JRA presents Road to TOKYO DOME

日時
2017年12月17日(日)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,738人(札止め)

第7試合 30分1本勝負

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 “謎のマスクマン”マスクドホースが初登場。小島&KUSHIDAと組み、ROPPONGI 3Kのロメロ&YOH&SHOと対決する。なお、IWGP Jr.タッグ王者組のYOH&SHOは、1・4東京ドームでマット・ジャクソン&ニック・ジャクソンの挑戦を受ける。また、KUSHIDAは同所で行われるIWGP Jr.戦4WAYマッチで、マーティー・スカル、ウィル・オスプレイ、高橋ヒロムと対決する。

 小島対ロメロで試合がスタートし、小島がショルダータックルを連続でブロック。それでもロメロはカウンターフライングボディアタックで反撃に出るが、小島がカウンタータックルでなぎ倒した。
 KUSHIDA対SHOの場面。KUSHIDAがヘッドロックからショルダータックルを見舞うと、SHOもすぐにタックルを返す。その後、KUSHIDAがSHOをアームホイップで投げ、側転から低空ドロップキックをお見舞い。続いてKUSHIDAはキーロックを極めるが、SHOがそのまま持ち上げ、変型バックドロップで脱出。
 KUSHIDA対YOHとなり、YOHのカニばさみからSHOが低空ドロップキック。さらに、YOHがボディスラム、ジャンピングニードロップ、その場飛びフットスタンプで追い討ちをかける。
 その後、KUSHIDAがトレイン攻撃を回避し、ヘッドシザースホイップでロメロ、前転からの飛びつきDDTでYOHに逆襲。ここでホースの出番となり、ロメロ→SHO→YOHの順で地獄突きをお見舞い。さらに、ジャンピングショルダータックルをYOHに食らわせると、いきなり右手を突き出して「待ちたまえ!」と叫び、怯んだ隙に延髄斬りで撃ち抜く。
 続いてホースは両手を掲げてパワーをチャージし、カリビアンデスグリップからYOHをフォール。これをSHOにカットされるとカウンタージャンピングショルダータックルを繰り出すが、YOH&SHOにあっさりかわされてしまう。
 これでYOHのペースとなり、ヒップアタック連射でホースに追い討ち。そして、背中へまたがって乗馬のアクションを見せる。しかしホースは、カウンタージャンピングヒップアタックで逆襲。
 小島対ロメロの場面。ロメロが小島のアクションを真似て逆水平チョップを乱射し、「イッチャウゾバカヤロー!」などと口走る。そして、連続串刺しラリアットを敢行するも、小島が体勢を入れ替え、逆水平チョップ乱射をお返し。
 その直後、小島は串刺しジャンピングエルボーでロメロに追撃し、「いっちゃうぞバカヤロー!」の叫びからコーナー最上段へのぼる。だが、SHOがリング内へ転落させ、ロメロ&YOH&SHOがトリプルジャンピングニーアタックをお見舞い。そして、SHOのバッククラッカーからYOHが低空ランニングニーアタックへ繋ぐ。
 その後、SHOがホースのジャンピングヒップアタックを受け止めるが、ホースがアンクルホールドに切り返す。一方、KUSHIDAはYOHの前方回転エビ固めを抵抗し、ホバーボードロックで捕獲。だが、ロメロが2人を救出し、「ヘイ、ホース! チョーバカ!」などと罵声を浴びせる。
 さらにロメロはロープのあいだに留まってフェイントをかけるが、KUSHIDAが低空ドロップキックで場外へ落とす。そして、ハンドスプリングエルボーを繰り出すも、SHOが受け止めてジャーマンスープレックスホイップで投げ捨てる。
 その直後、ホースがSHOにジャンピングヒップアタック、YOHがホースに縦回転式リバースDDT、小島がYOHにコジコジカッター。そして、ロメロが小島のラリアットをかわし、フェイント式ニールキックを浴びせる。
 ここでロメロはロープへ走るが、小島がカウンターウエスタンラリアット1発で轟沈した。

 試合後、場内に田口隆祐の入場テーマ曲「MASTER OF DROPKICK」が流れる。すると、ホースがムチを取り入れたタグダンスを披露し、大歓声を浴びた。

COMMENT

マスクドホース「KUSHIDA君! 小島君! どうもありがとう!(※と、2人に握手を求める)」
KUSHIDA「(※握手しながら)どこかで聞いたことある声ですね!」
ホース「どうもありがとう! 今日は、新日本プロレスさんの、『G1』のような大会に…『G1』というとプロレスの『G1』もあるからややこしいですけど、私が言うのは競馬のG1なんですが、G1のような大会に参加できて、光栄です! 私は小さい頃に親に捨てられ、馬に育てられ、馬にも捨てられ、そして、あるプロレスラーに拾われました。それが6歳9カ月の時のことでした。それから師匠の元でプロレス道に励んでまいりまして、こうして新日本プロレスさんの『G1』のような…『G1』というとまたアレですが、競馬で言うG1ですね、このような大会に参加できて、小島君…小島君と呼ぶのは失礼ですね、小島選手、KUSHIDA選手と試合ができて、私は師匠に教わった動きは全部出したつもりです」
──師匠と言いますと?
ホース「師匠ですか? …ある方です。名前は出すなと言われてますので。私の動きを見れば、私の師匠が誰だか分かります。ウィキペディアの『トレーナー』の欄に、たぶん誰かが書き込んでくれることでしょう。明日も出場しますので、よろしくお願いします(※先に控室へ)」
小島「(※何とも言えない表情でホースを見送り)とにかく、棚橋弘至、早く帰ってこい! それだけだ!」
KUSHIDA「2017年、全力で突っ走ってきました! 日本でも、海外でも。年末になると誰かがベストバウトとかいろんな賞を決める中で、箸にも棒にもかからない。まだまだなんだなと。ただ、何千何万とプロレスの試合がある中で、今日、明日、東京ドーム、毎日毎日、自分が試合をする、どんな意味があるのかなって思いながら、毎日、練習したり、試合に向き合ってるわけですけど、やっぱりどの時代でも、雨が降らないと、海ってのはね、水が十分でなくなって、海じゃなくなるから。何か、自分が今日1試合やる、その意味が、 あるんじゃないかと。きっと誰かの心に刺さる試合を、脇目振らずに、2017年あともう1試合、そして2018年、迷わず、突っ走っていきたいと思います。東京ドーム4Way、髙橋ヒロム、マーティ・スカル、ウィル・オスプレイ、そしてKUSHIDA、この4人だからやる意味のある4Wayでしょう。必ず最後、俺がベルト巻きます!」
ホース「(※再び現れ)すみません、追加で。新日本プロレスさんの、このような大会に呼んでいただいて、光栄でした。公営ギャンブルだけに。…(※報道陣の反応を見て)お後がよろしくないようで…。さすがプロレスと競馬、ウマが合いますね(※と言いながら去る)」

ロッキー「ごめん、ごめん。コジマはファ〇ク・ユーだ。アイツはオレを殺す気か!?オレはほとんど死んでるよ。ここにいるSHOとYOHはベストタッグチームだ。IWGPのジュニアタッグチャンピオンだぞ!ジュニアタッグトーナメントも優勝したんだ!世界でナンバーワンのチームだ!ヤングバックスはナンバーツーのチームだ。今日はオレが犠牲になった。ここにいる2人には大きな野望がある。超バカな馬でも、KUSHIDAでもない!ROPPONGI 3Kがずっとチャンピオンだ」
SHO「まあ今日は監督が犠牲になってくれたので、自分たちもダメージさほどなく、今年最後の試合に備えられるかな。それもすべてロッキー監督のおかげ。明日で最後だけどメインイベントオレ達ROPPONGI 3K、CHAOSと一緒にシビれようぜ~」
YOH「マジでやめたまえよ。誰だよ、マスクドホースって。でもいい馬だったよ、いい乗り心地だったよ。明日最終戦、なんか胸の傷が疼くんだよね。明日はいい夜になるんじゃないかな。楽しみにしておいてくださいよ」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ