Road to POWER STRUGGLE

日時
2017年10月21日(土)   17:00開場 18:00開始
会場
千葉・東金アリーナ 
放送
バナー
観衆
2,050人(満員)

MATCH REPORT

 CHAOS(オカダ・カズチカ&石井智宏&外道&YOH&SHO)と、L・I・J(内藤哲也&EVIL&SANADA&BUSHI&高橋ヒロム&)による総力戦。オカダと内藤は来年の1.4ドームでのIWGPヘビー級王座戦が決定し、各地で熱のこもった前哨戦を展開中。オカダは入場時、観客席を大きく煽りながらリングイン。
 
 先発はSHOとBUSHI。SHOはロックアップでロープに押し込むとクリーンブレイクし、BUSHIを挑発。するとBUSHIがSHOをロープに飛ばすが、SHOはそこで待ち受けるヒロムを低空ドロップキックで吹き飛ばし、返す刀でBUSHIにはフライングエルボー。イキのよさを見せる。
 続いて石井とSANADAが対峙。だが、石井の背後から内藤が攻撃。そして、SANADAとトレイン攻撃を狙うが、石井は二人をタックルで吹き飛ばす。さらにSANADAにエルボーを叩き込んでロープに走るが、SANADAはリープフロッグ二連発から打点の高いドロップキックをヒット。これを合図にL・I・JはコーナーのCHAOSを襲撃、場外戦に持ち込む。ヒロムはSHOを鉄柵に叩きつける。
 リング上に戻ると、ヒロムが挑発するように石井の頭を突き飛ばしていく。すると、怒りの形相の石井はヒロムに反撃するも、その背後をBUSHIが急襲。二人がかりで石井に変形のフェースバスター。
 次はEVILが登場し、石井の左ヒザにストンピング。さらにボディスラム、セントーン。ここでSHOがカットに飛び出すも、EVILはかわして石井ともどもまとめてセントーン。続いてヒロムが石井に逆水平チョップ、ストンピングを連発。ここでL・I・Jが飛び出し、石井に対してEVILが串刺しラリアット、内藤とSANADAがサンドイッチ式の低空ドロップキックを炸裂。L・I・Jは徹底して石井を狙い撃ち。
 内藤が小馬鹿にするように石井の頭をはたくと、石井は怒りのエルボー。さらにブレーンバスターを仕掛けるが、切り抜けた内藤はトルネードDDTの体勢へ。だが、こらえた石井は再びブレーンバスターを狙う。またも逃れた内藤はロープに走るも、待っていたのは石井のパワースラム。
 ここでようやくオカダとスイッチ。オカダは豪快なエルボーで内藤からダウンを奪う。さらにリングインしたヒロムにはフラップジャック。ならばとEVILとBUSHIがダブルの攻撃を狙うも、切り抜けたオカダは同士討ちを誘い、EVILにDDT。さらに追撃のエルボーを見舞い、一人でL・I・Jを蹴散らす。
 次はYOHとヒロムのマッチアップ。スピーディーな打撃戦からロープワークを使った攻防に移ると、YOHがフライングエルボーでダウンを奪う。そして、SHOと共にツープラトン攻撃を狙うが、ヒロムは切り抜けてロープへ。すると、3Kは二人揃ってカウンターのジャンピングニー。そして、合体の変形フェイスバスターを決める。続いてYOHはトラースキックをヒロムに叩き込むと、串刺し攻撃を狙う。だが、ヒロムはコーナーに向けてフロントスープレックス。
 次は外道とBUSHIが対峙。外道はナックルでダウンを奪うと、顔面にトラースキック。しかし、ここで内藤がカット。すると、オカダは内藤を場外戦に連れ出す。リング上ではBUSHIが外道に逆上がり式のキックからミサイルキック。さらにカットインした石井にもスピンキックを見舞い、ロープに走る。だが、石井はカウンターのラリアット。
 すると、EVILが石井にローリングエルボー。そして、トラースキックを挟んでラリアットを狙うが、石井はかわして投げっぱなしジャーマン。次はオカダと内藤が対峙。内藤は延髄斬りを見舞うも、オカダも負けじとドロップキックをヒット。
 ここで勝負を託された外道は、BUSHIを外道クラッチで丸め込む。だが、これをSANADAがドラゴンスリーパーで阻止。そこにヒロムがトラースキックを炸裂し、BUSHIもコードブレイカーで続く。これは外道がカウント2でキックアウト。しかし、最後はBUSHIがエムエックスを完璧に決めて、外道から3カウントを奪取。

COMMENT

ロッキー「SHO、YOH、さあ注目してくれ! オーケー。まずはBUSHI&ヒロムについて言いたい。彼らはROPPONGI 3Kじゃないし、彼らはIWGPジュニアタッグチャンピオンでもない。そうだよな? でも、この男たちは、日本に帰ってきていきなりジュニアタッグチャンピオンになったんだ。あのタグチ&リコシェを叩きのめしてな。だから、BUSHI&ヒロムなんてチームはいまのところ、視界にないよ。もし、彼らがヤル気があるなら、『SUPER J-TAG Tournament』に優勝して実力を見せてみろよ。話はそれからさ。このゴールドとシルバーのコスチュームを素晴らしいレスラーたちを倒せるならな。彼らがこれからのジュニアのスタンダードになるんだ。L・I・Jには、グッドラックと言いたいよ。彼らの時代はすでに終わった。そのことに気づいた方がいい。ジュニアのベストチームはすでに更新されたんだ。さてと、ところで『SUPER J-TAG Tournament』の1回戦はどのチームだっけ?」
SHO「ん~。KUSHIDAかな、あとは川人だね」
ロッキー「フフフ。カワトとKUSHIDAか……グッドラック!(ニヤリ)」
YOH「イージー。ソー・イージーだよ」
ロッキー「まあ、そうだよな? じゃあ兄弟、まず1回戦を突破したら、ロッポンギでパーティーと行こう! 心配すんな。俺が全部、払ってやるって!」
SHO「おっ、サンキュー監督!」
YOH「センキュー」
ロッキー「勝つのは間違いないからな。ヘイ、“ゴチソウサマデシタ”と言ってくれ」
YOH「イエ~。ごちそうさまでした」
ロッキー「イエ~! ノープロブレムだ。ノープロブレム!じゃあ、みんなコウラクエンホールで会おう!」
※先に控室へ
SHO「いい監督だなあ」
YOH「ああ~、もうね。ボクは最初から言っているんだけど、ジュニアを盛りあげていきたい。新日本プロレス・ジュニア、これからドンドン黄金期にして、俺らがジュニアのハイスタンダードになって、もっと高いレベルにしてやるって。あと、新日本プロレスはね、古い考え方かもしれないけど、“生え抜き”が引っ張らなければいけないと俺らは思ってるから。だから、ジュニアトーナメントの1回戦、川人? メッチャ楽しみだよ。で、KUSHIDA? 彼にライオンの血は入っていないからね。彼はすっごい頭のいいハイエナの気がするんだよ。彼はライオンじゃなくて、ハイエナだよ。簡単に潰してやるから!」
SHO「1回戦はKUSHIDA……。もしアイツがパートナーを選んでいたとしたら、ジュニアタッグ、ナメてんのかと思うよね。まあ、川人が悪いってわけじゃないけど。本気で勝つ気ならもっとちゃんとした相手を連れて来いって。まあ、アイツが負けた時の保険を付けているだけだと思うから。コッチが優勝して、東京ドームでは最高の場所で、最高の相手と防衛戦をやらせてもらいます!」
※オカダ、石井、外道はノーコメント

BUSHI「いよいよ明後日、23日、後楽園。スーパージュニアタッグトーナメント、1回戦の相手はドラゴン・リー、ティタン。オレはこの試合に勝ち進み、次はIWGPジュニアタッグチャンピオン、オマエらと闘うのを望むよ。オマエらもどうなるかわかんねえけど。楽しみにしてるぜ。エンセリオ、マ・ジ・で」
ヒロム「ちょっと待って、ちょっと待って、聞いてないよ。ドラゴン・リー、来てんの? 知らなかったよ。後楽園ホールからじゃないの? ビックリした。なんで誰も言ってくれないんだよ。ドラゴン・リーだよ!? ドラゴン・リーが来てるのに、なんで誰も言ってくんねえんだよ。寂しいよ、そんなの。ビックリした。ビックリした、来てるなんて知らなかった。楽しみだな~。ドラゴン・リーとできるんだ、また。楽しみなのに、なんかもっと返してほしいな。なんか、なんて言うのかな、なんて言ったらいいのかな。このなんか、この分かるでしょ、なんか。心のなかにあるんだよ。心の中になんかあるこの感情、返してほしいなあ。そしたらもっと、彼とのこと楽しみに、楽しみにできたのにな。ドラゴン・リー、ティタン、オレたちのこと楽しませてくれるんだろ? なにか持って来てるんだろうな? 楽しみにしてるよ、23日。オレたちのこと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっとー! 楽しませてくれよ」
EVIL「この俺がIWGP、及び新日本を支配していく……。このベルトもあるしな。すべてをダークネスに染め上げてやるぜ!よく覚えておけ! This is EVIL、Everything is EVIL! すべては……EVILだ!」
内藤「ロス!インゴベルナブレス・デ・ハポンとして、2回目の東金大会。去年はメインイベント。勝ったハズなのに、負けた永田がなかなかリングから下りず、マイクを譲らず。なぜかね、『ゼアッ』で締めてたよ。今年は誰も求めてないのに、永田がメインで、セミが我々、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン。たしかに、永田がいるからこの東金大会はできるのかもしれないけどね? 今日、こうやって会場に来ているお客様がいったい何を求めてるのか? 『ゼァ』を求めているのか、それとも『デ・ハポン!』の大合唱を求めているのか。まあ、どうせ、今日は勝っても負けても『ゼァ』やるんでしょ? みなさまの声を聞いてよく考え直した方がいいよ。東金のお客様も待ち焦がれているよ、我々と一緒に『デ・ハポン!』の大合唱をね。……とはいえ、25周年ですか? 素晴らしいことだと思いますよ。でも、そろそろね、立場をわきまえた方がいいんじゃないですか永田先輩、中西先輩。じゃあ、皆様、また明日、鹿沼でお会いしましょう。アスタ・マニアーナ。アディオス!」
※SANADAはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ