Road to レスリングどんたく 2018

日時
2018年4月19日(木)   17:30開場 18:30開始
会場
大阪・大阪市中央体育館・サブアリーナ(丸善インテックアリーナ大阪)
観衆
1,289人(満員)

MATCH REPORT

 5.4福岡で行われるIWGPヘビー戦オカダvs棚橋、IWGP Jr.戦オスプレイvsKUSHIDA、4.27広島で行われるNEVER戦・後藤vsジュース、4.24後楽園で行われるIWGP US戦ジェイvsフィンレーの4重前哨戦。

 ジュースと後藤の対決で試合が始まり、後藤がヘッドロックで絞る。すると、ジュースがリープフロッグを繰り出し、アームホイップからショートレンジドロップキック。だが、後藤がアームホイップを切り返し、反対にジュースを投げ捨て、ショルダータックルを食らわせた。
 KUSHIDA対オスプレイの場面。KUSHIDAが腕を取ると、オスプレイは連続ヘッドスプリングで切り返す。だが、KUSHIDAはすぐさま再び腕を取る。
 その後、両者がロープワークで行き交い、KUSHIDAが側転から低空ドロップキックを発射。これをオスプレイがかわしてドロップキックを放つが、今度はKUSHIDAが回避し、今度こそ側転から低空ドロップキックを見舞う。
 しかし、オスプレイがヘッドシザースホイップでKUSHIDAを場外へ落とし、ハンドスプリング&バク宙でフェイントをかけた。
 フィンレー対ジェイの場面。棚橋の指示により、ジュース&フィンレー&KUSHIDAが連続トレイン攻撃を敢行。さらに、棚橋がブロックサインで指示を出し、フィンレーがコーナー2段目へのぼる。そして、棚橋&ジュース&KUSHIDAがジェイを押さえ、フィンレーがダイビングエルボースマッシュをお見舞い。
 続いてフィンレーはファイヤーマンズキャリーでジェイを担ぐ。だが、ここから逃れたジェイがラリアットを回避し、バックドロップで逆転。
 ここからCHAOSがフィンレーに波状攻撃を仕掛け、オカダ&岡がダブルエルボー、オスプレイが低空ドロップキック、後藤がエルボードロップ、オカダがセントーン、オスプレイがその場飛びムーンサルトプレス。そして、3人で両手を広げてポーズを決めるが、1人だけ加わらなかったジェイがオスプレイを押しのけ、フィンレーをフォールして行く。
 そのままCHAOSがフィンレーに集中攻撃を仕掛け、ジェイが変型バックブリーカー、オスプレイが低空ドロップキック、オカダがトップロープ越えのセントーンアトミコなどで攻め立てる。しかしフィンレーは、オカダの串刺し攻撃をカウンターフロントハイキックで迎撃し、バックドロップで逆襲。
 ようやく出番となった棚橋は、エルボー&太陽ブロー連射、カウンターフライングフォーアーム、カウンターバックエルボー、フライングボディアタックでオカダに追撃。さらに、フロントハイキックをキャッチし、ドラゴンスクリューを見舞う。
 棚橋の攻勢は続き、串刺しドロップキック、ボディスラム、ダイビングサンセットフリップ。しかしオカダは、カウンターランニングバックエルボーで逆襲し、串刺しバックエルボー、トーキック、DDTで追い討ち。
 続いてオカダはコーナー最上段へのぼるが、棚橋が立ち上がる。それでもオカダは棚橋を捕まえ、リバースネックブリーカーの体勢に入る。これを棚橋がネックツイストに切り返すが、オカダがカウンタードロップキックで報復した。
 ジュース対後藤の場面。エルボー合戦からジュースが顔面パンチ連射。その後、2人のラリアットが2連続で相打ちになり、そこからジュースがカウンタージャンピングラリアットを見舞う。
 次にジュースは、フライングボディアタックで後藤をなぎ倒し、フルネルソンで捕らえる。そこから後藤が逃れてブレーンバスターの体勢に入り、ジュースが脱出するとカウンター牛殺しを食らわせた。
 ここでジェイが登場し、控えのフィンレーに鉄柵攻撃を2連発でお見舞い。そして、ジュースには串刺しエルボースマッシュを浴びせ、カウンターコンプリートショット、ジャーマンスープレックスホールドへ繋ぐ。
 続いてジェイはブレードランナーを狙うが、フィンレーがカットへ入ってドロップキックを浴びせる。ここから混戦となり、オカダがフィンレーにフロントハイキック、棚橋がオカダにスリングブレイド、オスプレイが棚橋にスワンダイブフライングフォーアーム。
 その後、オスプレイがKUSHIDAにハイキックを見舞うが、KUSHIDAはオスプレイのバックスピンキックをかわす。そして、オーバーヘッドキックをヒットさせるが、オスプレイがサマーソルトキック→延髄斬りの連続攻撃をお見舞い。これでKUSHIDAが場外へ落ちると、サスケスペシャルで押し潰した。
 一方、リング上ではジェイがジュースにブレードランナーを仕掛けるが、フィンレーがパルプフリクションの体勢に切り返す。しかし、ジェイがさらに切り返し、チョークスラムでジュースを叩きつける。
 そこへフィンレーが乱入すると、ジェイがブレードランナーを仕掛ける。だが、フィンレーが抵抗してジェイを突き飛ばし、ジュースが顔面パンチをお見舞い。その直後、フィンレーがPrima Noctaでジェイに追撃し、最後はジュースがパルプフリクションで葬った。

COMMENT

棚橋「なかなかオカダに火がつかないね。でもさ、すっげぇ似てるんだよね、2012年の俺と。驕ってた棚橋のシチュエーションと、よく似てる。今のチャンピオンは試合もダントツで、コンディションも良くて、人気もあってね、全部持ってる。俺はその逆。これで勝てたら奇跡……俺、そうは思わないね。2012年の棚橋が負けたように、2018年のオカダが負けることだってある。5月4日までに、気づければいいけどね。1.4から5.4へ……」
ジュース「言えることが一つある。ヒローキ・ゴトーはインタビューで言ってた。『負けることはない』って。でも、俺はさっき、見せてやった。日本のファンはヒローキ・ゴトーがリングの中であろうと外であろうと、俺にやられることはないと思ってる。でも、どこであろうと負けることはあるし、いつだろうと負けることはある。そんなことないっていうなら、思い上がりだ。それは俺に対してリスペクトの気持ちがないっていうのと同じことだ。俺はお前をリスペクトしてる。それをお前に見せてやる。イヤでも見せられることになるぞ。俺に対してリスペクトの気持ちがないならな。4月27日、ヒロシマでの一騎打ちで起こることは事実なんだ。それはシカゴであれ、ナゴヤであれ、どこであろうと同じことさ。お前をブチのめしてやる」
フィンレー「今日起こったのと同じことが4月24日、デビッド・フィンレーにも起こる。そう、IWGPユナイテッドステーツ・チャンピオンシップでね。ジェイ、お前の身に起こるんだ。俺が勝って、そのベルトを奪い取って、リング中央に立って、新チャンピオンになった俺の手でベルトを高く掲げてやる」
KUSHIDA「これだけ前哨戦が続くと、どこまで行ってしまうんでしょうかね、私たちは? 自分たちでも恐ろしいぐらい、オスプレイvsKUSHIDA 2018年バージョンは進化を続けてる。この会場、この大阪には来月また帰ってきますんで。『(BEST OF THE)SUPER Jr.』で、この会場で。その時は、公式戦はメインで、さらに自分の腰にはIWGPジュニアのベルトが巻かれてるように、引き続き、前哨戦を前哨戦だとは思わず闘っていきます」
 
オスプレイ「またしても、CHAOSはつまずいてしまったようだ……」
オカダ「(今夜は)フォー(4人の)・チャンピオンズ(が組んだ)。フォー・チャンピオンズ……CHAOSのね」
オスプレイ「でも、負けてしまった。確かにチャンピオンが4人揃ったけど、負けてしまった。でも、もう負けないぞ。KUSHIDA、お前にはタイトルマッチが待っている。それは俺とのタイトルマッチだ。俺は、このチャンピオンベルトとともに、重責をこの肩に、そして背中に背負ってるんだ。なぜなら、俺はジュニアヘビー級のエースだからだ。KUSHIDA、お前は俺を負かせるだけの番狂わせを起こせるのか? それほど、お前のプロレスは進化しているのか? 俺はエアリアル・アサシン(天空の殺し屋)であり、スカイキング(空の王様)。そして、永遠のIWGPジュニアヘビー級チャンピオンだ」
後藤「勝った気になるのが少し早いんじゃないか? まぁでも、去年のあいつ(ジュース)とはやはり違うみたいだな。そうでなきゃ面白くないよ。広島、俺は逃げも隠れもしないから、せいぜい俺がビックリするような秘策でも考えて来いよ」
※ジェイはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
共闘ことばRPG コトダマン
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ