HONOR RISING:JAPAN 2018

日時
2018年2月23日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,700人(満員)

MATCH REPORT

 新日本プロレス本隊のジュース&フィンレーが、BULLET CLUBのマット&ニックとタッグマッチで対決。マット&ニックは1・28札幌でケニーと仲違いを起こし、その後の動向が注目されている。

 フィンレー対ニックで試合が始まり、ニックのカウンタードロップキックが命中。そこからマット&ニックが流れるような連携攻撃でジュース&フィンレーを圧倒する。
 そのままマット&ニックがフィンレーに集中攻撃を仕掛け、合体アームホイップからダブル低空ドロップキックをお見舞い。その後、ニックがスワンダイブ攻撃を繰り出すが、フィンレーが受け止めてマンハッタンドロップへ切り返す。そして、マットにカウンタージャンピングエルボーを浴びせ、ようやく赤コーナーへ戻る。
 ようやく出番となったジュースは、マットにバックスピンキックを食らわせ、マットとニックをフロントスープレックスで投げ捨てる。そこからジュースがマットを再びフロントスープレックスで投げると、ニックがスワンダイブ攻撃を繰り出す。だが、ジュースが受け止め、またもやフロントスープレックスで叩きつける。そして、なぜか服部レフェリーも投げようとするが、これは未遂に終わる。
 するとジュースは、ニックとマットに串刺しラリアット、キャノンボールを相次いで見舞う。ここからマットが孤立する展開となり、フィンレーがエルボー、エルボースマッシュ連打、串刺しエルボースマッシュ、ジュースがブレーンバスター、フィンレーがストンピング連射などで攻め立てる。
 しかしマットは、フィンレーを場外へ落とし、ジュースのハンマースルーを逆利用してドロップキックをお見舞い。そして、ジュースが仕掛けたバックドロップを回避し、ようやくニックと替わる。
 そのニックは、フィンレーにブルドッキングヘッドロックを仕掛け、同時にランニングネックブリーカードロップでジュースを叩きつける。これで2人が場外へ落ちると、ニックは三角飛びトペコンヒーロで同時に追撃。
 その後、ニックがジュースにシャープシューターを極めると、マットもフィンレーをシャープシューターで捕獲。それでもジュースはロープへ逃れ、フルネルソンバスターで逆転に成功。
 フィンレー対ニックとなり、フィンレーがバックドロップで先制。しかし、ニック&マットが延髄斬り&串刺しラリアット、延髄斬り&串刺し低空ドロップキックの連続弾をお見舞い。
 続いてニック&マットはインディーテイカーを狙うが、フィンレーが脱出し、ニックのトラースキックをマットへ誤爆させる。そして、ニックがカウンタートラースキックでフィンレーを場外へ落とし、ロープへ走る。だが、ジュースがリングへ飛び込んでバックスピンキックをお見舞い。
 さらにジュースはマットにもバックスピンキックを浴びせ、2人へ顔面パンチを連発。そして、ニックのトラースキックをマットへ誤爆させると、再び2人へ顔面パンチを連発して行く。だが、ニック&マットはダブルトラースキックで逆転。
 ここでフィンレーはコーナー最上段へのぼるが、ニックが転落させ、マットがスピアー、ニックが低空ランニングニーアタック。その直後、ニックがエプロンから場外のジュースにランニングローキックを食らわせ、最後は合体技メルツァードライバーが炸裂。フィンレーが3カウントを獲られた。

 試合後、客席から「ヤングバックス」コールが起こり、マット&ニックがそろってポーズを決めた。

COMMENT

ニック「俺たち、世界最高のタッグチームにとっては、また1日が終わったか……という、そんな気持ちだ。俺たちのスケジュールがどうなってるか知ってるか!?(報道陣が)黙ってるってことは、知らねぇってことか。なら教えてやろう。俺たちはオーストラリアに1週間いた。そして18時間だけ自宅に戻って、ワイフと愛し合って、子供たちにプレゼントをあげてまた飛行機に乗り、昨日の夜に日本に着いたんだ。これだけのスケジュールをこなす中で、今日もフィンレーとジュースのタッグに勝つことができた」
※マーティー・スカルが近寄ってきてマットとハイタッチ。
マーティー「いい試合だったぜ!(※と、自分の髪を見せながら)色、変えたんだぜ。BULLET CLUBの色だ」
※ヤングバックスも言葉を返し、少し雑談。マーティはまた控室へ。
マット「さっきニックが言ったように、俺たちは世界最高峰レベルのプロレスラーだ。しかも、この10年どころか、14年近くも君臨して、世界中を旅している。ケガもすることなく、健康な状態で旅をして、俺たちは“スーパー・キック・パーティー”というブランドとなって素晴らしいストーリーを作り上げた。でも、まだこれは俺たちのキャリアの始まりでしかない。だからこそ、みんなには俺たちを崇拝してほしい。俺たちの存在に感謝するべきだ」

ジュース「ヤングバックス、アイツらもうヘビー級なんじゃないか。アイツらはもうヘビー級だろ? 全然ジュニアじゃない。ルール上はジュニアヘビー級かもしれないが、ヘビー級なんじゃないか。ヤングバックス、お前らとはもっと闘ってやる。俺とフィンレーは“ブラザース”だ。相性もいい。化学反応もある。兄弟のようなもんだ。俺たちにもっとチャンスを与えろ」
フィンレー「ヤングバックス、たしかにベストチームだ。ジュニアタッグ部門で何度もタイトルを獲っている。今日の俺たちは足りなかった。だが、俺たちは“フィン・ジュース”だ。フィンレーとジュース・ロビンソンで、“フィン・ジュース”なんだ。もっと組めばもっと良くなる。ヤングバックス、もっとお前らと闘ってやる。いまに見てろ」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
共闘ことばRPG コトダマン
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ