wateRouge by home+ Presents POWER STRUGGLE

日時
2017年11月5日(日)   15:30開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
放送
バナーバナー
観衆
5,480人(札止め)

第4試合 時間無制限1本勝負
「Super Jr. Tag Tournament 2017」決勝戦

※ROPPONGI 3Kが「SUPER Jr.TAG Tournament」に初優勝

MATCH REPORT

 第4試合は今シリーズ、8チームによって争われてきた『Super Jr. Tag Tournament 2017』の決勝戦として、田口隆祐&ACH組と“ROPPONGI 3K”のSHO&YOHが激突。ROPPONGI 3KはIWGPジュニアタッグのベルトを誇らしげに身につけ、ロッキーの先導で入場。
 
 ゴング前、田口とACHは笑顔で何やら話し、「絶対勝つぞー!」と気合を入れる。すると、ゴングを待たずにROPPONGI 3Kが仕掛けるも、タグチジャパンはかわしてキックを連発。そして、ACHが指示するかたちで、田口はSHOとYOHに交互に串刺しエルボーを連発。だが、延々と走り続け、田口は徐々にバテてしまい、自らタイムを要請する。
 すると、ACHがブロックサインを送り、ROPPONGI 3Kをぶつけあおうとする。しかし、ROPPONGI 3Kはうまく回避し、タグチジャパンに串刺し攻撃。そして、逆にタグチジャパンを同士討ちさせると、場外に投棄し、YOHがACH、SHOが田口にノータッチ式トペ・コンヒーロを炸裂。
リングに戻ると、ROPPONGI 3KはACHの脇腹に連携の低空ドロップキック。さらにYOHはACHの脇腹にストンピング、フットスタンプとダメージを蓄積させる。続いてSHOがACHにキチンシンク、そして変形のコブラツイストで脇腹を攻め立てていく。
 次はYOHがスイッチ。ACHは逆水平チョップを返していくが、YOHはキックでひるませるとボディスラム。そして、羽交い締めにすると、SHOが脇腹にキックを叩き込む。ROPPONGI 3KはすばやいタッチワークでACHを狙い撃ち。
 SHOはACHに串刺しラリアットから、リング中央でコブラツイスト。ACHがロープに逃げようとするも、YOHはACHの脇腹にドロップキック。慌てて田口が救助にリングインするも、YOHは場外に排除する。ACHはなんとかコブラツイストから脱出。すかさずSHOがバックを取るも、ACHはうまく切り返してその場飛びのフットスタンプ。
 ここでようやく田口にスイッチ。田口はYOHとSHOに交互にヒップアタック。そして、場外に落ちたYOHに三角飛びプランチャ。返す刀でSHOにノータッチ式トペ・コンヒーロを炸裂。続いて、SHOにダイビングヒップアタック。さらにもう一発ヒップアタックを狙うが、SHOはジャーマンのように捕獲。
だが、田口は前方回転してオーマイ・アンド・ガーアンクルへ。これはSHOがロープへ逃げる。すると、田口はSHOにスリーアミーゴスを敢行。だが、三発目はSHOがフロントネックロックで切り返す。しかし、田口は強引にブレーンバスターを狙う。これを切り返したSHOはキックを連発。その足を捕らえた田口は、バックに回る。だが、SHOは切り抜けてロープへ。しかし、待っていたのはカウンターの延髄斬り。
 そして、田口はロープへ走るが、SHOはキックで迎撃。ここでスイッチしたYOHは田口のヒップアタックをアトミックドロップで切り返す。そして、YOHはロープに走るも、田口はカウンターのヒップアタック。ここでACHが登場。YOHにフットスタンプ、続いて低空ドロップキックを放つが、脇腹への衝撃で顔を歪める。
だが、ACHはテキサスクラッシュを叩き込むと、「イクゾー!」と雄叫びを上げ、ロープを登ろうとする。ここで場外のSHOの姿が目に入ると、ACHはエプロンから相手の胸板に強烈なキック。そして、ACHはトップコーナーに上るが、ダイビングボディプレスはYOHが寸前でかわす。
 YOHはACHにエルボーを連発。しかし、ACHも逆水平チョップで反撃。そして、ラリアットを叩き込むとロープに走る。しかし、待っていたのはROPPONGI 3Kのダブルニー。続いてROPPONGI 3Kは合体攻撃を狙うが、ACHは同士討ちを誘い、SHOにドロップキック。そして、YOHにもドロップキック。だが、YOHもすばやいモーションからトラースキック。そして、ROPPONGI 3Kは3Kを狙うが、これは田口がヒップアタックでカット。
そして、田口はSHOにACHとダブルのヒップアタック。YOHにもヒップアタックを放つと、追い打ちのケツイェ。ここで田口はどどんを見舞い、そこにACHがミッドナイトスターを放つ。ACHが苦痛の表情でカバーに入るも、これはSHOがカット。
 すると、ACHはSHOに飛びつき式のコンプリートショット。そして、タグチジャパンはYOHにスーパー69を仕掛けようとするが、ジャンプしたACHをSHOが空中で捕獲してカット。YOHは田口にアサイDDTを決める。続いてSHOが田口にクラッチを離さずにジャーマン三連発。
 ここでROPPONGI 3Kは田口に連携の串刺しエルボー。そして、ついに3Kを決め、田口はグロッキー状態に。続いてACHにも決めにいくが、ACHはうまく回避。そして、ラリアットを狙うも、SHOはうまくかわしてバッククラッカー。続いてYOHが正面飛びのドロップキック。最後はROPPONGI 3KがACHを3Kで叩きつけて激勝。ROPPONGI 3Kが『Super Jr. Tag Tournament 2017』のを制覇した。

COMMENT

SHO「大阪、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの次は、ロス・インゴハズカシメルス。まぁまぁシビれたよ。でもね、次はヤングバックス?相当シビれるじゃない。俺たち、アメリカでアイツらの人気、アイツらの実力、この目で見て来たからね。楽しみしてるよ。しっかりシビれさせてくれよ」
YOH「まぁ、俺たちが“ステイゴールド”、輝き続けている限り、このジュニアは終わらない。あと。田口、ACH、楽しかったよ。田口のお尻、思った以上に固かったぜ。だがな、俺らの方が輝いていたな。Shut your ass.Shut your mouth.あと、ヤングバック。お前らの『ヤングバックス!ヤングバックス!』っていうコール……Shut your mouth.黙らせてやるよ」
ロッキー「俺たちにはプラン、ビジョンがある。そして、彼らはそれをしっかり100パーセント遂行してくれている。パーフェクトだ。まずは、リョーゴクでタグチジャパンを倒した。そして、今日は『Super Jr. Tag Tournament』で再びタグチジャパンを倒した。さらに今日はヤングバックスが挑戦表明をしてきた。だがな、彼らROPPONGI 3Kがお前らを叩きのめして、永久にIWGPジュニアタッグチャンピオンでありつづける。フォーエバー。ナカスゾ、コノヤロー。シバクゾ、コノヤロー。ロッポンギ、サイコー!」
SHO「ちょっと待って、いままでチャンピオンで『Super Jr. Tag Tournament』を優勝した人たちっているの?……いるよ!ROPPONGI 3K!」
ロッキー「パーティーに行くぞ!レッツゴー、ドートンボリ!」

田口「ハァハァ……(※コメントブースに倒れ込むと、一緒に戻ってきたACHに)大丈夫ですか?」
ACH「俺たちは一番になれなかった。そして、俺は今回も優勝できなかった。ただ、タグチとのタッグでは非常にいい経験ができた。スーパー……」
田口「SUPER……69……。残念ながら、タッグトーナメントで成功にはいたらず、残念ながら我々の改革は失敗に終わりました。我々は動的な動きは完璧ですから、もっとインサイドワーク。セイ的な一面を磨いていきたい。そうすれば、もう一度手が届くところにいくと思います。必ず、セイコウしてみせます」

マット「一番に大事なことはリング上で言った通りだ。俺たちがIWGPジュニアタッグのベルトを取り戻したい。そして、これまで誰も成し遂げてない7度目のチャンピオンになる。7度だぞ、7度。その瞬間をしっかりと見届けるがいい」
ニック「その(ベルトを持った)まま引退するかな」
マット「それもいいかもな。でも、俺たちはこのままその時を待つんじゃない。まだまだ上り詰めて行ってやる」
ニック「ヤングバックスがお前らの横っ面を張って、ニュージャパン・プロレスにリングおいて、すべての時代を通して最高のタッグチームであることを証明してやるさ。それがわからないっていうヤツがいるなら、愚かなだけさ」
マット「俺たちを見たいなら、ここに100万ドル持って来い。それほどの存在なんだぜ、俺たちは。まあ、お前らの幸運を願ってるよ。お前らが勝つには、よほどのラッキーが重ならないと無理だけどな。じゃあな」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ