Road to レスリングどんたく 2018 ~安芸の国 戦国絵巻~

日時
2018年4月27日(金)   17:00開場 18:30開始
会場
広島・広島グリーンアリーナ・小アリーナ
放送
バナー
観衆
2,003人(札止め)

第7試合 60分1本勝負
スペシャルタッグマッチ

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

IWGPヘビー級選手権試合、IWGPジュニアヘビー級選手権試合・前哨戦。

KUSHIDAとオスプレイが先発で試合開始。
場内がKUSHIDAコールに包まれる中、両者ロックアップからロープ際、オスプレイはクリーンブレイク。
再び組み合うと、KUSHIDAはオスプレイのリストを絞り上げていく。
オスプレイはこれをフライング・メイヤーで何度も切り返そうとするが、KUSHIDAはこれも切り返し、オスプレイのリストを絞り上げる。
続けて、KUSHIDAはヘッドシザースでオスプレイの首を締め上げる。
だが、オスプレイもヘッドシザース・ホイップから跳ね起き、トラースキックでKUSHIDAを場外に蹴散らす。
続けて、オスプレイはサスケスペシャルのフェイントでリング中央に着地すると、リングに横になりKUSHIDAを挑発。
ここで両者は一度距離をとり、それぞれタッチをかわす。
棚橋対オカダの場面、ロックアップからロープ際、オカダはクリーンブレイクすると、棚橋はすぐさま太陽ブロー、エルボースマッシュを見舞っていく。
だが、オカダもエルボースマッシュの連打で応戦すると、レインメーカーを狙っていく。
棚橋はこれをかわすとスリング・ブレイドの体勢へ。
オカダもこれをかわすと、ストンピングからDDTで棚橋の脳天をリングに突き刺す。
直後に、オスプレイがKUSHIDAの足をとり場外戦を展開。
すると、オカダも棚橋を場外に転落させ、花道でツームストーン・パイルドライバーの体勢へ。
さすがに棚橋はこれを嫌い逃れるが、オカダは棚橋を鉄柵&客席の椅子に叩きつける。
そんな中、オスプレイはKUSHIDAとのエルボー合戦から、KUSHIDAの後頭部をホワイトボードに叩きつけた。
場外カウント17でなんとかリングに戻った棚橋を、オカダは上から見下ろし、余裕の表情。
オカダは棚橋を自軍に連れて戻ると、オスプレイとタッチ。
オスプレイは棚橋の腹部にストンピングの連打、フライング・メイヤーから低空ドロップキックを発射。
続けて、オスプレイはジェベで棚橋の腕を絞り上げると、オカダとタッチ。
オカダは棚橋にネックブリーカーを決めると、棚橋の胸板を右足で踏みつけレインメーカーポーズ。
オカダは棚橋の右腕を強烈にリングに叩きつけると、オスプレイとタッチ。
オスプレイは棚橋の右肘にエルボーを振り下すと、すぐさまオカダとタッチ。
オカダはエプロンサイドのKUSHIDAに突っかかる。
棚橋はオカダ&オスプレイに対し、エルボーの連打から顔面への張り手で反撃に出る。
続けて、棚橋はロープへ走るがオカダは棚橋を捕えると、そのままツームストーン・パイルドライバーで棚橋の頭部をリングに突き刺す。
直後にオスプレイは場外のKUSHIDAへサスケスペシャル式ケブラーダを敢行。
リング上では、オカダがコブラクラッチホールドで棚橋を締め上げる。
場内から棚橋コールが沸き上がる中、なんとかリングに戻ったKUSHIDAがドロップキックでカットへ入る。
さらに、KUSHIDAはオカダ&オスプレイにハンドスプリング式バックエルボーを的中させると、棚橋を鼓舞。
そして、棚橋からタッチを受けたKUSHIDAはオカダを踏み台にし、オスプレイへドロップキックを見舞うと、オカダの右腕にミドルキックの連打。
さらに、アームホイップから低空ドロップキックを決めると、KUSHIDAはコーナートップから場外のオスプレイにトペ・コンヒーロを敢行。
すぐさまリングに戻ったKUSHIDAは、スイング式DDTをオカダに決めると、腕ひしぎ十字固めの体勢へ。
オカダはロープへブレイクするが、KUSHIDAは攻撃の手を緩めず、アームブリーカーからカウンターのローリング・エルボーと畳かける。
だが、オカダもフラップジャックで応戦すると、オスプレイとタッチ。
オスプレイは串刺しのエルボースマッシュから、KUSHIDAの顔面に串刺し低空ドロップキックで叩き込む。
続けて、その場飛びシューティングスタープレスを決めるが、カウント2。
しかし、KUSHIDAもネックロックからオスプレイの顔面に膝を当てていくと、オスプレイの打撃もかわしオーバーヘッドキックを的中させる。
さらには、オスプレイのサマーソルトキックを受けながらもDDTを決めると、棚橋とタッチ。
棚橋はオカダのフロントハイキックを受け止めると、そのままドラゴン・スクリューを放つ。
そして、オスプレイにはツイスト・アンド・シャウトからスリング・ブレイドを連続で決めていくと、ドラゴン・スープレックスの体勢へ。
だが、ここはオカダがドロップキックでカットに入ると、オカダはKUSHIDAに対してもドロップキックを決める。
3選手がリングに倒れる中、リング中央でニヤリと不敵に笑い仁王立ちするオカダは、棚橋を場外に連れ出すと、そのまま棚橋へツームストーン・パイルドライバーを狙っていく。
しかし、棚橋はこれを逃れると、場外でオカダにスリング・ブレイドを敢行。
棚橋はすぐさまリングに戻るが、オスプレイは死角からのトラースキックで棚橋の顔面を打ち抜くと、コークスクリューキックからオスカッターを狙う。
ここは棚橋がこらえると、エプロンサイドからKUSHIDAがオスプレイの右腕にミサイルキックを発射。
さらに、KUSHIDAはオスプレイの右腕を蹴り上げると、ホバーボードロックで締め上げる。
最後はKUSHIDAがホバーボードロックを極めているオスプレイに、棚橋がハイフライフローを炸裂させ、オスプレイから3カウントを奪った。

COMMENT

KUSHIDA「今日は完全に、棚橋さんの日でしたね。ただ、いつの時代も、ジュニアヘビー級はヘビー級に負けるっていうことは、悔しいこと。ただ、オスプレイ、(3.6)『旗揚げ記念日』でIWGPヘビー級チャンピオンに負け、そして(今日)棚橋弘至に負け、あいつにIWGPジュニアヘビー級王座、いつまでも渡しておくわけにはいかない。その理由は今日、ひとつできました。ま、大田区、『旗揚げ記念日』、IWGP王者対決……同じことはしたくないんで、一丁、棚橋さん、お互い5.4福岡で勝って、IWGP王者対決、KUSHIDAvs棚橋弘至、お願いします。なかなかシリーズ、棚橋さんの調子が上がっていかない中で、今日、なんとか、せん越ながら、おこがましいかもしれないけれど、ケツ叩いて、これでまた、もう一丁、俺が楽しみにしてる5月3日、福岡、同じカード、もう1回組まれてるから。もっとスゲェものが見せれるし、俺自身、前哨戦が前哨戦でないつもりで、引き続き闘っていきます。ま、このタイトルマッチ、(王者から)指名されて決まった選手権(試合)ですけれども、モチベーションは過去最高。俺は必ず、階級の壁をブッ壊す!(※1度、インタビュースペースを離れるが、棚橋がバックステージに戻って来ると、一緒に入って来て)今日、オスプレイがイカれて、いつの時代も、僕としては、ジュニアヘビー級が、ヘビー級に負けるのは悔しい。ただ、オスプレイには後れを取ってるのは重々承知の上ですから。『旗揚げ記念日』、オスプレイはオカダ・カズチカとIWGP王者対決、実現した。棚橋さん、どうですか? 一丁、福岡、お互い(タイトルを)獲って、同じことはしたくないんで、棚橋弘至vsKUSHIDA、IWGP王者対決、お願いできますか?」
棚橋「よし! まず(ベルトを)獲らなあかんな」
KUSHIDA「そうですね。この、前哨戦が続いていくなかで、せん越ながら、おこがましいながら、棚橋さんの調子が上がっていかない中、しっかり今日、いいアシストができて、今日、棚橋さんにやられてしまったな、“棚橋デー”だったなと思うんです。もう1回、福岡、タイトルマッチ前日に、おんなじカード組まれてますんで、クオリティー上げて、凄い試合するつもりで、僕は前から行ってるように、前哨戦を前哨戦と思わず闘っていきたいと思います。僕は必ず、階級の壁をブッ壊します。棚橋さん、今日はありがとうございました(※と言うと、棚橋と握手を交わして先に控室へ)」
棚橋「(※自分に言い聞かせるように)よしッ。オカダにちゃんと言っとかないといけなかったね。俺は日々、進化してるから。昨日の俺を踏み台にして、今日の俺がいると。今日の俺を踏み台にして、明日の俺がいるから。この調子で、この調子でどんどん調子を上げていって。大丈夫。期待には、期待以上でこたえるから。オカダの期待にもこたえてやる。そして、久しぶりに(※腰に手を当てて)ベルトを巻くから」
 
オカダ「(※おぼつかない足取りでバックステージに戻って来る)効いたねぇ……効いた。場外スリングブレイド……。効いた(のは)、それだけだ。あとは別に……」
外道「オイ、いいか。オメェとよ、レインメーカーの間に、有利も不利もねぇんだ。答えは出てんだよ! オメェは、終わるんだ、この野郎!」
※オスプレイはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
共闘ことばRPG コトダマン
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ