NEW JAPAN CUP 2018

日時
2018年3月14日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
静岡・ふじさんめっせ
放送
バナー
観衆
1,290人(満員)

第7試合 時間無制限1本勝負
「NEW JAPAN CUP 2018」2回戦

※ジュースが準決勝戦へ進出
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 第7試合は同じく『NJC』トーナメント二回戦、マイケル・エルガンとジュース・ロビンソンによる一騎討ち。
 
 開始のゴングが鳴ると、両者は拳を合わせて健闘を誓い合う。そして、リストの取り合いから、ジュースがグラウンドに持ち込む。スタンドに戻ると、エルガンが巻投げを繰り出し、一旦二人は距離を取る。
 続いてジュースがエルガンをヘッドロックに捕らえると、そこからショルダータックル合戦へ。ジュースはエルガンにカウンターのドロップキックを見舞うが、エルガンはショルダータックルでダウンを奪う。
 続いてエルガンはブレーンバスターで抱え上げるも、ジュースはバックに着地してバックドロップ。しかし、串刺しラリアットはエルガンにかわされる。エルガンはジュースをセカンドロープに固定し、後頭部に延髄斬り。そして、エプロンサイドに移動すると、トップロープ越しにジュースの頭を捕らえて変形のネックブリーカー。
 続いてエルガンはブレーンバスターで弧を描くと、さらに気合とともにエルボーアタック。そしてエルガンはナックルを叩き込んでジュースをコーナーまで後退させると、逆水平チョップで快音を響かせる。
 次のロープを使った展開では、ジュースの動きを読んだエルガンがリフトアップを狙う。しかし、ジュースは切り抜けて左ナックルを連発。そして、逆水平チョップをたたみ込むが、エルガンもボディスラムで反撃。そこからエルガンはトップロープ越しのダイビングボディプレスを狙うも、ジュースは寸前でかわす。
 逆にジュースがトップロープ越しの攻撃を仕掛けるが、エルガンは場外へエスケープ。すると、ジュースはプランチャをヒット。リングに戻ると、ジュースはエルガンを肩車して、そのまま前方にどどんのように落とす。
 さらにジュースはエルガンを両肩に担ぎ上げるが、エルガンはバックに着地。そこからバックの取り合いとなり、エルガンがスキをついてエルボー。さらに二発エルボーを叩き込み、ラリアットを狙う。だが、ジュースはエルガンの腕を叩き落とし、強烈なフロントキック。
 そしてジュースはロープに走るも、エルガンはリフトアップ。しかし、ジュースはうまく着地して、プリンスズスロウンを炸裂。ジュースはパワーボムの体勢に入るが、エルガンは切り返してハーフネルソンへ。ジュースが切り抜けると、エルガンは肩に担ぎ上げてコーナーめがけてデスバレーボム。
 エルガンはジュースをトップコーナーに設置して雪崩式ブレーンバスター。気合を入れたエルガンはパワーボムの体勢に入るも、ジュースはこらえる。すると、エルガンはヒジのサポーターを外してエルボー。ダウンしたジュースを起き上がらせると、もう一度パワーボムを狙うが、ジュースは腰を落としてディフェンス。しかし、エルガンは組手を変えてタイガードライバーへ。ジュースはカウント2でキックアウト。
 エルガンはトップコーナーから身体を斜めに回転させながらサンセットフリップを放つが、ジュースは間一髪で回避。ならばとエルガンは雄叫びを上げながらラリアットへ。だが、かわしたジュースはスピンキック。それを受け止めたエルガンは、力づくでパワーボム。
 ここでエルガンは豪快な串刺しラリアット。しかし、ジュースもお返しの串刺しラリアット。続いてラリアットの相討ちを二度繰り返し、エルガンがトラースキック。そしてエルガンは投げっぱなしジャーマンを決め、意地でラリアットを叩き込もうとするも、ジュースがカウンターの左のラリアット。
 ジュースはエルガンにハイアングルのパワーボム。そして、場内に手拍子を煽ってパルプフリクションを狙うが、エルガンは逆さ押さえ込みの要領で切り返し、肩口に持ち上げて旋回式のスクラップバスター。しかし、ジュースはフォールをカウント2でキックアウト。
 エルガンはパワーボムの体勢に入るも、ジュースは切り抜けて、ナックルをヒット。そして、もう一度パルプフリクションへ。だが、こらえたエルガンはハーフネルソンスープレックスを見舞い、危険な角度でジュースを落とす。
 ジュースも必死にパンチを見舞うも、かわしたエルガンは後頭部にショートレンジのラリアット。そして、ついにラリアットを炸裂。続いてコーナーにジュースをパワーボムで叩きつけ、エルガンボムの体勢に入るが、スルリと脱出したジュースは首固めへ。これで3カウントが入り、ジュースが一瞬の返し技で逆転勝利。3.16後楽園での準決勝進出を決めた。
 
 試合後、エルガンはジュースの右手を挙げて勝利をたたえる。すると、ジュースはエルガンに抱きつき、両者は熱い抱擁。

COMMENT

ジュース「やったぜ。オレが次へ進んだんだ。だけど、新聞や雑誌は『ジュースはラッキーだった』って報じるんだろうな。『G1(CLIMAX)』でケニー・オメガに勝った時もラッキーだったって(報じられた)。パルプフリクションを決められなかったからな。でも、いい。そんなことはわかってる。今回、3月9日のコーラクエンで“ビッグ・マイク”マイケル・エルガンはイシイに勝った。とんでもない技でな。トップロープの上から相手を放り投げる荒技でな。あれを見たから、オレも警戒した。まあ、エルガンが怪力の持ち主だっていうのはわかってる。だけどな、オレだって、彼に負けないだけの腕回りなんだぜ。まあ、あんな技を食らっては、オレもダメだろうけどな。だから、どんな形でもいいから勝つことをだけを考えてた。まともに力で勝負しても叶わないからな。うまく“ビッグ・マイク”をスモールパッケージで丸め込めたよ。その瞬間、あいつは何が起こったのかわからなかったんじゃないか? これがプロレスっていうものさ。オレは子供のころからプロレスを見てきたんだ。いろんな決着をね。それが求められてない勝ち方だろうとも、勝ちは勝ちだ。さあ次は、この試合の勝者と闘うんだよな。ファレはニュージャパンで一番大きな男だ。だけど、ヒロシ・タナハシがミスを犯さなければ勝ち上がって来ると思う。たとえ捕まえられて、高いところから叩き落されようともね。彼は上腕とヒザにケガを負って万全じゃないけど、彼は20年間、リングの中であっても、外であっても、それ以外のいろんな場所であっても、決して弱音を吐かずに立ち上がってきた。だからこそ“エース”という称号が得られたんだ。ただ人気があるとか、Tシャツの売れ行きがいいとか、それだけじゃ“エース”とは呼ばれない。“エース”と呼ばれるには、男の中の男でないとね。それはケニー・オメガ、オカダからは感じられない部分だ。彼は1998年からこのリングに立っているんだ。ジュース・ロビンソンは1998年、何をしてたかって? まだ9歳だった。この業界に入ることになるなんて、思ってもみなかったよ。“エース”とはどういうものかをそばでずっと見てきた。そばにいるだけで、伝わってきた。それはオレにないものだった。ケニー・オメガと闘っても感じられなかった。もてはやされてるけど、ケニー・オメガはそれだけの存在さ。だけど、ヒロシ・タナハシは友達であるし、オレにとってとても重要な存在。タナハシとの闘いを通じて、オレはどうすれば“エース”になれるのか、世界最高のレスラーというものはどういうものかを見つけ出すだろう。この15年間で、オレはやっと“ビッグ・マイク”を倒した。スモールパッケージだけどな。それがスクールボーイであっても、それ以外の丸め込みであっても、1対1で勝った事実は変わらない。次はタナハシだ。そう簡単には勝てないよ。いや、何が起こるかわからないぜ。それだけは約束しておこう。この『NEW JAPAN CUP』は『G1』に比べると期間も短いし、簡単に優勝できると思われてるかもしれないが、そうじゃない。オレはここから『G1』にたどり着いた。明日は次に闘うタナハシ、そして今日闘ったエルガンと組んでオカダたちCHAOSと闘う。タナハシの援護射撃をすることになるかどうかはわからない。それは成り行き次第だ。もし、この次の試合でバッドラック・ファレが勝ったなら、『WRESTLE MANIA III』(※1987年WWF=現WWE)でハルク・ホーガンがアンドレ・ザ・ジャイアントにそうしたように、ファレをボディスラムで叩きつけてやる。トンガの巨人をな……」
 
エルガン「(※少しうなだれたような表情で)ああ、やってしまった……。俺がこの『NEW JAPAN CUP』を制すると決めていたのに……。だけど、ここで負けたからといって投げ出さない。ギブアップなんかしない。まだまだこれから、何があるかわからないからな。逃げ出すことはしない。ジュース、今夜はお前の勝ちだ。明日は、今日のことを引きずらずに組むから。オレは先に進めなかった。足踏みしてしまった。準決勝にコマを進めたのはお前だ。それに文句を言うつもりはない。なぜならジュース、オレはお前をリスペクトしてるし、お前のことが気に入ってる。それに、オレを倒したんだから、優勝してくれよ。オレはそれを願っているよ」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ