KIZUNA ROAD 2017

日時
2017年6月27日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,544人

第7試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合

  • <第77代チャンピオン>

  • <チャレンジャー>

※KUSHIDAが初防衛に成功

MATCH REPORT

 新日本プロレスJr.のライバルであるKUSHIDAとBUSHIがタイトル戦で激突する好カード。
 両者はこれまでシングルマッチで8度対戦しており、4勝4敗の五分。昨年9月17日の大田区大会では、BUSHIが勝利してKUSHIDAから同王座を獲得。しかし、11月5日大阪のリターンマッチで、KUSHIDAがリベンジを果たした。その後、KUSHIDAは今年の『BEST OF THE SUPER Jr.』を制し、6月11日大阪城ホールでヒロムから同王座を奪回。その直後、BUSHIが毒霧攻撃を食らわせ、次期挑戦者として名乗りをあげた。

 ゴング直後、両者への大コールで場内が二分される。すると、BUSHIが握手の手を差し出し、KUSHIDAが応じると見せかけてタックルをお見舞い。すると、BUSHIがリープフロッグから後転を繰り出すが、KUSHIDAがそれを飛び越える。その後、BUSHIがヘッドシザースホイップを繰り出すと、KUSHIDAが側転で着地。さらに、リープフロッグでフェイントをかけ、アームホイップからの腕ひしぎ逆十字固めでBUSHIをロープエスケープさせた。
 ここからKUSHIDAはBUSHIの腕に狙いをつけ、キーロック、変型鎌固め、低空ドロップキック、ショルダーアームブリーカーなどを集中させる。

 ところが、BUSHIがTシャツを悪用したチョーク攻撃で逆襲し、KUSHIDAのプランチャをかわして自爆させる。その直後、BUSHIがロープへ走ると、KUSHIDAは南側の場外から西側へ退避。ところが、BUSHIが斜めに走ってトペスイシーダを命中させる。
 これでBUSHIのペースとなり、ロープを利用した変型DDT、首4の字固めで追撃。それでもKUSHIDAはアームホイップでBUSHIを投げ、側転から低空ドロップキックを放つ。だが、BUSHIが回避してSTFを極める。
 苦しくなったKUSHIDAは、トップロープを支点にしたバク転キックで巻き返し、エプロンからのジャンピングハイキック、スワンダイブミサイルキックで追撃。さらに、ミドルキック3連発をBUSHIの腕に見舞い、ハンドスプリングエルボーに繋げる。
 それでもBUSHIがコーナーにのぼると、KUSHIDAがジャンピングハイキックで動きを止める。そこから2人はコーナー上でエルボー合戦を展開し、KUSHIDAがBUSHIの腕を取ってホバーボードロックを仕掛ける。そして、そのまま雪崩式でリングへ降り、さらに絞り上げる。
 すると、ここでヒロムが愛猫のダリルと共に登場し、エプロンへのぼる。しかし、KUSHIDAがハンドスプリング式ニールキックで蹴散らし、バックステージへ退散させる。その後、BUSHIがトップロープを支点にしてバク転キックを繰り出すも、KUSHIDAがブロックし、頭部に低空ドロップキックをお見舞い。これでBUSHIが場外に落ちると、トペコンヒーロで追い討ちをかける。
 BUSHIがリングへ戻ると、KUSHIDAは腕にローキックを2連発でお見舞い。そして、バックトゥザフューチャーの体勢に入るも、BUSHIが脱出してフェイント式ニールキック、変型スイングネックブリーカーで挽回。
 両者へ向けた大声援で場内が騒然となる中、KUSHIDAがコーナーを背にしてフロントハイキック。そこから腕を取りに行くが、BUSHIが突き飛ばし、レッドシューズ海野レフェリーと衝突してしまう。
 海野レフェリーが場外でダウンする中、KUSHIDAはシェルショックでBUSHIをニュートラルコーナーに叩きつける。そして、バックトゥザフューチャーを炸裂させてフォールに行くも、カウントが入らない。すると、なんとヒロムがリングへ飛び込んで3カウントを数え、KUSHIDAが自分の勝利と勘違いしてしまう。
 KUSHIDAがようやく異常に気づくと、ヒロムがトラースキックをお見舞い。そして、ロープ越しのカナディアンデストロイヤーで場外マットへ叩きつける。KUSHIDAが場外、BUSHIがリング上でダウンする中、ようやく海野レフェリーが戻り、場外カウントを開始。深手を負遭ったKUSHIDAは、カウントアウト寸前でリングへ戻る。
 なおも両者への大声援が巻き起こる中、BUSHIがエルボー連打でKUSHIDAに追撃。そして、ハンドスプリングエルボーをかわし、カナディアンデストロイヤーでマットへ突き刺す。
 続いてBUSHIはコーナー2段目からエムエックスを繰り出すが、KUSHIDAが受け止めてオートマティックミッドナイト。そこから2人はエルボー合戦を繰り広げ、チョップ合戦へ移行。BUSHIが連打で押し込むと、KUSHIDAはミドルキックで対抗する。その直後、BUSHIが張り手を見舞うと、KUSHIDAはマサヒロ・タナカを放つ。だが、BUSHIがブロックし、腕にコードブレイカーを食らわせる。
 それでもKUSHIDAはマサヒロ・タナカをヒットさせるが、BUSHIが海野レフェリーにしがみついて視界を遮り、グリーンミストを噴射。そして、ブシロールで押さえ込むも、KUSHIDAがギリギリで跳ね返す。
 するとBUSHIは、今度こそコーナー2段目からエムエックスを炸裂させるが、フォールはKUSHIDAがキックアウト。続いてBUSHIはトップロープからエムエックスを繰り出すが、KUSHIDAが受け止めて立ち上がり、そのままバックトゥザフューチャーで3カウントを奪取した。

COMMENT

KUSHIDA「どいつもこいつも。どいつもこいつも。デスペラードか?」
※若手に担がれ、KUSHIDAは控室に戻っていった。そして、セコンドについていた田口がKUSHIDAの思いを以下のように代弁した。
――非常に厳しい闘いだったと思いますが。
田口「ハイ。非常に厳しい闘いでしたね。なんとか防衛することが出来、非常に満足しています。アメリカ遠征もあり時差ボケもあるなか、こうやってまたIWGPのベルトをまた腰に戻ってきたということは、私の腰にあるべきなんでしょう」
――デスペラード選手についてはどう思いますか?
田口「デスペラードについては話にならんね。こんな簡単に試合後に乱入して来て、ベルトに挑戦出来ると思ったら大間違いですよ。いつでもかかって来い。いつでもやってやるよ!とKUSHIDA選手は言うと思います」

※BUSHIは若手に肩をかり、コメントブースに現れると、そのまま床に倒れ込む。すると、ここにタイチ&TAKAが登場。
タイチ「オイ、お前、また負けたのか? 負けてばっかりだな、お前。負けてばっかりのヤツはよ、この先仕事がなくなるだろう。俺らよ、優しいから、そんなお前に仕事与えてやる。(※メッセージ付きの8月28日19時~『タカタイチ興行』新宿FACE大会ポスターをBUSHIの胸に置き)この招待状を見ろ。(※ポスターを指さし)ここにお前がいる。アイツ(ヒロム)もいる」
TAKA「ハハハ。タカタイチ興行シーズンⅡに出してやるよ」
タイチ「そうだ。使ってやるよ」
TAKA「ありがたいと思え」
タイチ「(※マスコミに向かって)オイ、お前らもだ。お前らも来いよ」
TAKA「わかったか。オイ、なんとかセリオ、マ・ジ・だ。ハハハ(※タイチとともにコメントブースを去る)」
BUSHI「ハァハァ、(※身体を起こし、ポスターを見つけ)クソッ……(※コメントブースを去った)」

デスペラード「(※IWGPジュニアヘビーのベルトを眺めながら、コメントブースに現れると)うーん、思ったよりも汚ねぇな。まぁ、いいや。いいか、BUSHIもKUSHIDAも、俺に負けたまんまだ。あっ、そうだ。どっかの監督もそうだったな。おかしいな。チャンピオンっていうのはさ、勝った人間に許された称号だろ? なんで、負けたまんまのヤツらがそれを競い合う。本当の持ち主は、ここにいるんだ。いいか、間違えるな。『G1』が始まるな。『G1』はたしかにヘビーのシリーズだ。ボスが凄いぞ。ザックもいる。さっき言ってたな、ボスが。“鈴木軍総攻撃”だと。KUSHIDA、忙しいのはわかるんだよ。オメェが、昨日アメリカから帰って来たのか、今日アメリカから帰って来たのか知らない。アメリカに行ってる間、タイトルマッチがポンポンあったんだろ。いやぁ、大変だ。大変なのはわかる。休みたかっただろ? 休めると思ってただろ? 残念だ。次のシリーズ、俺はお前のことをずっと見てる(※口笛を吹きながら、コメントブースを去った)」

  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ