Road to DESTRUCTION

日時
2017年9月7日(木)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,695人(札止め)

第7試合 時間無制限
イリミネーションマッチ

【その他の試合結果】
×内藤(12分51秒 両者OTTR)石井× 
○矢野(14分03秒 横入り式エビ固め)SANADA× 
○BUSHI(14分27秒 OTTR)矢野× 
○オスプレイ(15分32秒 オスカッター→片エビ固め)BUSHI× 
○ヒロム(16分38秒 OTTR)オスプレイ× 
○オカダ(17分53秒 レインメーカー→片エビ固め)ヒロム× 
○EVIL(19分59秒 OTTR)オカダ× 
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 CHAOSとLOS INGOBERNABLES de JAPONがイリミネーションマッチで対決。10・9両国で行われるIWGPヘビー戦オカダvsEVIL、IWGPヘビー挑戦権利証争奪戦・内藤vs石井、9・10福島で行われるNEVER 6人タッグ戦EVIL&SANADA&BUSHIvsオカダ&矢野&ロメロのトリプル前哨戦でもある。

 石井対内藤で試合が始まると、大「内藤」コールが起きる。だが、内藤はすぐにヒロムと替わってしまった。
 オスプレイ対ヒロムとなり、ヒロムがショルダータックルで先制。しかし、オスプレイはすぐさまヘッドスプリングで立ち上がる。その後、オスプレイはエプロンへ追いやられるが、そこからカウンタータックルでヒロムを迎撃。そして、トップロープ越しにヒロムを飛び越えると、ドロップダウン&リープフロッグでフェイントをかける。
 それでもヒロムはヘッドシザースホイップを繰り出すが、オスプレイは側転で着地。さらに、トップロープの反動を利用したアームホイップでヒロムを投げると、ドロップキックで場外へ落とし、ハンドスプリング&バク宙のフェイントを披露した。
 ロメロ対BUSHIとなり、CHAOSがBUSHIを捕獲。矢野のシーソーホイップからロメロがラリアットを食らわせ、直後にオカダがトップロープ越えのセントーンアトミコを見舞う。
 その後、ロメロがトップロープとセカンドロープのあいだで急停止してフェイントをかけ、BUSHIを場外へ追い込む。そして、ロープへ走るも、ヒロムが脚を引っ張って転倒させ、内藤が低空ドロップキックを食らわせる。
 これでロメロが孤立し、L・I・Jが集中攻撃を敢行。だが、ロメロはフェイント式ニールキックでEVILに逆襲し、オカダとタッチ。そのオカダは、カウンターバックエルボー、串刺しジャンピングバックエルボー、DDT、低空ランニングエルボースマッシュでEVILに追い討ちをかける。
 その後、EVILがオーバー・ザ・トップロープ(OTTR)を狙うも、オカダが脱出。だが、EVILがカウンターサイドバスターで叩きつけ、串刺しショートレンジラリアットで追撃。さらに、死角からラリアットを食らわせる。しかしオカダは、次のダークネスフォールズから逃れ、フラップジャックで巻き返した。
 石井対内藤の場面。石井がパワースラム、エルボー&逆水平チョップ連射を見舞うと、内藤は変型バックブリーカーで反撃。さらに、低空ドロップキック、セカンドロープを利用した変型バックブリーカーへ繋ぐ。
 その直後、BUSHIが前方回転エビ固めの形で石井を固定し、内藤が低空ドロップキックを食らわせる。そして、ツバを吐いて挑発に出るも、石井が強烈なラリアットで報復した。
 ここから混戦となり、オスプレイが開脚式スワンダイブミサイルキックでSANADA&ヒロムをなぎ倒すも、BUSHIの延髄斬りを浴びてダウン。しかし、矢野がBUSHIのロープワークを妨害し、ロメロがヒロムへトペスイシーダを食らわせる。
 その後、石井が内藤に串刺しラリアットを浴びせて雪崩式ブレーンバスターを狙うが、体勢が崩れてしまう。これでエプロンへ落ちた内藤が石井を引き込み、背中へ低空ドロップキックをお見舞い。そして、エプロン上でネックブリーカーを敢行し、両者が同時失格となった。
 矢野対SANADAの場面。矢野がニュートラルコーナーのクッションを取り外すが、SANADAがパラダイスロックを極めて体の自由を奪う。そして、クッションで勢いよく尻を叩いてお仕置き。
 その後、矢野がクッションを投げ、受け取ったSANADAがすぐに投げ返す。すると矢野は、それをレッドシューズ海野レフェリーへ投げ渡して注意を逸らし、突然自分から急所を押さえて苦しみ出す。そして、SANADAとBUSHIを激突させると、634で2人の急所を殴り、スクールボーイ(横入り式エビ固め)でSANADAから3カウントを奪った。
 ところが、直後にBUSHIが矢野へグリーンミストを噴射し、Tシャツを頭に被せる。そして、そのまま矢野を投げ飛ばし、OTTRで失格させた。
 オスプレイ対BUSHIとなり、オスプレイがハンドスプリングオーバーヘッドキックでヒロムとBUSHIをなぎ倒す。そして、スワンダイブフライングフォーアーム、レインメーカー式スパニッシュフライ、コークスクリューキックでBUSHIに追撃し、オスカッターでとどめを刺した。
 続いてオスプレイはヒロムをコーナー最上段へ固定し、顔面にトラースキックを浴びせる。そして、オスカッターを狙うも、ヒロムが受け止めてTIME BOMBを仕掛ける。これをオスプレイが抵抗してエプロンへ着地し、突進して来たヒロムへハイキックを見舞う。
 続いてオスプレイはスワンダイブ攻撃に行くが、ヒロムがトラースキックで迎撃。そして、セカンドロープ越えのカナディアンデストロイヤーでオスプレイを場外へ叩きつけ、失格に追い込んだ。
 ここでオカダが登場し、ヒロムにリバースネックブリーカー、ダイビングエルボードロップをお見舞い。たまらずEVILがリングへ乱入するも、オカダがドロップキックで蹴散らす。そして、ヒロムにもドロップキックを食らわせると、レインメーカーで葬った。
 これでオカダ対EVILとなり、2人へ向けた大コールで場内が二分される。そんな中、EVILがジャーマンスープレックスホイップで叩きつけるも、オカダがダークネスフォールズから逃れてコーナー最上段へのぼる。それをEVILが追いかけ、両者はコーナー上でエルボー合戦を展開。これでオカダはエプロンへ落ちてしまうが、EVILを引き込んでパイルドライバーの体勢に入る。だが、EVILが重心をずらしてリングへ着地し、エルボーをお見舞い。次のラリアットはオカダが回避するも、EVILがすぐにショートレンジローリングラリアットを命中させ、OTTRでオカダを失格させた。
 これでロメロとEVILの一騎打ちとなり、ロメロがスクールボーイで奇襲。さらに、EVILを持ち上げてOTTRを狙う。しかし、EVILが踏みとどまり、トップロープをずらしてロメロをエプロンへ追い込む。
 だが、ロメロはエプロンからジャンピングニーアタックを食らわせ、スワンダイブミサイルキックで追撃。さらに、得意の連続串刺しラリアットへ繋ぐ。
 しかし、EVILが海野レフェリーを利用して流れを変え、トラースキックで逆転。それでもロメロは逆さ押さえ込みで奇襲を仕掛け、カウンタージャンピングニーアタックを食らわせる。
 続いてロメロはスパニッシュフライを狙うが、体勢が崩れて失敗してしまう。すかさずEVILがダークネスフォールズでロメロを叩きつけ、最後はEVILで轟沈。EVILの1人残りでL・I・Jの勝利となった。

COMMENT

ヒロム「俺がやらなければならないこと、そして俺の運命、この先何が起こるか、全て見えた。見えた。思い出した。思い出させてくれたよ。(※胸を指し)この痛み。ハハハハハ! 俺のやらなければいけないこと、思い出したよ」
EVIL「何べんでも言ってやるよ。超人オカダ・カズチカの倒し方は、まだ、まだあるぜ! 大阪で、俺がオカダ・カズチカより強えぇということを示してやった。ここから両国までは、俺の方が強えぇプラスアルファを見せて、見せまくってやるぜ! あと、俺らにはNEVER6メンタッグのタイトルがある。俺らがあのベルトの価値を高めに高めてやったんだよ。今は、それの前哨戦でもあるんだ。オカダ、並びに矢野、ロッキー。そこんとこ、よぉく、覚えとけ! THIS IS EVIL! EVERYTHING IS EVIL! 全ては…EVILだ!」
内藤「一昨日の名古屋大会、石井の試合後のコメントを楽しみにしてたんだけどさぁ、ちょっとガッカリなコメントだったね。彼は俺の発言をほとんどチェックしてないってこと⁉︎ 何か、『G1 CLIMAX』優勝決定戦の翌日、一夜明け会見しかチェックしてませんでしたー、みたいなね。そんなつまらないコメントしか、彼はしてなかったね。ちょっとガッカリだよ。
今日ここで改めて、皆様に、そしてあまり理解していない石井選手に、改めて俺の意向を説明しますよ。俺は挑戦権利証争奪戦を1回しかやらないから。何回も何回もやると、『G1 CLIMAX』優勝の価値が薄れちまうよ。何なら俺は争奪戦なんかやらなくてもいいと思ってるからね。
まあでもやるんなら、せめて1回だけだね。 俺が指名するのであれば、石井かな。でも石井が挑戦権利証を別にいらないよと、欲しくないよと言うのであれば、やらなくていいよ。やりたくない人間と、やってもしょうがないでしょう? ロサンゼルス大会、『G1 CLIMAX』と、俺は彼に2連敗してるけど、2連敗したまま、俺は東京ドームのメインイベントに行きますよ。だって、俺が『G1 CLIMAX』で優勝したことには変わりないからね。やりたくないなら、やらなくて結構。まぁ要するに、あの挑戦権利証を、ほしいですか、ほしくないですか。俺は石井に問いたいよ。その答えを聞きたいだけだよ。やりたくないなら、わざわざやらせなくていいよ。やらせる必要もないしね。でもやるんだったら、あの挑戦権利証をほしいって言うんだったら、俺は彼の挑戦を快く受け入れますよ。
あとさぁ、あと、石井以外の選手はこのままでいいの? 誰も手を挙げてないようだけど、このままでいいんですか? 言ったでしょう? 俺は争奪戦、1回しかやらないからね。まぁ立候補したところでさぁ、その意見が通るのかは分からないよ。でも、思ってることは口に出さなきゃ、誰にも何も伝わらないからね。
まぁ、今日の俺のコメントを、石井が後でチェックしてくれることを、心から願ってますよ。じゃあ皆様、アスタルエゴ、また土曜日、お会いしましょう。アディオス!」

オカダ「EVIL、すごい調子良さそうだね。楽しいよ。『G1』大阪大会より楽しくなるのはあたりまえだな。そしてNEVER6人タッグ。ロスインゴのEVIL、SANADA、BUSHI、楽しそうにやってるな。でもなオレはメキシコでずっと6人タッグやってたんだよ。オレがしっかり6人タッグの闘い方を教えてやる」
石井「オレにはこだわってないって?石井にはこだわってない?相変わらず笑かすな。オメェがいの一番に出した名前だろ。オメェが希望したカードだろ。あぁ?決まらないなら決まらないで、オレに言うことはないと言う。決まったら決まったで、このザマか。相変わらずだよ、アイツは。他に誰か対戦したいヤツいるのか?シリーズ開幕して2日経つけど、いないだろ。そりゃそうだよな。なんでか分かるか?アイツの言動は、たとえ客に支持されようがオレらレスラーには響いてこないんだよ。だからアイツが『G1』優勝したときもそうだろ!?なかなか名乗り出なかった。まあそんなことウダウダ言ってもしょうがないし、もう決まったことだからな。もう一回言っといてやるよ。オメェの挑戦受けてやるよ!あぁ!?だけどな、オメェのドーム、メインへの道はオレの名前出した時点で終わってんだよ」
※矢野、オスプレイ、ロッキーはノーコメント。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ