Road to DESTRUCTION

日時
2017年9月5日(火)   17:00開場 18:00開始
会場
愛知・名古屋国際会議場・イベントホール
観衆
1,368人(満員)

MATCH REPORT

 10・9両国で行われるIWGPヘビー戦オカダvsEVIL、IWGPヘビー挑戦権利証争奪戦・内藤vs石井、9・10福島で行われるNEVER 6人タッグ戦EVIL&SANADA&BUSHIvsオカダ&矢野&ロメロのトリプル前哨戦。なお、両チームは、2日後の9月7日(木)後楽園ホール大会でイリミネーションマッチを敢行する。

 オスプレイ対ヒロムで試合がスタート。ヒロムがヘッドシザースホイップを繰り出すと、オスプレイが側転で切り返して着地する。一方、ヒロムはその場飛びムーンサルトプレスをかわすが、オスプレイがトップロープの反動を利用したアームホイップで投げ飛ばす。そして、ヒロムを場外へ落とすと、トペフェイントで場内を沸かせた。
 ロメロ対BUSHIとなり、ロメロがヘッドシザースホイップ、連続串刺しラリアット、カウンターラリアット。さらに、矢野&オカダとの連携攻撃へ繋ぐ。
 しかし、BUSHIがロメロをロープへ振り、ヒロムが場外から足を引っ張って転倒させる。直後にBUSHIが低空ドロップキックを食らわせ、一気に乱戦へ突入。そのままBUSHIがロメロを捕まえ、Tシャツで首を絞める。
 これでロメロが完全に孤立し、ヒロムが逆水平チョップ、ランニングドロップキック、EVILがセントーン、BUSHIがミサイルキックなどで攻め立てる。しかしロメロは、BUSHIの串刺し攻撃をかわしてニュートラルコーナーに衝突させ、低空ドロップキックで逆転。
 オカダ対EVILとなり、オカダがカウンターバックエルボー、カウンターフロントハイキック、串刺しバックエルボー、DDT、低空ランニングエルボースマッシュ、ボディスラムと畳み掛ける。
 続いてオカダがコーナー最上段へのぼると、EVILが立ち上がる。それでもオカダはコーナーを利用してリバースネックブリーカーを仕掛けるが、EVILが脱出。そして、オカダの脚を取ってレッドシューズ海野レフェリーに持たせ、ガラ空きのボディへトラースキックを見舞う。
 次にEVILは、串刺しローリングラリアットでオカダに追い討ちし、死角から斜めに走ってカウンターラリアットを食らわせる。そして、レインメーカーを両腕でブロックするも、オカダがカウンタードロップキックで報復した。
 石井対内藤の場面。内藤がマンハッタンドロップで先制し、トップロープ越えの串刺し低空ドロップキックを浴びせる。だが、石井がブレーンバスターで逆転し、エルボー&逆水平チョップ連打、バックドロップで追撃。
 そこから石井がロープへ走ると、控えのSANADAが背中を蹴って妨害。そして、SANADAが石井を羽交い絞めにするが、内藤のジャンピングエルボーはかわされて誤爆となる。
 その直後、今度は内藤がロープへ走るが、控えの矢野が背中を蹴って羽交い絞めにする。ところが、石井が放ったラリアットは内藤にかわされ、矢野が被弾してしまう。
 その後、オスプレイがハンドスプリングオーバーヘッドキックでBUSHIとヒロムを場外へ落とすが、次に繰り出したプランチャはかわされる。一方、内藤がカウンタートーキックで石井の動きを止めると、BUSHIが前方回転エビ固めの要領で上体を固定。そこへ内藤が低空ドロップキックを食らわせた。
 石井対SANADAとなり、エルボー合戦からSANADAがロープへ走る。しかし、石井がカウンターパワースラムで挽回。ここでタッチを受けた矢野は、ニュートラルコーナーのクッションを素早く取り外す。そして、それをSANADAに持たせ、海野レフェリーにチェックを要求する。
 だが、SANADAは矢野にクッションを持たせ、反対に海野レフェリーのチェックを呼び込む。そして、矢野の後ろ髪を掴んで引き倒し、パラダイスロックで動きをストップさせる。すると、EVILが上から矢野を踏みつけ、SANADA&内藤&BUSHI&ヒロムが4人同時に低空ドロップキックをお見舞い。
 LOS INGOBERNABLES de JAPONの攻勢は続き、BUSHIが串刺しダブルニーアタック、EVILがトラースキック、BUSHIがコードブレイカー、SANADAがSkull End。だが、ロメロがミサイルキックで矢野を救う。
 そこへBUSHIが飛び込むも、矢野がコーナーの金具へ叩きつける。そして、634でSANADAとBUSHIの急所を殴ると、スクールボーイ(横入り式エビ固め)でSANADAから3カウントを奪った。

 試合後、石井と内藤が急接近して一触即発になるも、乱闘は回避された。

COMMENT

オカダ「ま(IWGPヘビー級)防衛戦も決まってる。けどまずは、俺と、矢野さんと、ロッキー(・ロメロ)で、NEVERシックスメン(タッグ挑戦)……いいじゃない、楽しいじゃない。獲りにいきます。な、ロッキー?」
ロメロ「そうだ。でも、俺は時差ボケになってしまってる。だけど(9・10)フクシマまでにはゆっくり体を休めて治すから。それだけじゃないぞ、ちゃんとハードなトレーニングも積む。これまでにないぐらい最高のコンディションでフクシマに向かう。そしてNEVERシックスメンタイトルマッチだ。レインメーカーの腰にもうひとつベルトが巻かれるんだ。CHAOSのプロデューサーである“YTR”ヤノがいるし、ロッキー“AZUKA”ロメロもついているんだからな。俺たちこそが最高のタッグチームであることを見せつけてやるさ。俺がみんなに闘い方を教えて、もっともっとベルトをCHAOSに集めるぞ。な、そうだろ、ミスター・ゲドー? さあ、こっちへ来い。いい作戦を見せてやる」
外道「誰も俺たちは倒せないさ。誰もな」
石井「内藤、再戦決まったな。あいつよ、自分が勝った場合は、俺に限らず、相手が再戦って言うと、ゴチャゴチャ講釈たれるわりには、立場(が)逆になったら、すんなり俺の名前出してきたな。相変わらず言ってることが矛盾してるっていうか、芯が通ってねぇっていうか……。それに、俺、『(IWGPヘビー挑戦)権利証が欲しい』なんて一言も言ってないからな。(※記者に)どっかで聞いたことあるか?」
記者「ないです」
石井「俺はあいつみてぇにちっちゃなこと言わねぇから。いいよ、(10・9両国で)やってやる。オメェの挑戦、受けてやるよ」
※矢野&オスプレイはノーコメント

内藤「今日、石井がなんてコメントしたのか、俺は知らないけどさ。このシリーズが始まる前に、俺は言ったよ。石井に、自分の口で、自分の意思を述べろと。彼がね、挑戦権利証に興味がないのであれば、こんな試合やる必要ないんだよ。だって、俺は『G1 CLIMAX(27)』に優勝したんだよ。石井に負けた? ファレに負けた? だからなんだよ? それ以上のものを俺は掴んでるわけだからね。石井がやりたくないんだったら、別に俺は石井にこだわってないし。ファレもそう、俺と対戦してないBブロックの選手もそう、『俺だ』と、『俺がその挑戦権利証が欲しんだ』と言う人間がいるんならね、俺は手を挙げるべきだと思いますよ。『G1』終わったあと、言ったでしょ? 思ってることは、口に出して言わないと、誰にも何も伝わらないから。ま、俺は月額ちゃんと払って、新日本プロレスのモバイルサイト入ってるからね。今日、これからホテルに帰って、ゆっくり、石井が今日、何を言ったのか、モバイルサイトでチェックさせていただきますよ。じゃあ、皆様、次は(9・7)後楽園ですか? また後楽園でお会いしましょう。アスタルエゴ、アディオス」
ヒロム「オスプレイ、やっぱりお前の正体は、ネコだったよ。俺の読み通りだ。お前はネコだ。完全に今日のひとつひとつの動き、あれは……俺が好きなタイプなネコだったよ。うん、すごく楽しい。やっぱりオスプレイ、俺はお前とシングル(マッチ)がしたい。なんで新日本プロレスは今回のシリーズ、俺とオスプレイのシングル組んでないんだよ? な、早くヤツとシングルやらしてくれよ。俺はよ、早く、I・W・G・P・Jr.に挑戦したいんだよ。やっぱり“ベルトさん”は、俺を求めてる。今は遠距離(恋愛)だけど、それがすごく伝わってくるんだよ。だからさ、まずはオスプレイからいかなきゃいけないんだ。な、オスプレイ、俺とシングルやろうぜ?」
EVIL「“超人”オカダ・カズチカの倒し方は、まだ、まだ、まだ、あるぜ。(8・5)大阪で、俺の方があいつより強いことを示してやった。(10・9)両国までは俺の方がつえぇ・プラス・アルファを見せて、全国各地をダークネスに染め上げてやる。そして(9・10)福島で、この(※ベルトを掲げて)俺たちが価値を高めてやったベルトで、またまた祝杯を挙げてやる。よく、覚えとけ。This is EVIL。E~verything is EVIL。すべては…………EVILだ」
BUSHI「いよいよ決まったな。次の(※ベルトを掲げて)この、NEVER無差別級6人タッグのベルト(防衛戦)。対戦相手、矢野、ロッキー、オカダ。お前ら、そう簡単にこのベルト、簡単に、簡単に獲れると思うな。9月10日、福島、首を長くして待ってるぜ。エンセリオ、マ・ジ・で……」
※SANADAはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ