永田対田口となり、永田がミドルキック2連発。しかし、3発目のキックを田口がキャッチし、敬礼からのヒップアタックを連発して行く。すると、永田はフェイントで田口の尻にローキックを食らわせるが、すぐに田口がカウンタージャンピングヒップアタックで挽回した。
 スイッチした真壁は、串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射で永田に追い討ち。だが、永田は次のノーザンライトスープレックスから逃れ、串刺しフロントハイキックで逆襲。
 続いて両者がエルボー合戦を繰り広げ、そこから永田がカウンターエクスプロイダー。だが、直後に真壁がパワースラムで報復した。
 真壁対タイガーとなり、タイガーがミドルキック3連射。そして、ロープへ走るも、真壁がカウンターバックブリーカーで叩きつける。ここで成田が猛烈にタッチを要求し、真壁が応じる。すると成田は、エルボー連打、串刺しジャンピングエルボー、カウンタードロップキックでタイガーに追撃。
 続いて成田は逆エビ固めを狙うが、タイガーがいち早くロープへ逃れる。すると成田は、タイガーの両脚をクロスしてレスリングのアンクルホールドでローリングさせ、そのまま固めようとする。そこへ永田がカットに入るも、真壁が両腕ラリアットで海野もろとも吹き飛ばす。
 そこから成田&田口がトレイン攻撃を仕掛けるが、タイガーが脱出し、田口のジャンピングヒップアタックをかわす。そして、成田にリバースダブルアームバーを極めるが、田口がカットへ入る。
 するとタイガーは、田口を場外へ投げ捨て、成田のドロップキックを回避。さらに、ローリングソバット、低空ローリングソバットで追撃すると、最後はタイガードライバーで成田を轟沈した。

COMMENT

タイガー「今日からどんたくのシリーズが始まって、ボクのカードは必ず若手が入ってたりするんですけど、海野もそうだけど、元気があるしね。やりがいがあります。まぁ、ボク自身もキャリアを積んできて、こういう選手とやるのも、非常につらい部分もあり、でも楽しい部分もあり。そして、少しでもいいから何かを学んでもらえればと思います。ボクは何度も言うけど、隣にいる永田さんが目標なんでね。永田さんの、常にこのコンディションを維持してるというところを目指そうかなと思ってます。ありがとうございます!(※永田と握手)」
海野「自分が勝たないと意味がない!そういう意味で、明日こそ必ず、永田さんから勝ちます!永田さん、明日はよろしくお願いします!(※隣の永田に頭を下げる)絶対、勝ちます!(※永田もうなずく)ありがとうございました!」
永田「何かすごく意識されちゃいましたね。シングルマッチ……こないだ、どっかで翔太とやった以上の強い当たりをほしいなと。本人もそういう気持ちがあるから、試合が終わって、リング上でボクをにらみつけてきたんでしょうし。『70歳まで現役やってやる』って、こないだ言いましたけど、そういうのを覆すような当たりがあると……ボクの目標とかそういうもの、潰せばいいじゃないですか。若い選手のその当たりの強さで。それならそれでいいでしょうし。ただ、簡単に潰れるものではないですよ。10年、20年、まだまだこの状態を、健在ぶりを見せつけますんで(※敬礼して去る)

真壁「あー!ダメだな。あれでよ、『タッチよこせ』っつったろ。まぁ、言うからにはもっと食い下がれ!俺、甘くねぇからな。『よくやった』なんて一言も言わねぇぞ。もっといかなきゃダメだ。この俺様からよ、『タッチよこせ』っつっただろ。言うんだったら、もっと見せろ。もっと、テメェが是が非でも勝つとこ見せろよ。納得できねぇな。まだまだだ。ただ、俺に対してよ、『タッチよこせ?』いい度胸してんじゃねぇかよ。それは認めてやる」
田口「このシリーズ明ければ、また『SUPER Jr』がやって来るということで。このシリーズでタグチジャパン、ベルトに挑戦するメンバーが何人もいますから、そのメンバーのアシストをしっかりして、タグチジャパンとして勢いをつけて、『SUPER Jr』に乗り込むと。そういうシリーズですね。1試合1試合、大切に頑張っていきます。頑張っていきたいと思います。グギグギ、ギガギガ」
※成田はヤングライオンに肩を借り、ノーコメントのまま控え室へ戻っていった。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
共闘ことばRPG コトダマン
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ