STRONG STYLE EVOLVED

日時
2018年3月25日(日)   15:30開場 17:00開始
会場
アメリカ・WALTER PYRAMID
放送
バナーバナー
観衆
4,372人(札止め)

MATCH REPORT

 第4試合ではゲリラズ・オブ・デスティニー(タマ・トンガ&タンガ・ロア)とCody&マーティー・スカル組のBULLET CLUB対決が実現。BULLET CLUBが内紛で揺れる中、両チームはどんな戦いを見せるのか?
 入場時、Codyは妻のブランディを従えて入場。リングに上がり、Codyがアピールすると場内は大ブーイング。逆にスカルには大声援が送られる。Codyはやや不満げな表情。そして、リングインしたタマ&ロアには「G.O.D」コールが巻き起こる。 
 ゴング前、マイクを持ったCodyに大ブーイングが起こる。しかし、Codyがスカルにマイクを渡すと大歓声。だが、Codyはマイクを奪い取り、ふてぶてしく以下のアピール。
「BULLET CLUB is fine.大丈夫じゃないのは、この試合だ。こんな試合はしない。血が見たいヤツらは置いといて、ひとつ教えてやる。この試合は中止だ。なぜなら、俺たちは友達。タマ・トンガはBULLET CLUBの古参だ。G.O.Dは3回もIWGPヘビー級タッグチャンピオンになった本物のレスラーだ。彼らがまずBULLET CLUBをイケてるユニットにしてくれた。そして、スーパースターの俺様がBULLET CLUBを人気ユニットにした。(※ここでF●ck you Codyコールが起こると)え? チーム・Cody? そうだよな。じゃあ、タッグチームチャンピオンのタンガ・ロアにマイクを渡そう」
 マイクを受け取ったロアは以下のアピールを展開。
「この試合を見る人、世界中のファン、そしてBULLET CLUBをあざむくことはできないぞ。特に、BULLET CLUBのファミリーを裏切る事はできない。新日本が決めたのなら、この試合は行われる。そして、もし俺がどこかのチームに属しているなら、それはチーム・Codyじゃない!」
 
 すると、Codyがロアにキックを叩き込み、開始のゴング。タマはCodyにパンチを連発し、アームホイップ。そして、ロアがラリアットでCodyを場外に追放。ここでスカルも場外のCodyに何やら激しく抗議の姿勢を見せる。これに場内は大歓声。そして、スカルはG.O.Dにウルフパックのポーズを見せるが、G.O.Dはダブルのショルダータックル。
 リングに落ちたスカルがCodyとブランディに抱きつくと、Codyはなんとも言えない表情。場内は「G.O.D」コールに包まれる。リングに戻ったスカルはロアに握手の手を差し出す。しかし、ロアは応じず。すると、スカルはCodyとタッチ。
 ロアはロープを開けて、Codyにリングインを促す。Codyはリングに入るも、すぐにスカルとスイッチ。ロアはスカルのリストを取るが、スカルも独特な動きで取り返す。ロアは力尽くで持ち上げるが、スカルは反動を利用してグラウンドへ。ここで両者は一旦離れる。スカルは怪鳥ポーズ。
 ロアはパンチを叩き込むと、タマにスイッチ。タマはスカルにボディスラムからエルボードロップ。スカルもキックで応戦し、Codyとタッチ。Codyはタマの串刺し攻撃をかわしてコーナーに走るが、タマは追走して串刺しボディプレス。しかし、ロープワークの攻防の中で、ブランディがCodyの足を引っ張って場外にエスケープさせる。
 スカルはエプロンから場外のタマにトラースキック。そして、頬を指差してCodyにキスを促す。Codyがキスをすると、スカルはガッツポーズ。Codyはタマをリングに戻すと、リストを固めてスカルとスイッチ。
 スカルはタマのヒジ関節を固め、そこにストンピング。タッチしたCodyは滞空式ブレーンバスターのように担ぎ上げ、前に叩きつける。そして、腕立て伏せで余裕をアピールするが、タマはダウンした状態でCodyの顔面にパンチ。怒ったCodyはキックを見舞い、スカルにスイッチ。
 スカルはフェイントから、タマのヒザにトラースキック。そして、大見得を切って両腕を広げると、Codyがその腕にタッチして無理やりリングイン。すかさず場内からはブーイングが巻き起こる。Codyはクロスローズの体勢に入るも、タマがトンガンツイストで切り返す。
 タッチしたロアの胸板に、Codyは張り手を見舞うが、ロアはコスチュームを広げて「打ってこい」と余裕のアピール。そして、ラリアットの連発でCodyからダウンを奪い、変形のヒップトス。さらにスカルにはバックフリップ。
 ロアはCodyにバックドロップを仕掛けるが、着地したCodyはディザスターキック。そして、トップコーナーにのぼるも、タマがカットして雪崩式ブレーンバスター。続いてタマがトップコーナーに上るが、スカルが妨害して雪崩式ブレーンバスター。続いてスカルがトップコーナーにのぼるが、こちらもロアが雪崩式ブレーンバスター。
 ここでリングに一人残っているCodyが、場外への空中攻撃を仕掛けようとロープに走るも、ロアがすばやくリングに戻ってスピアー。しかし、フォールはスカルがカット。
 場外のタマがセカンドロープをまたいだところで、Codyがロープを蹴り上げて急所攻撃。そして、エプロンからスカルがキック、Codyがラリアットでタマにサンドイッチ攻撃。そこからCodyはコンプリートショット。
 さらにスカルはロアを担ぎ上げるが、ロアは着地して、スカルを突き飛ばす。だが、スカルはエプロンのCodyに激突寸前で立ち止まる。そのスカルにロアが殴りかかろうとするも、スカルはかわす。すかさずCodyはロアをフルネルソンで捕らえ、スカルがパンチを繰り出すが、これはCodyに誤爆。
 しかし、スカルもG.O.Dの誤爆を誘う。しかし、G.O.Dはうまく回避し、ロアがスカルをコーナーにスピアーのように叩きつける。続いてタマが串刺しボディプレスで追撃。ここでCodyがリングに入るも、タマはすばやい動きで翻弄してからドロップキック。そして、G.O.Dは合体攻撃を狙うが、切り抜けたCodyは、一瞬のスキをついてロアにクロスローズ。この一発で3カウントを奪い、Cody組が勝利を収めた。
 
 試合後、Codyとブランディは熱い口づけ。そして、Codyは筋肉ポーズで勝利を誇示。
 

COMMENT

Cody「マーティー来なかったな。マーティーはいない。でも、ブランディはいるぜ。さぁ、座って。(※ふたりで座り)俺の身体が変わったって?そうなんだ、よりいい身体になっただろう? マーティー・スカルは俺の親友かって? マーティーは、近しい友人ではある。でも、親友かどうかはわからないな。メインのヤングバックスvsゴールデン☆ラヴァーズは、どっちが勝つか?(※ふたりで机叩いて)絶対にヤングバックスが勝つ!!タマとタンガのタッグと試合するなんて、本来ならありえない。ノーマッチだ!でも、やるからにはやる。(※ブランディが『より良いチームが勝つの』とコメント)そう、より良いタッグが勝った。そういうことだ。セミではペイジが勝ったらみんなでお祝いしないとな。じゃあ、そろそろちゃんと質問に答えようかな」

――いま、BULLET CLUBはどうなっているのか?
Cody「俺がBULLET CLUBを修復する。BULLET CLUBは大丈夫だ。『Super Card of Honor』もあるし。こんな事になってしまって、お詫びをしたい。でも、いざこざがあるのはケニーと俺だ。大丈夫」
――BULLET CLUB is fineと言ってるが、ケニーとはこのあとまた元通りになるか?
Cody「ジム・ロスも言ってたが、そもそも俺はBULLET CLUBに入るべきじゃなかったのかもしれない。ユニットに入る事で学ぶことも多い。しかし、俺はカウボーイ、ロード・ウォーリアーだ。ユニットに入って落ち着く性分ではない」
――チーム・Codyコールはなかったですが。
Cody「俺はロングビーチと相性が良くないみたいだ。次に大会があっても呼ばないでほしい。ここで試合をするのは心地悪い」
※スカルはノーコメント

タンガ「俺たちは負けた。これ以上何を言わせるんだ。Codyはクソッタレだ!」
タマ「『俺たちは友達だ』みたいなことを言ってたけど、お前は何様だ。いきなりBULLET CLUBに入って、自分中心に指図しまくって、お前なんか不必要だ。自分が俺のことを全てわかったような口をきくのはもうやめろ。リーダーだと思ってんなら、一人でやっておけ。でも、もといた場所でも自分が不必要だと分かったから、ここに来たんだろ。ただ、新しく来たこのBULLET CLUBでもお前は不要な存在だ」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
共闘ことばRPG コトダマン
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ