KIZUNA ROAD 2017

日時
2017年6月18日(日)   14:00開場 15:00開始
会場
新潟・胎内市総合体育館(ぷれすぽ胎内)
観衆
1,385人(満員)

MATCH REPORT

 シリーズ最終戦の6月27日(火)後楽園で行われるIWGP Jr.戦KUSHIDAvsBUSHI、6月20日(火)後楽園で行われるNEVER 6人タッグ戦SANADA&EVIL&BUSHIvs田口&ジュース&KUSHIDAのダブル前哨戦。なお、棚橋と内藤は6月11日の大阪城ホール大会でIWGP IC王座を懸けて激突し、挑戦者・棚橋が勝利した。

 KUSHIDAとBUSHIの対決で試合が始まり、手四つの力比べでBUSHIが押し込む。その後、BUSHIがヘッドシザースホイップを繰り出すと、KUSHIDAが側転で切り返し、スピンキックを発射。これをBUSHIがかわした直後、2人が同時に放ったドロップキックが交錯した。
 田口対内藤の場面。控えのヒロムが田口の背中を蹴ってロープワークを妨害し、尻を叩く。その直後、内藤&SANADA&EVIL&BUSHIが一斉にストンピング連射をお見舞い。
 これで田口の動きが止まり、ヒロムと内藤がそれぞれショルダータックル。そこからダブルショルダータックルを狙うも、なんと田口は体を90°回転させて2人のあいだをすり抜ける。そして、開脚式ドロップキックで内藤&ヒロムを同時に吹き飛ばす。
 ここから内藤が孤立し、KUSHIDA→ジュース→棚橋の順にヒップアタックをお見舞い。さらに、大コールを受けて真壁も内藤にヒップアタックを食らわせる。
 続いて田口がランニングヒップアタック2連発で内藤へ追い討ち。そこからギタるも、内藤が尻に低空ドロップキックを浴びせて逆襲。そのまま乱戦となり、L・I・Jが田口を捕獲。SANADAがパラダイスロックを極めたのち、カットに入ったジュースをBUSHIがニュートラルコーナーへ叩きつける。そして、内藤がジュースを踏み台にしてエプロンへ飛び出し、トップロープ越えの串刺し低空ドロップキックをお見舞い。そして、SANADAは田口の尻へ低空ドロップキックを浴びせる。
 田口の劣勢は続き、ヒロムがチョップ連打、トラースキック、EVILがセントーン。さらにEVILはアトミックドロップを2連発で食らわせるが、田口がフェイントでショートレンジヒップアタックを見舞い、ようやく赤コーナーへ帰還。
 スイッチした棚橋は、EVILにカウンターフライングフォーアームで追撃。さらに、内藤と&ヒロムの合体攻撃を回避し、内藤をドラゴンスクリューで蹴散らす。そして、EVIL&ヒロムの脚を同時に取り、まとめてドラゴンスクリューで転倒させた。
 真壁対EVILの場面。真壁が串刺しラリアット2連発、ランニングラリアット、頭部へのパンチ連射。だが、EVILはノーザンライトスープレックスとジャーマンスープレックスから逃れ、真壁の脚をレッドシューズ海野レフェリーに持たせてトラースキックをお見舞い。
 ここでBUSHIが登場し、ミサイルキックで真壁に追撃。しかし、真壁が右ラリアットを放ち、かわされた直後に左ラリアットを食らわせた。
 KUSHIDA対ヒロムの場面。KUSHIDAが腕にミドルキック3連打を見舞い、ハンドスプリングエルボーで追撃。そして、内藤をアームホイップで投げ捨て、側転から低空ドロップキックを見舞う。
 だが、BUSHIがTシャツを悪用したチョーク攻撃で逆転に成功。そして、BUSHI&ヒロムがトレイン攻撃を仕掛けるも、KUSHIDAが回避し、ヘッドシザースホイップでヒロム、腕ひしぎ逆十字固めでBUSHIに報復
 その後、BUSHIがフェイント式ニールキックで挽回すると、KUSHIDAはなおもハンドスプリングエルボーを繰り出す。しかし、BUSHIがバッククラッカーで迎撃した。
 ジュース対SANADAの場面。ジュースがSANADAのフランケンシュタイナーを受け止め、スピニングスパインバスターで叩きつける。そして、串刺しラリアット、キャノンボールで追撃。
 しかし、SANADAがEVILをコーナーに激突させ、EVILが串刺しラリアットをお見舞い。そして、SANADA&内藤&ヒロムが同時に低空ドロップキックを食らわせる。
 続いてSANADAはSkull Endを極めるが、棚橋が背後からドラゴンスリーパーでカット。しかし、EVILがさらに後ろから組みつき、ジャーマンスープレックスホイップで投げ捨てる。
 そこからKUSHIDAがEVILにブレーンチョップ、BUSHIがKUSHIDAにコードブレイカー、田口がBUSHIとヒロムにジャンピングヒップアタック。すると内藤は田口のジャンピングヒップアタックをかわすが、真壁が両腕ラリアットでSANADAごとなぎ倒す。
 ここでジュースはパルプフリクションを狙うが、SANADAがSkull Endに切り返す。しかし、ジュースがさらに切り返して今度こそパルプフリクションを炸裂させ、SANADAを葬った。

COMMENT

真壁「オイ、テメェら、よく見たろ。この暴走キングコング、G・B・Hがよ、タグチジャパン入り? 見ての通りだよ。タグチジャパン入りかどうかはさておき、ヤツら(L・I・J)とやってんのは楽しいなあ。燃えてくるぜ。なんべんも言ったろ? こけし(本間朋晃)の居場所を作っといてやるって。まずは第一歩だ。闘う相手がいなきゃつまんねぇ。面白くなってきたぜ。ただよ、田口さんよ、いや監督よ、一言だけ言わせてもらうよ。俺がよ、宣伝部長にでも就任してやろうか? そしたらテメェら、ドンと有名になる、それだけだ。考えとけよ、田口さんよ」
田口「いやあ、4番バッターがチームに入ることで、一気に戦力が上がりますね。素晴らしい、真壁選手の活躍でした。NEVERの6人タッグの挑戦がありますんで、棚橋弘至選手もチームに入ってますけどね、クッシー(KISHUDA)の3冠王、いや4冠ですか、『(BEST OF THE)SUPER Jr.』(優勝)も入れて。それをアシストして、タグチジャパンをどんどん盛り上げていきたいと思います。(松井)珠理奈も(AKB48シングル選抜)総選挙3位でしたからね。タグチジャパンはますます、多方面でも活躍を期待してください。ありがとうございました(※と言ってKUSHIDA&ジュースと握手をかわして先に引き揚げる)」
ジュース「サンキュー、コーチ。あと2日だ。あと2日でコーラクエン。NEVE無差別級6人タッグ挑戦のチャンスが待ってる日まであと2日だ。あのベルトは俺たちの元へ戻って来る。いいヤツの元に戻って来るんだ。本来あるべき所にな。今回、リコシェはメンバーから外れたけど、別に彼は追放されたわけじゃない。また戻ってきたらチームの一員として一緒に闘うよ」
KUSHIDA「(※英語で)でも、もう1人いる」
ロビンソン「その通り。それもIWGP Jr.ヘビー級チャンピオンがね。メンバーを入れ替えることによって、また違ったプレーが生まれる。その分、戦力もアップされるんだ。まあ、コーラクエンを見逃さないでくれ。アリガトゴザイマス」
KUSHIDA「BUSHIに果たして本当に、挑戦権利があるのかどうか、そういうケツの穴の小さいことを僕は言いません。言うつもりもないし、そんなマイナスイオンばかり出してるロス・インゴと違うところを見せて、BUSHIの挑戦、しっかり受けたいと思います。(NEVER)6人タッグ、ROHのTVタイトル、マーティー・スカルと防衛戦が決まってる。NEVER 6人タッグは、すべて監督の指示通り動けば獲れるでしょう。なにも言い訳しないです。BUSHIの挑戦受けて、しっかり叩きのめして。これでBUSHIも、もう1回イカれたら、なにも言い訳できないでしょう。BUSHIが挑戦表明したことによって、ある意味ではJr.の人間模様がまた面白くなってきたのかもしれないなあと……」

――シングルチャンピオンとしての第1戦を終えましたが…。
棚橋「こっからが大変ですね。ベルト獲るまでも大変だけど、獲ったあと、どう頭をひらめかせていくか。(※傷だらけのベルトを見つめて)まずは、これ、直そうっかな。ね? できる限りの、僕の技術を駆使して。この取れた所(パーツ)を全部集めて、復元させて……」

――内藤選手は、棚橋さんに「王者としてのプランを宣言しろ」と言ってますが…。
棚橋「インターコンチ(ネンタル王座)のプランどころか、ベルトが(新たに)USもできるし、NEVERもあるし(IW)GP(ヘビー級)もある、インターコンチもある。このベルト乱立をすべて統率しますよ。これは統一とかいうんじゃなく、ベルトごとに明確な基準、条件、そういうものがはっきりしないといけない。その先駆けとして、インターコンチ(のベルト)を、巻く人間、挑戦条件、そういうものをまず明確にします。いや、ようやくね、止まってた時計の針が動きだしました」

――そういう考えにあって、防衛戦の第一歩がビリー・ガンというのは、どういう意味合いが出てきそうですか?
棚橋「それは、すっごい尊敬しているからです。俺が闘いたい相手。まず一つ目の条件として、インターコンチの対戦相手は、俺が決めます」

ヒロム「悲しくなんかないさ。悲しくなんかない。必ず、俺の所に帰ってきてくれるから。俺には、ダリルがいるから。大丈夫、悲しくなんかない。みんな、俺は元気だよ。俺は元気だ、元気だ……。安心して。大丈夫だ。もっと、もっと、もっと、もっと、もっと~、もっと~、もっと~っ!! 楽しもうぜ。(※つぶやくように)ダリルどこ? ダリル……」
EVIL「田口の監督さんよ、大阪城ホール、覚えてるだろ? お前を完封してやるよ。そして、すべて封じ込めてやるよ。よく覚えとけ。This is EVIL。E~verything is EVIL。すべては………………EVILだ!」
BUSHI「KUSHIDA、テメエに一つだけ言っといてやるよ。お前がやるウエーブなんてな、なんの価値もないんだよ。強要されたウエーブなんて、いくらの価値もねぇんだよ。あれだったらな、あんな説明があったら、ヤングライオンだってできんだ。27日、IWGP Jr.戦決まったんだよ。お前のチャンピオンとしての残り時間、あとわずかだ。En Serio、マ・ジ・で」
※内藤&SANADAはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ