NEW YEAR DASH !!

日時
2018年1月5日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,737人(札止め)

MATCH REPORT

 飯伏&ジュース&フィンレー&KUSHIDA&田口が、BULLET CLUBのCody&裕二郎&オーエンズ&スカル&レオと対戦。前日の東京ドーム大会では、KUSHIDA、オスプレイ、スカル、ヒロムがIWGP Jr.戦4WAYマッチを敢行。スカルがオスプレイのオスカッターで敗れ、王座を明け渡した。

 BULLET CLUBのセコンドとして、ブランディ・ローデスも一緒に現れる。一方、タグチジャパン監督の田口は、サッカーボールを持参して入場。
 そんな中、飯伏組は円陣を組み、「絶対勝つぞ!!」「オーー!!」の掛け声で気合を入れる。

 試合はジュースとレオの先発で始まり、ジュースが顔面パンチ連射からヘッドロック。その後、レオはフライングボディアタックを受け止めるが、ジュースが脱出して顔面パンチ連射。さらに、ショートレンジドロップキック、フライングラリアットで追い討ちをかけた。
 続いて田口が登場し、ジュースと共にダブルジャンピングヒップアタック。だが、レオが田口の突進を受け止め、青コーナーへ叩きつける。
 これで田口対オーエンズとなり、オーエンズがヒップアタック連射。しかし、田口がカウンタージャンピングヒップアタックで報復し、ヒップアタック連射をお返し。
 ここから飯伏組がオーエンズを捕らえ、ジュース、フィンレー、KUSHIDAがヒップアタックをお見舞い。そして、飯伏もヒップアタックで続き、場内が大歓声に包まれる。
 さらに飯伏組は5人同時でオーエンズにドロップキックをお見舞い。そして、裕二郎にも同時ドロップキックを繰り出すが、かわされて全員が自爆してしまう。
 たちまち激しい場外乱闘が巻き起こり、大ダメージを負った田口が孤立。そのままBULLET CLUBの標的になってしまう。しかし田口は、裕二郎&スカルの合体攻撃から逃れ、ドロップキックで逆転に成功。
 ここでタッチを受けたKUSHIDAは、スカルをアームホイップで投げ、側転から低空ドロップキックを食らわせる。そして、レオにハンドスプリングエルボーを見舞うと、トップロープをずらして場外へ追いやる。
 続いてKUSHIDAはスカルにリバースインディアンデスロックを極め、その体勢のままオーエンズをブレーンバスターで投げ捨てる。そこからKUSHIDAは鎌固めを繰り出すが、スカルが指を噛んで脱出。
 その後、スカルがKUSHIDAのマサヒロ・タナカをブロックし、指折り攻撃をお見舞い。だが、KUSHIDAは負けずにオーバーヘッドキックを見舞った。
 飯伏対Codyの場面。飯伏が打撃コンビネーションからカウンターミドルキック。しかし、次のその場飛びムーンサルトプレスをCodyが両膝でブロックし、素早く飯伏を丸め込む。
 続いてCodyはディザスターキックを繰り出すが、飯伏が回避してハイキック。そして、その場飛びシューティングスタープレスでCodyを押し潰した。
 フィンレー対Codyの場面。フィンレーがエルボーエルボースマッシュからコーナー最上段に座るが、オーエンズが引き落とす。その直後、BULLET CLUBがフィンレーにトレイン攻撃を敢行し、レオがスカルを背負って串刺しボディアタック。そして、オーエンズがカウンターフロントハイキック、Codyがディザスターキックをお見舞い。
 そこへ飯伏たちが入り、裕二郎たちを場外へ落とす。そして、一斉にプランチャを繰り出すも、ことごとくかわされてしまう。一方、Codyはクロスローズを仕掛けるが、フィンレーが脱出してバックブリーカーで逆襲。
 ところが、ブランディがエプロンへ上がり、フィンレーと衝突寸前になる。これでフィンレーの動きが止まると、Codyが背後から襲い掛かり、アメリカンナイトメアで屈服させた。

COMMENT

※先にマーティーとCodyが戻ってくる。
マーティー「『WRESTLE KINGDOM』はいいショーだったよな。いいファイトウィークだ」
Cody「あ!? オマエは何だ!? オマエは主役なのか!? スーパースターか!? いつからそんなに偉くなった!?」
マーティー「オイ、どうしたんだよ!」
Cody「試合中だってそうだ! 1人で勝手にやりやがって! BULLET CLUBのリーダーは誰なんだ!?」
マーティー「リーダーとかどうだっていいじゃねぇか! オマエはアメリカン・ナイトメアなんだろ!?」
Cody「じゃぁオマエ、1人で勝手にしゃべってろ! 俺はもう知らねぇ!(※1人で去る)」
マーティー「Cody!Cody!戻ってきてくれよ!(※Codyの後を追う)」
※裕二郎、チェーズ、レオはノーコメント

※ケニーが肩を借りてインタビュースペースに現れ、ベンチに座り込む。
ケニー「(※自嘲気味に笑いながら)まったく、思ってもみなかったよ。『誰でもBULLET CLUBのメンバーになりたいんだ』とばかり思ってたよ。まったく馬鹿げた気分だ。そうか、BULLET CLUBのメンバーになるより、俺のベルトが欲しいのか。昨日、タナハシに負けたばかりだっていうのに、今度は俺のベルトを獲ろうとはいい度胸だよ。俺はトーキョードームのメインを張る男、“ベストバウト・マシーン”だ。俺の相手ができるとでも思ってるのか!? まぁ、いまのところチャレンジャー候補もいないしな。俺のベルトが欲しければ、俺がどこにいるか、オマエは分かってるはずだよな」

ジェイ「(※不敵な笑みを浮かべながら)ケニーよ、なぁケニー、どんな気分だ? お前には、ほかにヤングボーイを2人従えた方がお似合いさ。お前はこれまで運が良かったんだ。BULLET CLUBに加入した。THE ELITEという仲間がいる。ほかにIWGP USチャンピオンになれたこともな。で、さらに『俺に力を貸してほしい』っていうのか? 俺は俺のやり方でやる。お前は俺の力を借りないとできないんだろ? 俺の力を必要とは考えないでくれ。俺はこのニュージャパンを変えるべく、ようやく歩み始めたところなんだ。お前にとって去年は特別だっただけさ。ニュージャパンがUSAに出て行くのとタイミングが合っただけ。お前が『世界を変えよう』と考えたのとな。悪いけどな、BULLET CLUBに入って、お前の下でやられ役になんかさせられてたまるか。俺は去年、何も残せなかった。だけど、これから俺の後ろにいろんなものを残していくんだ。すべてのものを奪い取ってやる。すべての栄光をこの手でつかみ取ってやる。昨夜はタナハシに負けてしまった。だけど、ほぼ互角だった。いや、互角じゃなく、俺の方が上をいってる。その時が来れば、スイッチブレードが光を放つ。ケニー・オメガ、やるって言うならやってやる! 俺は邪魔するものすべてを払いのけていく!スイッチブレードはすべてのものを切り裂いていく……」

田口「去年の1.5に勝ったことで“タグチジャパン”が生まれました。今日はタグチジャパンアニバーサリー」
フィンレー「今夜が? そうだったっけ? おめでとう!」
ジュース「そうだったね。おめでとう!」
田口「次のNEVER無差別級6人タッグ選手権試合、ジュース、フィンレー、田口でいいじゃないですか」
フィンレー「それはいいね。このタグチジャパンがベストチームだ」
田口「レッツ、トレーニング!(※ジュース&フィンレーと控室に戻っていった)」
KUSHIDA「昨日の4WAY、『また一つIWGPジュニアヘビー級選手権がネクストステージに行ってしまったな』と、『行かせてしまったな』と思いますね。東京ドーム、いろんな試合がありましたけど、やっぱり新日本プロレスの可能性はこれからジュニアだと。今年は面白くなるでしょう。2018年、チャレンジャーで年を始めるのも悪くないでしょう!いろんなモノに挑戦していきます。そして、勝つ!」
――試合後、Cody選手が仕掛けてきましたが。
飯伏「まぁ、昨日のやり返しというか」
――結果的にはケニー選手が仲裁に入る形となりましたが。
飯伏「それはわからないですね。ボクにはわからない……誰が助けたのか……。いやぁ、それよりも昨日のCody戦の疲れが結構でましたね」
――1月末には札幌でビッグマッチ2連戦もありますが、飯伏選手の標的は?
飯伏「そうですねぇ。また(Cody)がやってきたんでね。ボクはいつでもCodyと闘える準備はできてるんで、いつでもやりますよ」
――その他の標的は?
飯伏「それ以外だと、今年はなにかやりますよ。それはまだ言わないけど、自分の中にはあるんでね。なにかやりますよ」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ