NEW JAPAN CUP 2016

日時
2016年3月3日(木)   17:30開場 19:00開始
会場
東京・大田区総合体育館
観衆
2,938人
木谷オーナーが発表!『J-CUP』開催!柴田とエルガンが選手契約!
 大会開始前、18時40分から木谷高明オーナーが、リング上で以下の発表を行なった。
 
木谷「本日はご来場いただきまして誠にありがとうございます。年明けからいろいろありましたが、今日は三つ発表させてください。三つ目はとくにありませんとは言いませんから(笑)。みなさまのお陰をもちまして、新日本プロレスがブシロードグループになってから、この半年で創業以来、過去最高の利益になりました。これから新たな投資や選手のギャラアップを、キッチリとできる態勢がこの4年間で整いました。本当にありがとうございました。いよいよ、新日本プロレスも成長のセカンドステージに入ったと思います。種撒きがファーストステージで、セカンドステージはさらに飛躍するための4〜6年になります。まず、今日発表する一つ目。選手に関することになります。先日、LION’S GATEを新宿FACEで開催させていただきましたが、これからも地方大会を含めて全国でLION’S GATEトライアルを開催して、新人の発掘育成をやっていきたいと思っています。有望な人材をどんどん発掘したいな、と。で、今日は、すでに発表になっていますが、この選手に登場してもらいます。マイケル・エルガン選手です」
 
※エルガンがリングに登場。
 
木谷「エルガン選手はこのたび、2年契約ということで新日本プロレスの所属になります。いままでは1年契約の選手が多かったんですが、今後は日本人も外国人も複数年を含めて考えていきたいと思います。それでは一言お願いします」
 
エルガン「私は14歳でレスリングを始めました。二つのゴールがありました。1番になること、そして日本に来て新日本でレスリングをすることです。そして、新日本で私の夢がかなえられると信じています。なぜなら世界で1番のファン、レスラーがいるからです。今夜、NEW JAPAN CUPで私の強さを証明して、夢をかなえてみせます」
 
木谷「エルガン選手、ますます活躍してもらえると思います。それからもう1人、いままでフリーで活躍してきた選手と、是非とも正式に契約したいと思いまして、お呼びしています。どうぞ」
 
※柴田勝頼がリングに登場。
 
木谷「柴田選手、ここに契約書があるんですけど、サインしていただけますか?」
 
柴田「えー、いままでとスタンスは何も変わらないと思います。今年に入ってから、サヨナラが多すぎる。お別れを観に来てるんじゃないと思う。だから、俺はここで闘う約束をしたいと思います」
 
※場内が柴田コールに包まれる中、柴田が契約書にサインを行なう。
 
木谷「柴田選手のますますの活躍を期待したいと思います。それでは二つ目。これは現場の菅林(直樹)会長から発表していただきたいと思います」
 
菅林「本日はご来場ありがとうございます。新日本プロレスの菅林です。以前やって、たいへん盛り上がっていた大会を復活させたいと思います。SUPER J CUP、8月21日に有明コロシアムで開催が決定しました」
 
※ここでビジョンに参加予定の団体が発表される。

◆『SUPER J-CUP 2016』 8月21日(日)有明コロシアム
★参戦予定
プロレスリング・ノア
KAIENTAI-DOJO
DRAGON GATE
ZERO1
琉球ドラゴンプロレスリング
鈴木軍
CMLL
ROH
 
菅林「それでは参戦予定の団体を代表して、何人かの選手に登場してもらおうと思います」
 
※KUSHIDA、丸藤正道、TAKAみちのくが登場し、以下のコメントを発表。
 
KUSHIDA「新日本プロレスのKUSHIDAです! SUPER J CUP、一団体でも多く参加していただいて、レスラーも関係者もファンも、大人も子どもも夢を持てる、そんな大会にしたいと思います。よろしくお願いします!」

TAKA「新日本プロレスファンのみなさま、おひさしぶりです。今日は鈴木軍ではなく、KAIENTAI DOJOの代表としてお邪魔しました。思えば20数年前、第1回SUPER J CUPに参加させていただき、大きなチャンスをいただき、それでいまの自分があると思います。KAIENTAI DOJOにも若い勢いのある選手がたくさんいます。ぜひ、そいつらにチャンスをいただければと思います。よろしくお願いします。」

丸藤「新日本プロレスファンのみなさん、こんにちは。プロレスリング・ノアの丸藤です。いま、自分はヘビー級を主戦場として闘っているので、ノアの若くて活きのいい選手を送りこみたいと思います。僕も化学反応を楽しみにしています。みなさん、よろしくお願いいたします」
 
木谷「先ほどお話したように、新日本プロレスは4年間で基盤が固まったので、セカンドステージでは日本のプロレス界に貢献できるような活動を含めて展開していきたいと思います。何卒みなさま、SUPER J CUPをよろしくお願いいたします。それでは三つめを発表したいと思います。じつはこういう企画が進行しています」
 
※ビジョンに「タイガーマスク アニメ化計画」と「新日本プロレス所属の選手が実名で登場予定」という文字が映される。
 
木谷「私と同世代のかたは、昔のプロレスや野球、サッカー、すべて実名のスポーツ選手が出ていたアニメやコミックの記憶があると思いますが、いまはもはやそういうことができない時代になってます。ただ、新日本プロレスは違います! そのアニメの中で選手が次々、実名で登場します。某団体が世界にプロレスをくまなく広めてくれています。ということなので、このアニメも世界にくまなく、ネット配信や番組販売で広がるはずです。世界中から引き合いがあるはずです。そのことによって、タイガーマスクというコンテンツと、新日本の選手が世界中に広まるんじゃないかと考えています。これは某団体にはマネできないでしょう! ブシロードという会社は、どちらかというと二次元中心で活動していますが、いまはやはり二次元から三次元に入ると言う男性、女性が非常に増えています。このアニメを放送することで、アニメから入って新日本のファンになる人がかなりいらっしゃるんじゃないかと思います。逆に新日本のファンのかたが、このアニメで違った選手の一面を楽しんでいただければと思っています。ぜひとも楽しみにしていただきたいなと考えております。以上、今日は三つ発表させていただきましたが、このほかにもいろいろと企画が進行しています。追って発表させていただきたいと思うので、今後とも新日本プロレスをよろしくお願いいたします。ありがとうございました」

■木谷オーナーのコメント(バックステージ)
——最高収益というのは具体的には?
木谷「売り上げは全盛期までいっていないですが、利益は過去最高です。6ヶ月で経常利益3億に。もともと、利益を残さない会社だったので(苦笑)。売り上げは半期で17億です。通期でも過去最高になります。ただ、売り上げは通期で32〜3億というところでしょうから。過去39億というのがありましたので、これは来期にチャレンジしたいなと思います。ただ、まだWWEの売り上げの25分の1くらいです。配信サービスの会員数は25分の1。利益はなんとか15分の1くらいという感じでしょうか」
 
——選手の給料にも反映できる基盤が整ってきた?
木谷「そうですね。もちろん、全体的に上がるというのはあれですが、選手に応じてもう少し凹凸つけられるかと思います。具体的には勘弁してほしいですが、4年前よりはよくなってると思いますよ。プラス、これからはアミューズさんの協力もあって、選手個人の芸能の売り上げもプラスされていくかと。これはあと1〜2年かかるかもしれないですけど。話がズレますけど、タレントさんでテレビバラエティに出ても、大したギャラは出ないんですよ。タレントがどこで稼ぐかというと、CMなんですよ。だから、テレビCMに出れるところまで持っていきたいですね。そうすると桁が違ってくるので。年棒と、プロレス外活動含めて年収が1億超える人が出てくるのは、そんなに遠くないと思います。次のセカンドステージが4年だとすると、その終わりの頃には実現させたいですね」
 
——今後、選手契約は複数年を主体に?
木谷「そうですね。極端な話、1〜4年まであっていいと思うんですよね。昔は日本人選手も複数年契約はあったんですよ。ただ、経費削減で毎年見直そうということで1年ごとになっちゃったんですけど。1年だと、たとえば35人選手がいれば、35回契約更改しないといけないんですよ。大変ですよね(苦笑)。でも、2年にすれば、毎年の契約更改が半分で済みますので。まあ、短い人は1年、長い人は4年も出てくると思いますし。今後の契約更改はそういうふうに段階をつけたやりたいなと」
 
——今年1月の契約では、日本人で複数年契約の選手は?
木谷「いないです。去年の夏くらいから、そろそろ複数年を導入したらと言ってたんですよね。まあ、こんなふうになると思ってなかったというか、ちょっと遅かったですね。しかたないです。今年からですね」
 
——柴田選手は再入団となりますが、所属で戦ってほしいと思った理由は?
木谷「やっぱり、いい試合してますよね。新日本プロレスワールドでいろんな試合を見られるようになって、柴田選手は平均点が非常に高いですね。所属になることで、リング上の変化はそんなにないと思います。いままでも一生懸命やっていただいていたので。柴田選手はアミューズからの評価も非常に高いでから。なので、そのへんの展開もやらせていただきたいというのは当然ありますね」
 
——SUPER J CUPが有明コロシアムになった理由は?
木谷「それなりの規模感がほしいというのと、前から思ってたんですが、スーパージュニアの決勝が6月にあって、そこからジュニアが活躍する場が空いちゃうんですよ。ヘビーの選手はG1で活躍しますから、8月の後半にジュニア中心の何らかの大会をやりたいなとずっと思ってました。今回のかたちは現場からの声もあって。最初はタッグでもいいと思ってたんですけど。参加団体はまだ増えると思います」
 
——今回は新日本が主催?
木谷「そうですね。ただ、1回やってみて、そのときの反応で、かたちはどんなかたちでもいいと思いますね。リング上で言わせていただきましたが、新日本の基盤が固まるまでは余計なことをしちゃいけないと思っていたので。ようやく基盤が固まったので、非常に不遜なんですけど、新日本も全体の底上げを考えさせていただいていいかなと。その第1弾ですね」
 
——タイガーマスクは1社提供ですか?
木谷「もちろん、新日本とブシロードになるかもしれませんが、それはまだ決まってないです。そこはおもちゃや音楽、いろんな業界に広がってほしいなと思います」
 
——アジアを中心に広めたい?
木谷「そうですね。いままで台湾でやってますけど、今年はアジアツアーをちゃんとやりたいと思っているので。香港とシンガポールはやりたいと思ってます」
 
——レスラーが実名登場ということですが、声優も本人が?
木谷「それは難しいと思うんですよ。でも、できそうな人もいますよね(笑)。ただ、収録の関係もあるので、登場の回数を若干セーブしつつ。たとえば、真壁さんなんか自分でできるんじゃないですかね。それ以外は厳しいとも思いますけど(苦笑)」
 
——具体的にはいつから?
木谷「それは編成の話なので言えないんです。ただ、そんなには遠くないということで。僕も話のプロット(構成)を読みましたけど、ちゃんと今風になっていておもしろいなと思いました。これはいけるだろうなと。とくに女性ファンがつくと思います。また、女性ファンが増えるかなと。まあ、事前に発表と言って、ファンの期待としてはゴールデンタイム復活というのがあると思いますけど、それは野球すらやってないですから。むしろ、こうやってタイガーマスクなんかが盛り上がって、ビジネスとして大きくなれば、本当に煽りますよ。ワールドの会員が10万人達成したら、僕は可能性あると思いますね。だって、単品の配信サービスで会員が10万人いってるのってないですから。だから、ワールドに僕はこだわってるんですよね。そのへんはタイガーマスクを含めて、非常に楽しみだなって思ってます」
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ