KING OF PRO-WRESTLING

日時
2017年10月9日(月)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・両国国技館
放送
バナーバナーバナー
観衆
9,234人(満員)

第7試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合

  • <第77代チャンピオン>

  • <チャレンジャー>

※チャンピオンが3度目の防衛に失敗。オスプレイが新チャンピオンとなる。
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 KUSHIDAとオスプレイが激突するIWGP Jr.タイトルマッチ。オスプレイは、2016年4月10日両国と6月19日大阪のIWGP Jr.戦、今年6月3日代々木の『BEST OF THE SUPER Jr.』決勝、8月26日イギリスのWCPW『ワールドカップ’17』決勝と、KUSHIDAに4連敗を喫している。

 握手から試合がスタート。その直後、オスプレイがフロントハイキックで先制し、そのまま両者が激しいエルボー合戦を繰り広げる。
 そこからオスプレイがヘッドシザースホイップでKUSHIDAを場外へ追いやるが、エプロンからのシューティングスターアタックはかわされて不発となる。だが、オスプレイはエプロンを利用してKUSHIDAの突進をかわし、フロントハイキックをお見舞い。
 しかし、KUSHIDAがカウンターシェルショックでオスプレイを鉄柵へ激突させ、ドロップキックで鉄柵外へ転落させる。そして、パイプイスを利用して踏み台攻撃に行くが、オスプレイが鉄柵利用のスワンダイブフライングフォーアームで迎撃。
 ここでオスプレイはリングへ戻り、サスケスペシャルを繰り出す。ところが、KUSHIDAが飛びついて腕をキャッチし、腕ひしぎ逆十字固めで逆転。
 これでKUSHIDAのペースとなり、ニークラッシャー、足4の字固め、腕へのドロップキックで追い討ち。さらに、両足でオスプレイの顔面を踏みつけると、側転から低空ドロップキックを見舞う。
 しかしオスプレイは、ハンドスプリングハイキックで逆転に成功。さらに、膝蹴り、チンクラッシャー、ミドルキックを矢継ぎ早に繰り出し、串刺しエルボースマッシュ、串刺し低空ドロップキック、その場飛びトルニージョへ繋げる。
 続いてオスプレイはKUSHIDAをコーナー最上段へ固定するが、KUSHIDAがトラースキックを回避。しかしオスプレイは、エプロンからハイキックを食らわせ、スワンダイブラリアットで追撃。
 苦しくなったKUSHIDAがローリングエルボーで巻き返すと、オスプレイはすぐさまサマーソルトキックをお見舞い。しかし、直後の延髄斬りをKUSHIDAがかわし、高角度DDTからホバーボードロックを狙う。これをオスプレイが延髄斬りで脱出すると、KUSHIDAは即座にオーバーヘッドキックをお見舞い。そしてロープへ走るも、オスプレイがカウンターその場飛びスライスブレッドで叩きつける。
 エルボー合戦を挟み、オスプレイがKUSHIDAのランニングパントキックを回避し、ハイキックを食らわせる。するとKUSHIDAはマサヒロ・タナカを放つが、オスプレイがブロックし、バックキックでKUSHIDAの顔面を撃ち抜く。
 続いてオスプレイはKUSHIDAをトップロープへ乗せ、コーナーへのぼる。しかし、KUSHIDAがエプロンへ逃れてジャンピングハイキックを浴びせ、トップロープ上から雪崩式飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを敢行。
 オスプレイが辛うじてロープエスケープすると、KUSHIDAはショルダーアームブリーカーで追い討ち。さらに、オスプレイの両腕を掴んだまま顔面にストンピング連射を食らわせる。だが、オスプレイが耐え抜き、変型コードブレイカーで逆転。
 さらにオスプレイは、飛びつきリバースDDTでKUSHIDAの脳天を突き刺し、コーナー最上段へのぼる。しかし、KUSHIDAがハンドスプリングニールキックで動きを止め、コーナー上で腕を取る。ところが、オスプレイが脱出してKUSHIDAをコーナー最上段へ固定し、顔面にトラースキックをお見舞い。
 次にオスプレイはKUSHIDAをコーナー最上段へ座らせ、雪崩式オスカッターの体勢に入る。これをKUSHIDAが抵抗して雪崩式バックトゥザフューチャーを仕掛けるが、オスプレイがスタナーに切り返す。
 オスプレイの攻撃は続き、リバースファイヤーバードスプラッシュ、コークスクリューキック。そして、オスカッターを狙うも、KUSHIDAが腕を取ってホバーボードロックで捕獲。それでもオスプレイがロープへ近づくと、ポジションを変えてさらに絞り上げる。
 そこからKUSHIDAはバックトゥザフューチャーの体勢に入るが、オスプレイが変型首固めに切り返す。だが、KUSHIDAがさらに切り返し、スタナーで叩きつける。
 次にKUSHIDAはオスプレイの腕にランニングパントキックを見舞い、ホバーボードロックを仕掛ける。しかし、オスプレイが空中で切り返し、変型オスカッターで逆転。その直後、(正調)オスカッターを炸裂させ、ついにKUSHIDAを撃破。シングル初勝利をあげると同時に、待望のIWGP Jr.初戴冠を果たした。

COMMENT

オスプレイ「言葉がないよ。まずはゆっくりこの勝利を噛みしめたいと思う。このベルトを見てくれ。ここには名だたるレスラーの名前が刻まれている。オレはその歴史の一部になった。オレは史上初めてのイギリス生まれのIWGPジュニアのチャンピオンになった。KUSHIDAとは5回対戦して4回負けた。でも5回目でベルトを獲ることが出来たのは5という数字がラッキーナンバーなんだと思う。いま泣きそうな気分だけど、まだ泣いている場合じゃない。すべての努力が報われた。KUSHIDAには何回も負けてきたけども、KUSHIDAの挑戦はいつでも受けるつもりだ。エアリアル・アサシンが新チャンピオンだ」

KUSHIDA「(※首を冷やしながらインタビュースペースに現れ)今日は完全にオスプレイの日でしたね。今日、彼と戦えたことを誇りに思います。世界中の誰も俺たちの戦いに口出しできないと思う。だけど、まだ諦めたくない。諦められない。今日この日、この両国国技館でオスプレイと戦えた。ついに、ベルト2本失って丸腰になっちゃいました。だけど俺は何も失ってない。強がりでも何でもない。そこで得たもの、最高の、最高のものが俺の中にあるから。諦めきれない。もう一丁だ!」

マーティー「事実として、オスプレイは自分の母国でもあるイギリスを代表するプロレスラーである。そんなオスプレイにネコのマネだとか、道化師のようなことをしているオマエ(※高橋ヒロム)はベルトに挑戦する価値はない。今度ベルトに挑戦するのは、このオレだ。数ヶ月でオレは新日本でスーパースターになっている。Tシャツの売れ行きも絶好調だ。残念ながらオマエにはスターの素質はない。だからスターであるオレがベルトに挑戦してやる。そしてイギリスはもっともっと素晴らしいモノを求めているはずだ。オスプレイ、オマエがスーパーマンならオレはクリプトナイトだ」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ