ブシモ 5th ANNIVERSARY WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム

日時
2018年1月4日(木)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
観衆
34,995人

第9試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントⅡ IWGPヘビー級選手権試合

  • <第65代チャンピオン>

  • <チャレンジャー/G1 CLIMAX 27優勝者>

※オカダが9度目の防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 現在の新日本プロレスで最も勢いに乗っている内藤が、1・4東京ドームのメインイベントでオカダが持つIWGPヘビー級王座へ挑戦。

 試合開始のゴングが鳴ると、両者へ向けた大歓声で場内が騒然となる。そんな中、内藤がロープ際で不意打ちし、低空ドロップキックを見舞う。
 その後、2人が互いの動きを読み合い、内藤がいきなりリングへ寝転ぶ。そして、自ら場外へ降りてたっぷりと間を取り、オカダを挑発する。
 ようやくリングへ戻った内藤は、アームホイップでオカダを投げ、背後から低空ドロップキックをお見舞い。続いてトップロープ越えの串刺し低空ドロップキックを繰り出すも、オカダが受け止めて内藤をコーナー最上段へ座らせる。そして、ショートレンジドロップキックで場外へ落とす。
 場外戦になり、オカダが鉄柵攻撃からフロントハイキックを食らわせ、内藤を鉄柵の外へ転落させる。だが、内藤は鉄柵を悪用した首攻撃で逆襲。
 さらに内藤は、エプロン上でスイングネックブリーカーを炸裂させ、ミサイルキックで追撃。そして、ドラゴンスリーパー式バックブリーカー、低空ドロップキックに繋ぐと、今度こそトップロープ越えの串刺し低空ドロップキックを命中させる。
 その後、オカダがカウンター両脚キックで反撃し、DDTで逆転に成功。さらに、ランニングエルボー、バックエルボー、カウンターランニングバックエルボーで追い討ちして行く。
 そこから場外戦になり、オカダがリングの周りを半周してランニングフロントハイキックをお見舞い。さらに、鉄柵を利用したDDTで場外マットへ突き刺す。
 しかし内藤は、オカダの串刺しバックエルボーをかわして流れを変える。そして、オカダの両脚をセカンドロープへ引っかけ、ドラゴンスリーパー式バックブリーカーで叩きつける。
 さらに内藤はリバースDDTに繋げるが、次のグロリアをオカダが回避し、フラップジャックで逆襲。そして、リバースネックブリーカー、ボディスラム、ダイビングエルボードロップに繋げる。
 続いてオカダはレインメーカーを狙うが、内藤が抵抗し、コブラクラッチからも脱出。そして、ロープを利用したスイングDDTを仕掛けるが、オカダが抵抗して今度こそコブラクラッチ。これはガッチリ極まっていたが、内藤は辛うじてロープへ脚を伸ばす。
 そこからオカダは串刺し攻撃を仕掛けるが、内藤がフロントキックでブロック。そして、オカダをエプロンへ追いやると、水面蹴りで転倒させる。
 ここで内藤は、オカダの両脚をトップロープにかけ、ネックブリーカーを敢行。さらに、雪崩式リバースフランケンシュタイナー、グロリアで追い討ちをかける。そして、コーナー最上段からスターダストプレスを繰り出すも、オカダにかわされて自爆してしまう。
 ダブルダウンを挟み、両者が激しいエルボー合戦を展開。これに内藤が競り勝ち、オカダの頭部を蹴り飛ばす。それでもオカダがフロントハイキックを見舞うと、内藤はすぐに浴びせ蹴りで報復。すると、オカダがショートレンジ低空ドロップキックで巻き返すが、内藤も負けずにジャンピングエルボーアタックを食らわせる。
 次に内藤は雪崩式攻撃に行くが、オカダが叩き落とし、トップロープからミサイルキックを発射。これを内藤がかわしてオカダをボディスラムで投げ、今度は自分からコーナーへのぼる。しかし、オカダが追いかけて内藤を引っこ抜き、ジャーマンスープレックスホールド。
 そこからオカダがレインメーカーを狙うも、内藤が回避してジャンピングエルボーアタックを繰り出す。だが、オカダが身をかわし、今度こそレインメーカーをお見舞い。
 それでも内藤がフォールを返すと、オカダはツームストンパイルドライバーの体勢に入る。しかし、内藤が激しく抵抗して脱出し、延髄斬りを発射。これをオカダがかわしてコブラクラッチに行くが、内藤がデスティーノに切り返す。
 ここから2人がエルボー合戦を繰り広げ、競り勝った内藤が張り手を見舞う。それでもオカダはコーナーを利用してリバースネックブリーカーを繰り出すが、内藤が変型リバースフランケンシュタイナーに切り返す。
 続いて内藤はデスティーノを狙うが、オカダが脱出して変型レインメーカー。そして、そのまま内藤の手首を掴んでレインメーカーに行くが、内藤が回避してデスティーノ。だが、フォールはオカダが跳ね返す。
 すると内藤はさらにデスティーノを仕掛けるが、オカダが回避してエルボースマッシュ。それでも内藤は延髄斬りを浴びせるが、オカダがドロップキックで逆転に成功。
 さらにオカダは、ツームストンパイルドライバーで内藤に追撃。しかし内藤は、次のレインメーカーを逃れ、変型デスティーノで叩きつける。
 ここで内藤は(正調)デスティーノを 狙うが、オカダ抵抗して旋回式ツームストンパイルドライバーをお見舞い。そして、最後は(正調)レインメーカーを炸裂させ、大激戦を制した。

COMMENT

※CHAOSのメンバーが全員、インタビュースペースでオカダを待ち受け、オカダが外道とともに現れると、拍手で祝福。用意されたビールを各々手に取ると、ロッキー・ロメロの「カンパーイ!」の合図で乾杯。
──9度目の防衛おめでとうございます。今の率直なお気持ちをお聞かせください。
オカダ「そうですね、ま、まだまだこういう戦いをやっていかなきゃいけないんだなと。それがオカダ・カズチカの使命なんだなと思っております」
──ドームのメイン、最後のカードとしてはこれが4年連続となりましたが、改めてこのドームのメイン、どんな舞台だと感じましたか?
オカダ「やっぱり気持ちいいですね。お客さんの数もどんどんどんどん増えていってますし、そこで試合して勝って。ま、それは僕しか、オカダ・カズチカしかできないんじゃないかなと思いますね」
──その中で今日の相手は勢いのある内藤選手でしたが、改めてどんなレスラーだと感じましたか?
オカダ「いや、すごいなと思いました。入場の時の大・内藤コール。僕も入場の前に控えてて聞こえましたし、『こりゃやべぇな』と思いましたけど、リング上に立てば、そんなことは関係なかったことで、内藤さんは強かったです。勢いもかなりありました。でも、僕の方が強かったというだけだと思います」
──その中で、ドームのメインを戦ってきた経験の差というものがオカダ選手にあるのかなと思いましたが。
オカダ「そうですね。でも、今日の東京ドームのお客さんも、毎年毎年、経験したことのない東京ドーム大会になってますんで、また来年、お客さんも増えて、誰とやるか分かんないですけども、また経験したことのない東京ドーム大会になって、またレスラーとして成長してしまうんじゃないかなと思いますし。やっぱり、来年もオカダ・カズチカしかいないんじゃないかなと思いますね」
──試合前は、歓声の比率が0対10でもいいとおっしゃってましたが、それでもオカダ選手が勝った時は大きな声援が上がっていたと思います。どのように聞かれましたか?
オカダ「正直、聞く余裕はなかったですね。ワーワー言ってるだけというか。そこにはオカダ・コールも内藤コールもなかったと思いますし。みんながしっかり応援して、その時のどういう声か分からないですけども……『よっしゃ!』なのか『あーあ……』なのか分からないですけども、そういういろんなものが混ざった歓声だったと思いますね」
──今日の勝敗を分けたポイントは?
オカダ「やっぱり、このIWGPのベルトを守ることを目標にしてきた人間と、メインイベントに立つことを目指していた人間の違い、そこの差が出たんじゃないかなと思いますね。やっぱりベルトに対しての執念というのは、僕の方が上回ってたと思います。内藤さんも、またどんどんどんどん、東京ドームのメインイベント、立つだけで満足なんてできないと思いますし、どんどんどんどんこのベルトが欲しくなってくると思いますんで、またベルトを懸けて。それが東京ドームのメインだと、また意味があるんじゃないかなと、4年前とはまた違う意味があるんじゃないかなと思います」
──やはりIWGP王者としてベルトを持つことが大きいということでしょうか? 内藤選手は、ベルトがなくても輝けるとおっしゃってましたが。
オカダ「まぁ、どんどんどんどん輝いてもらえばいいんじゃないかなと思います。別に1人だけ輝かなきゃいけないなんていう、そんなルールはないですし。内藤さんは内藤さんで輝いてもらえばいいと思います。それが棚橋さんでも、ケニーでも、誰でもいいと思いますし、そこは勝手にどうぞ、輝いてもらって。まぁでも、一番ど真ん中で輝いているのは、IWGPヘビー級王者、オカダ・カズチカということだと思いますんで、僕のまわりでは勝手に輝いてください」
──今回、9度目の防衛ですが。
オカダ「次で2ケタですか。僕は前も防衛8回だったので、9回という新たなところに来たと思いますし、別に目指してたわけじゃないですけど2ケタっていうのも見えてきましたし、それを目指してるわけじゃないですけどV11っていうのも見えてきてますし。それはそれで楽しみっすね。どんどんどんどん防衛して、何か記録を作りたいわけじゃないですけど、しっかり防衛して、リング上で言ったように感動だったり驚きだったり、ハッピーだったり、いろんな雨を降らせていきたいなと思います」
──王座保持期間も最長記録を更新中ですが。
オカダ「それもしっかり……その記録を伸ばしたいというよりも、僕はずっとチャンピオンでいたいだけなので、ずっとチャンピオンでいられるように、2018年もしっかりやっていきたいと思っております」
──この1年はどんな1年にしていきたいですか?
オカダ「今日のお客さんの数が、2017年に僕たちがやってきたことの結果だったり期待だと思ってるんで、2019年にもっとお客さんが入るように、しっかりどんどんどんどん盛り上げて、プロレスの、新日本プロレスのすごさっていうのを、日本全国、世界中に知らしめていきたいなと思っております」
──今日はパンタロンを新調されて、お客さんからどよめきも起きていましたが、どんな意味が?
オカダ「ま、気分転換です。僕もずっと同じコスチュームでやってるっていうのも、自分としても新たな刺激が欲しいと思ってましたし、そういう意味でちょっとコスチュームを変えました」
(※質疑応答が終わり、立ち上がったところで)
オカダ「これだけお客さんが入ったんで、オーナーにボーナスもらわないと。全選手、全社員に、オーナーからボーナスごっちゃんです」

※内藤はフラフラとした足取りでインタビュースペースに現れる。
内藤「俺は、負けてなんかいねぇよ。勝つまで、何度でもやってやるよ! ……とか言うレスラーいるけどさぁ、俺はそういうの嫌いだから。今日はスリーカウント聞いたのは事実だからね。まぁ、勝った者が全部、素晴らしいんでしょう。勝った者が全て正しいんでしょう。いや、非常に悔しいですよ。オカダにも、そしてお客様にもかつて笑われましたよ。『東京ドームのメインが夢か』って。でもさぁ、これは俺が、中学3年生の時に立てた目標だから。これ、俺は大事にしてきたから。誰に笑われようと、大事にしてきた夢だから。まぁ、今日、俺は何か一つ、ゴールを迎えたっすかね!? まぁでもそれは、中学3年生の時に立てた目標のゴールであり、今日、ゴールを迎えた時点でまた新しい夢が見えてきましたよ。レスラー内藤哲也としての夢が、出てきましたよ。まぁ、また次の機会に発表しますよ。今、一つ言えることは、俺は必ず、またこの舞台に戻ってくるから。東京ドームでの大合唱、皆様、楽しみに待っててください。じゃあ、明日後楽園ホールで試合あるんでね、みなさんも来てくれるんでしょう? 明日、また後楽園ホールでお会いしましょう。(※フラつきながら)アスタ・マニャーナ、アディオス!」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ