鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017

日時
2017年11月24日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
鳥取・米子コンベンションセンター BiG SHiP
観衆
1,503人(満員)

第7試合 30分1本勝負
「WORLD TAG LEAGUE 2017」Bブロック公式戦

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 共にリーグ初戦で白星を飾ったエルガン&コブとアーチャー&スミスが、2勝目を懸けて激突。

 まずはコブとスミスが先発し、両者がグラウンドで互角の勝負を展開。スミスが仕掛けた腕ひしぎ逆十字固めを、コブが冷静に回避する。
 その後、コブがスミスのバックに回ると、アーチャーがカットに入る。すると、エルガンが延髄斬りでアーチャーを場外に落とし、コブ&エルガンがスミスにダブルタックル。そして、コブがラリアットでスミスを場外へ追いやる。
 場外戦になり、スミスがコブにミドルキック連射をお見舞い。そこからリングへ戻ると、スミスがコブを持ち上げ、アーチャーがハイアングルラリアットを浴びせる。そして、アーチャー&スミスは、1人でブレーンバスターを仕掛けたエルガンを2人で投げ捨てる。
 これでコブのローンバトルとなり、アーチャーがエルボー連打、ショルダータックル、スミスがインディアンデスロックなどで集中攻撃を浴びせる。
 しかし、コブはスミスの串刺し攻撃をかわしてニュートラルコーナーへ激突させ、ようやくエルガンとタッチ。そのエルガンは、エプロンからスミスに延髄斬りを見舞い、トップロープ越えのジャンピングボディプレスで追撃。
 さらにエルガンは、パワースラムでアーチャーを排除。そして、スミスの両脚をセカンドロープへかけると、エプロンから変型ダイヤモンドカッターを食らわせる。
 続いてエルガンは、赤コーナーを利用し、ボディプレスでスミスを潰す。だが、スミスがエルガンの腕にフロントハイキックを浴びせ、ラリアットを妨害。その直後、両者のフライングネックブリーカーが相打ちとなった。
 コブ対アーチャーの場面。コブがカウンターフロントスープレックスで先制し、エルガンがスミスとアーチャーにエルボーを見舞う。そこからアーチャーがエルガンに旋回式スクラップバスター、コブがアーチャーにオリンピックスラム、スミスがコブにバックドロップ。
 続いてスミスはブルドッグボムを狙うが、エルガンがカットし、ジャンピングパワーボムで叩きつける。続いてコブが雪崩式攻撃を仕掛け、抵抗したアーチャーにドロップキックを食らわせる。そして、再びコーナーへのぼるも、スミスが肩車で捕まえる。
 そこからコブが脱出し、エルガンがエルボーをスミスに見舞う。そして、コブもエルボーで続き、エルガンと共にサンドイッチラリアットを敢行。
 続いてエルガンがアーチャーを雪崩式ブレーンバスターで投げ捨て、コブがその場飛びムーンサルトプレス→その場飛びムーンサルトプレス式ヘッドドロップの連続攻撃で追い討ち。
 そこからエルガンがアーチャーを担ぎ、コブがロープへ走るが、スミスが場外から妨害。それでもエルガンはスミスを突き飛ばしてアーチャーと激突させ、ジャーマンスープレックスホイップで投げ捨てる。
 だが、アーチャーが追走式エルボーをエルガンに見舞って巻き返し、チョークスラムで追撃。すると、コブがアーチャーの串刺しボディアタックを受け止め、ブレーンバスターの体勢に入る。しかし、アーチャーが脱出し、スミスとキラーボムを敢行。これでアーチャーがコブから3カウントを奪取した。

COMMENT

スミス「タッグリーグの公式戦2戦目もK.E.Sが勝利した。また、俺たちを倒すチームはいないという事実がはっきりしたな。これはニュージャパンの『WORLD TAG LEAGUE』ではない。これはK.E.Sのための“キラー・タッグリーグ”なんだ。この(IWGPタッグ)ベルトは頂点を意味している。ナンバーワン・タッグチームであることを示しているんだ。それはなにも日本だけでのことじゃない。世界を見渡しても最高だと表しているんだ。俺たちはもっとも危険で、最高のコンビネーションを誇る。どんな相手が現れようが、俺たちがひとたび狂えば、誰も相手にならない。俺たちが勝利するだけさ」
アーチャー「言いたいことは実にシンプルだ。K.E.Sがすべてを叩きのめす。みんな死に追いやるだけだ。キラーボムでな」

エルガン「K.E.Sは現IWGPタッグチャンピオンで、なぜそうなのかはみんなわかってるだろう。それに対して、俺たちは一番新しいタッグチームだ。それだけに厳しい立場であるのは仕方ないことだ。闘いも厳しくなるのは当然だ。ジェフ(・コブ)とはこのリーグ戦だけでなく、先も見据えて闘っている。すぐに目標にたどり着けるとは思ってない。だけど、そう遠くでもない。それは2人でIWGPタッグチャンピオンになることだ」
※コブはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ