JRA presents Road to TOKYO DOME

日時
2017年12月18日(月)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,721人(札止め)

MATCH REPORT

 1・4東京ドームで行われるIWGPヘビー戦オカダvs内藤の最終前哨対決。なお、IWGP Jr.タッグ王者組のYOH&SHOは、同所でマット・ジャクソン&ニック・ジャクソンの挑戦を受ける。また、ヒロムは同所のIWGP Jr.戦4WAYマッチへ出場し、マーティー・スカル(王者)、ウィル・オスプレイ、KUSHIDAと四つ巴で闘う。

 内藤がオカダに奇襲を仕掛け、場外で鉄柵攻撃をお見舞い。しかし、オカダもすぐにオカダを鉄柵へ叩きつけ、串刺しフロントハイキックで吹き飛ばす。そして、リングへ戻ると、低空ランニングフロントキックで追い討ち。
 ここでYOHが登場し、YOHのカニばさみからSHOが低空ドロップキック。しかし、内藤がYOHのハンマースルーを切り返し、控えのBUSHIが背中を蹴る。さらに、内藤が脚に低空ドロップキックを見舞うと、直後にヒロムが顔面に低空ドロップキックを食らわせる。
 ここからYOHが孤立し、BUSHIがTシャツによるチョーク攻撃、串刺しダブルニーアタック、スイングネックブリーカー。さらに、ヒロムがチョップ連打、BUSHIがSTF、内藤が低空ドロップキックなどでいたぶり続ける。
 しかしYOHは、延髄斬りでヒロムに逆襲。タッチを受けたSHOが、バックエルボー、ジャンピングエルボー、カウンタージャンピングエルボーでヒロムに追撃。そこへBUSHIが乱入するも、SHOがエプロンへ追いやり、低空ドロップキックで場外へ吹き飛ばす。
 さらにSHOは、ヒロムに対してヘッドシザースホイップ、串刺しラリアット。そして、左腕を持ったまま前後のローキック、トラースキックを食らわせる。
 続いてSHOがバックを取ると、ヒロムが抵抗してトラースキックを放つ。これはSHOが受け止めるが、ヒロムはカウンタージャンピングパワーボムで逆襲。
 オカダ対内藤となり、内藤がドラゴンスリーパー式バックブリーカーから低空ドロップキック。さらに、スイングネックブリーカー、トップロープ越えの串刺し低空ドロップキックへ繋ぐ。
 次に内藤は雪崩式攻撃を仕掛けるが、オカダが脱出してパイルドライバーを狙う。これを内藤が抵抗してフェイント式延髄斬りを見舞うが、次のジャンピングエルボーアタックをオカダが受け止め、コブラクラッチホールドで捕獲する。
 さらにオカダは、ダイビングエルボードロップからレインメーカーを繰り出すが、内藤が回避し、今度こそジャンピングエルボーアタックをオカダに見舞った。
 YOH対内藤の場面。YOHがエルボー連打、フライングフォーアーム、ファルコンアロー
。さらに、YOH&SHOがカウンターダブルジャンピングニーアタック、SHOがバッククラッカー、YOHが低空ランニングフロントキックと畳み掛ける。
 続いてYOH&SHOは3Kを狙うが、ヒロム&BUSHIが2人をジャーマンスープレックスホイップで投げ捨てる。そこへオカダが入ってヒロムにフロントハイキックを食らわせるが、内藤がジャーマンスープレックスホイップで報復。
 さらに内藤は、カウンターヌカドーラでYOHに反撃し、グロリアで追撃。そこからデスティーノを炸裂させ、YOHから3カウントを奪った。

COMMENT

ヒロム「2つだけ自分の悪口言わせてくれよ。オレは弱い。オレは情けない。でもいまは見てなくていいよ。いまは見てなくていい。でも必ずお前らのところまで行ってやるよ。オレは常にヘビー級の闘いを見てるから、もう少し待っててくれよ。これで終わりだ、これで終わりだ。1月4日東京ドーム、KUSHIDA、オスプレイ、マーティー…お前らの強さオレが一番よく分かってるんだよ!!お前らな、どれだけすごい3人かもオレはよく分かっている。オレが一番よく分かってる!でもぉ~!!1月4日勝つのはオレだ!!」
内藤「ベルトを失っても、果たしてレインメーカーは輝けるのか…。本当にレベルが違うんだったらベルトがなくても輝けるだろ?東京ドーム大会以降、レインメーカーの真の姿がお目見えするんじゃないでしょうか?彼は本物のレインメーカーか、それても偽物の作られただけのレインメーカーだったのか…。まあまずは東京ドームですね。1月4日東京ドームを楽しみに待っててください。レインメーカーの真の姿があらわになるその日までトランキーロ!あっせんなよ。アディオス」
※BUSHIはノーコメント。

ロメロ「今日の結果は俺たちが望んでいた結果じゃねぇ。コイツら、SHOとYOHは俺が作り上げたチームなんだ。ビットコインみたいなもんで、将来への投資でもあるけどな。コイツらはジュニアヘビー級、そして世界の未来なんだ。レインメーカー、オカダは1・4東京ドームで内藤哲也と対戦する。その試合でCHAOSのトップとして再び君臨してくれるだろう。俺たちにとってもっと重要なのは、ドームでのヤングバックス戦だ。ヤングバックスがコイツらに勝てる可能性は1%もねぇ。3Kは新日本ジュニアヘビー級のトップであり、世界のトップでもある。10月の両国で、一発でタイトルを獲ったのはコイツらだろ⁉︎ リコシェを倒したのは誰だ⁉︎ 田口を倒したのは誰だ⁉︎ コイツらROPPONGI 3Kだ! ヤングバックス、ちゃんと準備しとけよ。コイツらとドームで向かい合うんだぞ! コイツらがROPPONGI 3Kだ! コイツらがチャンピオンだ! よく覚えとけ!」
SHO「監督が今言ってくれたことプラス、僕のパートナーYOHが内藤哲也にやられたけれども、東京ドームではCHAOSのオカダさんが勝ってくれるでしょう。まぁ俺たちは残された期間、ヤングバックス戦に備えるだけだよ。まぁ、東京ドーム、いろんな思いがあるけどね、俺たちROPPONGI 3Kと一緒にシビれようぜ!」
※オカダは肩を借りて、ノーコメントで控室へ直行。
外道「いいか、必ず決着つけてやるぞオイ! 頂点はよぉ、このベルトだ! ふさわしいのはよぉ、もちろん、レインメーカーだ!」
※YOHはノーコメント。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ