Road to レスリングどんたく 2018

日時
2018年4月14日(土)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,693人(札止め)

第7試合 時間無制限
スペシャルイリミネーションマッチ

デスペラード1人残りで、鈴木軍が勝利。
〇金丸(8分35秒 首固め)BUSHI×
〇内藤(9分13秒 ジャックナイフ式エビ固め)金丸×
△内藤(11分47秒 両者OTTR)鈴木×
〇SANADA(14分00秒 OTTR)スミス×
〇アーチャー(14分57秒 OTTR)SANADA×
〇アーチャー(17分01秒 OTTR)EVIL×
〇ヒロム(19分20秒 OTTR)アーチャー×
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 激しい抗争が続いているLOS INGOBERNABLES de JAPONと鈴木軍が、5vs5のイリミネーションマッチで激突。4.29熊本で行われるIWGP IC戦・鈴木vs内藤、IWGPタッグ戦EVIL&SANADAvsアーチャー&スミス、4.23後楽園で行われるIWGP Jr.タッグ戦・金丸&デスペラードvsBUSHI&ヒロムのトリプル前哨戦でもある。

 鈴木軍がゴングを待たずに奇襲を仕掛け、いきなり大乱闘で試合がスタート。
 そのまま内藤対鈴木となり、鈴木がジャンピングエルボーアタックをかわしてバックへ回る。しかし、内藤が振り解き、ランニングローキックを回避。直後に低空ドロップキックを放つが、今度は鈴木が身をかわした。
 そこから内藤がロープを利用してスイングDDTを仕掛けるが、鈴木が抵抗し、トップロープ越しに内藤を場外へ落とそうとする。だが、BUSHIが救出し、内藤は間一髪でリングへ生還。
 その後、内藤がスミスをスイングネックブリーカーで叩きつけ、SANADA、EVILも同じ技で続く。そして、EVILがセントーンで追撃するも、スミスはバックドロップで逆転。
 その直後、内藤と鈴木が激しい場外乱闘へ突入し、記者席を破壊。一方、リング上ではEVILが孤立し、スミスとアーチャーが痛めつける。
 劣勢の続いたEVILは、カウンターサイドバスターでデスペラードに逆襲。これでヒロム対金丸となり、ヒロムがカウンター低空ドロップキック、串刺しラリアット、低空ドロップキック。さらに、BUSHI&ヒロムが合体フェースバスターで金丸に追撃する。
 しかし、金丸がBUSHIの串刺し攻撃をかわし、直後にデスペラードがスピアーでなぎ倒す。そして、金丸のドロップキック&デスペラードのバックドロップという合体攻撃が火を噴く。
 すると、BUSHIは首固めで金丸を丸め込み、返された直後にブシロールを繰り出す。ところが、金丸が脱出して海野レフェリーを突き飛ばし、BUSHIの急所を蹴る。そして、首固めで押さえ込み、3カウントを強奪した。
 その直後、内藤がリングへ入ると、金丸がまたもや急所蹴りから首固めを繰り出す。これをSANADAがカットすると、金丸は串刺しラリアットで内藤に追撃。そして、ブレーンバスターの体勢に入るが、控えのヒロムが海野レフェリーの脚を引っ張る。その隙を突いて内藤が金丸の急所を蹴ると、即座にEVILが低空ラリアットをお見舞い。そして、内藤がジャックナイフ式エビ固めで3カウントを奪った。
 ここから内藤対鈴木となり、鈴木がヒールホールド。しかし、内藤がロープへ逃れ、カウンター両脚キックで鈴木の動きを止める。そして、雪崩式攻撃を狙うが、鈴木が抵抗してエプロンへ退避し、内藤を引き込む。
 これで両者がエプロンで対峙し、内藤が延髄斬り。そして、デスティーノに行くが、鈴木が抵抗してスリーパーホールドを極める。さらに鈴木はゴッチ式パイルドライバーを仕掛けるが、内藤が抵抗。すると、SANADAがリング内からドロップキックを食らわせ、転落しそうになった鈴木がトップロープを掴んで耐える。ところが、内藤が脚を取って場外へ引き込み、鈴木と同時失格になった。
 これでSANADA対スミスとなり、スミスがブレーンバスターで先制。さらに、リープフロッグを受け止め、パワースラムで叩きつける。
 その直後、鈴木が背後から内藤を急襲し、またもや場外で大乱闘を展開。そのままバックステージへ消えてしまう。
 一方、リング上ではスミスがスリーパーホールドでSANADAの体力を削り、串刺し攻撃に行く。しかし、SANADAがカウンターエルボーでスミスの突進を止め、ドラゴンスリーパーで捕獲。それをスミスが切り返してSANADAを担ぎ、オーバー・ザ・トップロープ(OTTR)を狙う。それでもSANADAはエプロンで踏み止まり、スミスのフロントハイキックをかわす。これでスミスがトップロープを跨ぐ格好になると、SANADAがエプロン上でドラゴンスクリューを繰り出し、スミスを場外へ転落させた。
 SANADA対アーチャーとなり、アーチャーがチョークスラムに行く。しかし、SANADAが脱出してショートレンジドロップキック2連発を食らわせ、低空ドロップキックで追撃。
 さらにSANADAはパラダイスロックを仕掛けるが、アーチャーが脱出。そして、真横からカウンタータックルを食らわせると、その勢いのままSANADAを場外へ落とした。
 直後にEVILが背後からアーチャーを襲撃し、OTTRを狙う。それでもアーチャーがリングへ戻ると、EVILは串刺しショートレンジラリアットを見舞う。
 しかしアーチャーは、次のブルドッキングヘッドロックから逃れ、ココナッツクラッシュで逆襲。だが、EVILがアーチャーの脚を取って海野レフェリーに持たせ、ボディにトラースキックを浴びせる。
 EVILの攻撃は続き、フィッシャーマンバスター。そして、ロープ際でラリアットを食らわせ、アーチャーを場外へ落とそうとする。しかし、アーチャーが脱出し、カウンタースクラップバスターで挽回。
 続いてアーチャーはチョークスラムに行くが、EVILが回避してEVILを仕掛ける。これをアーチャーが切り返してEVILをエプロンへ追い込み、突進して行く。だが、EVILがトップロープをずらして身をかわし、アーチャーはトップロープへ引っかかる。
 その直後、控えのヒロムがリング内からアーチャーを押し、エプロンへ追い込む。すると、EVILがエプロン上でEVILを仕掛けるが、アーチャーが抵抗してEVILを場外へ叩き落とした。
 ヒロム対アーチャーとなり、ヒロムがアーチャーの左脚へ低空ドロップキックを連発。そして、OTTRを仕掛けるが、巨体を持ち上げることができない。
 するとヒロムはロープへ走るが、アーチャーが座ったままカウンターラリアットをお見舞い。続いてアーチャーはネックハンギングを狙うが、ヒロムがヘッドシザースホイップに切り返す。
 これで2人はエプロンへ移動し、アーチャーがフロントハイキックを発射。だが、ヒロムが回避すると同時にリングへ戻り、アーチャーが跨いだトップロープを蹴って急所にダメージを与える。そして、ドロップキックで場外へ落とした。
 続いてヒロムとデスペラードの一騎討ちとなり、デスペラードがカウンタースパインバスター、変型リバースゴリースペシャルボム。そして、ピンチェ・ロコの体勢に入るが、ヒロムが脱出し、カウンターラリアット2連発で巻き返す。
 これでペースを掴んだヒロムは、トラースキック、ダイナマイトプランジャーでデスペラードに追撃。そして、TIME BOMBの体勢に入るが、デスペラードが脱出し、金丸が顔面にウィスキーを噴射。その直後、デスペラードがエル・エス・クレロで丸め込み、3カウントを強奪。1人残りで鈴木軍の勝利となった。

COMMENT

デスペラード「はい、残念でした〜。おいおい、あの威勢はどこ行ったよ? BUSHI、昨日言った通りだろう。100回に1回を昨日使ったからよ、ノブさんピンピンしてるよ」
金丸「おい、ロスインゴ、てめえらのハッピーエンドじゃ終わらねえからな。覚えとけ。ざまあみろ。今日来た客もそうだぞ」
※ここで解説を終えたタイチが通り掛かる。
タイチ「すげえよ、お前ら! 強えよ! こんなに強かったか、お前ら? ビビったよ」
デスペラード「任しとけ。ああやってタイチもヘビーに行っちまったからな。おい、鈴木軍のジュニアが薄くなったと思ってんだろ? ンハハハハ!」
金丸「いくらでも引き出しあるからな。(腕を叩きながら)ここが違うからよ、ここが。よく見とけよ」
デスペラード「さて、バカどもの教育はタイトルマッチだ。心してかかってこい。あとBUSHI、おまえ、シングルマッチも決まってたな。今日の感じでどう感じるかな? シングルマッチ楽しみだぜ。もちろんその前のタイトルマッチだってなあ……」
※鈴木&ランス&スミスはノーコメント
 
ヒロム「(床に這いつくばって)負ける、わけには、いかねえって、言ったよな? ハアハア。なあ? ジュニアのみんな……、とくにKUSHIDA、マーティー、いいコメント出してんな? 熱いの好きだぜ。俺、そういうの大好きだよ。鈴木軍……おもしろいな? おもしろいよ、23日の後楽園ホール、メインイベント。負けるわけにはいかねえ。その意味を、俺たちジュニアがメインイベント、この意味がわかるか? 
俺たちは、必ず、ジュニアを……テッペンに上げる。だからさあ、俺とBUSHIさんがテッペン獲るところ、おまえら観に来いよ。なあ? そしたら、叫べるぜ。こんな風に、もっと! もっと! もっと! もっと! もっと! もっと! もっと! みんなで! 楽しもうぜ。ってな……。ハハハハハ」
※内藤、SANADA、EVIL、BUSHIはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
共闘ことばRPG コトダマン
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ