鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017

日時
2017年12月7日(木)   18:00開場 19:00開始
会場
山口・やまぐちリフレッシュパーク総合体育館
観衆
928人

MATCH REPORT

 1・4東京ドームで行われるIWGPヘビー戦オカダvs内藤、IWGP Jr.戦4WAYマッチ・マーティー・スカルvsオスプレイvsKUSHIDAvsヒロムのダブル前哨戦。なお、EVIL&SANADAは『WORLD TAG』Aブロック、バレッタ&チャッキーはBブロックにエントリーしており、どちらも4勝2敗で優勝圏内にいる。

 オカダ対内藤で試合が始まり、ファンが2人へ大声援を送る。しかし、内藤は何もせずにEVILとタッチ。
 これでチャッキー対EVILとなるが、BUSHIが背後からチャッキーを襲撃。しかしチャッキーは、EVIL&BUSHIのトレイン攻撃を回避し、BUSHIにショートレンジドロップキックをお見舞い。さらに、EVILへカウンタージャンピングエルボーを食らわせる。
 その後、オカダ&バレッタ&チャッキー&オスプレイがEVILに連続攻撃を食らわせ、4人で抱き合う。そして、控えの矢野を呼び込むが、SANADAがカウンターエルボーでダウンさせる。
 さらに、SANADAがロープパラダイスで矢野を固定し、オカダと内藤たちがド派手な場外乱闘を展開。そして、LOS INGOBERNABLES de JAPONがバレッタを捕まえ、BUSHIがTシャツで首を絞める。
 さらに、内藤がバレッタを踏み台にしてエプロンへ飛び出し、トップロープ越えの串刺し低空ドロップキックを見舞う。そして、BUSHIが低空ドロップキック、EVILがセントーン、ヒロムがラリアットなどで集中砲火を浴びせる。
 しかしバレッタは、ヒロムのトラースキックを回避し、ショートレンジラリアットで挽回。スイッチしたオスプレイが、ハンドスプリングオーバーヘッドキックをEVIL&SANADAに食らわせる。
 そこからオスプレイは、ヒロムのヘッドシザースホイップを側転で着地。すると、ヒロムはローキックとムーンサルトプレスをかわすが、オスプレイがトップロープを利用したアームホイップで投げ飛ばす。
 ここでBUSHIが乱入するも、オスプレイが串刺しエルボースマッシュを食らわせ、ヒロムもろとも串刺しエルボースマッシュ、串刺し低空ドロップキックをお見舞い。さらに、その場飛びシューティングスタープレスでヒロムに追撃する。
 その後、ヒロムがコークスクリューキック、オスプレイがトラースキック、ヒロムがハイキックを回避。さらにヒロムはリバースブラディサンデーから逃れてトラースキックを放つが、オスプレイが受け止め、ハイキックを食らわせる。だが、ヒロムがカウンターフロントスープレックスでオスプレイを投げ飛ばし、ニュートラルコーナーへ叩きつけた。
 これでオカダ対内藤となり、オカダがカウンターバックエルボー。だが、内藤はリバースネックブリーカーとレッドインクから逃れ、オカダの両脚をロープへかけてドラゴンスリーパー式バックブリーカーを食らわせる。
 さらに内藤は、ドラゴンスリーパー式バックブリーカーからデスティーノを仕掛けるが、オカダが脱出に成功。すると内藤はフェイント式延髄斬りから再びデスティーノを狙うが、オカダが阻止する。
 そこからオカはがツームストンパイルドライバーに行くが、内藤が切り返し、ドラゴンスリーパー式バックブリーカーで叩きつける。そして、直後に背後から低空ドロップキックで撃ち抜いた。
 ここでBUSHIが登場し、ミサイルキック、串刺しダブルニーアタックでオカダに追い討ち。そして、SANADAのパントキックからバッククラッカーへ繋ぐ。
 続いてBUSHIは変型スイングネックブリーカーでオカダに追撃。そして、コーナー2段目からエムエックスを繰り出すも、オカダが身をかわす。
 ここから混戦となり、チャッキーがBUSHIにカウンターニーアタック、EVILがチャッキーにショルダースルー、バレッタがEVILにスイングDDT、SANADAがバレッタにSkull End、矢野がSANADAにマンハッタンドロップ、内藤が矢野にマンハッタンドロップ、オカダが内藤にカウンターフロントハイキック。
 その直後、BUSHIがオカダにフェイント式ニールキックをお見舞い。だが、オカダがカウンタードロップキックで吹き飛ばし、ダイビングエルボードロップで追撃。そして最後は、レインメーカーでとどめを刺した。

COMMENT

バレッタ「オイ、チャッキー」
チャッキー「この体を見ろよ。汗一つかいてない。乾いたキュウリみたいだ。
バレッタ「オスプレイ、こっちへ来い」
オスプレイ「(※2人と並び、肩を組んで)俺もベストフレンズに入れてくれるのか?」
バレッタ「ン? ノー(※と言ってオスプレイを突き放す)」
チャッキー「CHAOSにとっては軽い試合さ。バレッタ、次は俺たちにとってBブロック最後の公式戦だな」
バレッタ「相手はK.E.Sだったか?」
チャッキー「キラー・エリート・スクワッド……デカいヤツらだ。強いって思われてるんだろうけど、ベストフレンズの方が上さ。それを思い知るだろうな」
バレッタ「あいつら、いつも言ってるよな、『みんな死の淵に追いやる』って。その言葉、俺たちが代わりに言ってやるよ。その“みんな”にはお前らも入ってるんだ。それを見せてやろうぜ」
オスプレイ「ああ、待ち遠しいよ。俺はもうすでに、先を見据えて闘ってるんだ。そう『WRESTLE KINGDOM 12』、IWGPジュニアヘビー級史上初となる4WAYマッチ。王者は1人を相手に防衛戦をするんじゃない。2人でもない。3人を相手にする“FATAL 4WAYマッチ”だ。(IWGP)ジュニアヘビー級のタイトルマッチではこれまでなかった試合形式だ。それが実現するまで、非常に長い時間を要した。そこに俺が入っている。俺はもう、いつでも闘う準備はできている。そこで俺がジュニアヘビー級チャンピオンとしてナンバーワンであることを見せつける。その時、俺はその称号をつかむのさ。俺はスカイキング、エアアリル・アサシン、ウィル・オスプレイだ。次のIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチでな。アリガトゴザイマス。さあ、あとはオカダにしゃべってもらおう」
オカダ「オスプレイがナンバーワンのジュニアヘビー級のチャンピオンだったら、俺はナンバーワンのヘビー(級)の、新日本史上、一番最強の、いや、プロレス界初めての、誰も俺を止めることができない……日本語おかしくなっちゃったね。すべては『周南』と言った、外道さんのせいですよ。ま、しっかり、ここは編集してくれることを信じて、オスプレイがジュニアヘビーのナンバーワンだったら、俺はヘビーのナンバーワン。内藤さん、ヘビーのナンバーワンと闘うんだから、しっかり、しっかり、ちゃんと倒しにかかって来てください。いつまでも余裕でいんな、この野郎」
外道「山口の皆様、失礼しました(※と頭を下げる)」
※矢野はノーコメント

ヒロム「ンニャー~! この命、この命……オイ、KUSHIDA、KUSHIDA、テメェだ! なんでいないんだ? なんで会場に来てねぇんだ? 俺のコメント、読んでねぇのか? テメェ、試合が組まれない限り、来ないつもりか? お前が試合組まれたの、いつだっけ? 忘れちゃったよ。全然、会ってないからさ。お前の顔すら、もう覚えてないんだよ。俺らさ、同じ日本人だろ? な? 東京ドーム大会、俺に向えての、いや、マーティー(・スカル)、オスプレイに向けての、何かないのか? お前は会社から言われない限り、コメントも何も、何もかもやらないつもりか? 何も残さないのか? だからお前は、そこ止まりなんだよ。わかるか? だからお前は、そこ止まりなんだよ。その位置より上に行けることなんか、まずないだろ。な? だったらさ、俺がこんなに言ってやってんだよ。明日、来てくれよ。ここ(コメントスペース)。ここに来てくれよ。俺の隣で、面と向かって、言いたいこと言ってくれよ。ま、何もないんだったらいいよ。何もないんだろ、きっと。構わないよ。でも、俺のこと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと~~~! 楽しませてくれよ」
EVIL「昨日の試合、危なかったねぇ~、後藤、YOSHI-HASHIのご両人。ギリギリ、明日の広島のEVIL、SANADAとのカードに華を添えれたようだな。後藤、今はNEVERによそ見してる場合じゃねぇんじゃねぇのか? ま、せいぜい、俺らについて来れるように、頑張れよ(ニヤリ)。明日の試合も、何の問題もない。ノープロブレム、ノーサプライズだ。よ~く覚えとけ。This is EVIL。E~verything is EVIL。すべては………………EVILだ!」
内藤「今日、会場に来てくださった山口のお客様は、いま、ガッカリしながら家に帰ってるはずだと。だって皆様、『デ・ハ・ポン!』の大合唱をしたくて、チケットを買って会場に来てくださったわけでしょ? 山口のお客様には、非常に申し訳ないことをしましたよ。ま、最後、マイクを握ったオカダは、リング上で言いたいことを言えましたか? 本音はさらけ出しましたか? あとで、モバイルサイトでしっかりチェックさせていただきますよ。明日の広島大会、あさっての今治大会、そして月曜日の福岡大会……ま、残り3大会、メインイベントは全部『WORLD TAG LEAGUE』なわけですからね。出場選手の皆様、ここまでほとんど話題のなかった『WORLD TAG LEAGUE』、最後ぐらいはきっちり締めくくってくれよ。対オカダに関しては、そろそろ目を向けた方がいいですか? どうしよっかなあ~? まあ、今日、ホテルに帰って、ゆっくり考えさせていただきますよ。じゃあ皆様、また明日、俺のホームともいえる広島でお会いしましょう。アスタ・マニャーナ、Adios」
※SANADA&BUSHIはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ