KIZUNA ROAD 2017

日時
2017年6月18日(日)   14:00開場 15:00開始
会場
新潟・胎内市総合体育館(ぷれすぽ胎内)
観衆
1,385人(満員)

MATCH REPORT

 永田と岡が師弟タッグを結成。対するは、中西&北村のヘラクレスコンビ。

 岡対北村で試合が始まり、北村がヘッドロックからショルダータックル。これを岡が受け止め、両者がタックル合戦を展開。そこから北村が逆水平チョップを見舞うと、岡はハンマーブロー連射、ストンピング、アームホイップでお返しした。
 永田対中西の場面。手四つの力比べから中西がジャンピングボディプレス。すると永田はハンマースルーを切り返して腕固めを極めるが、すぐに北村がカットへ入る。その後、永田&岡は合体ブレーンバスターを仕掛けるが、中西が反対に2人を投げ捨てた。
 岡対中西となり、中西が逆水平チョップ、ヘッドバット、強力なエルボー。そしてタッチを受けた北村が、ボディスラム、逆エビ固めで続く。
 苦しくなった岡は、カウンターフライングフォーアームで中西に逆襲。タッチを受けた永田が、ミドルキック、エルボー、串刺しフロントハイキック、フェイント式低空ドロップキックで中西に追い討ちをかける。
 すると中西は、カウンタースピアーで永田に逆襲。そして、野人ダンスラリアットを狙うも、永田が腕にフロントハイキックを浴びせて迎撃。そして、エクスプロイダーで投げ捨てた。
 岡対北村の場面。北村がドロップキックで先制するも、岡がカウンターバックエルボーで巻き返す。すると北村は、得意の逆水平チョップを3連発で繰り出すが、岡がカウンターフロントスープレックスで挽回。
 永田対北村となり、永田が延髄斬りからバックドロップを狙う。しかし、中西がカットへ入り、永田をボディスラムで叩きつける。そして、岡には地獄突き&クロスチョップをお見舞い。
 ここで北村&中西がダブル野人ダンスを披露し、北村が永田にスピアー、中西が永田にラリアット。そして、2人同時にアルゼンチンバックブリーカーを極めるが、永田が脱出して岡を救出。
 次に永田はブレーンバスターを狙うが、北村が抵抗して反対に永田を投げる。しかし、永田がカウンターフロントハイキックを食らわせ、浴びせ蹴りで追撃。そして最後は、バックドロップホールドで3カウントを奪取した。

COMMENT

――6・11大阪城ホールで今年の『G1 CLIMAX』を最後の『G1』にすると宣言されましたが、改めてそう決断した理由は?
永田「最後って言っても、『G1』って部分で最後でもね、引退するわけじゃないし、タイトル戦線に絡んでいこうと思ってるし、その気持ちはぜんぜん変わってないですけどね。ただやっぱり、自分自身の中でスカウトっていうか、新日本に入れた北村とか岡とか、あのへんと日々、やってる中で、突発的にこういう選手がいきなり『G1』に出ても面白いんじゃないかなって(思った)。4月、5月、6月のシリーズを休んでる中で、いろいろ考えて。自分なりに考えるところがあって、そういう気持ちも出てきてね。『G1』に出ないからといって一線でやらないってわけじゃないから。そういう中で、もう1年、20回連続っていうのもあったけど、やっぱり若い選手の成長する舞台っていうのは『G1』ってなりつつある中で、それ(最後の『G1』)もありかなと」

――新人選手が増えてきている中で、自分が一歩引くことで底上げになると考えた?
永田「この『G1』っていう舞台は、選手としてステータスを上げるっていう凄い大きな場でもあるし、かつ選手の力というものをどんどんアピールして自分を確立する場でもある。俺はもう、この『G1』でベルト戦線をアピールするまでもないほどの知名度もあるし、世間に十分すぎるほどアレしてる(実力を知られてる)しね。もう伝えてるし、こういう舞台に頼らなくてもやっていけるし。(それを)ちょっと感じたんでね。まあ、悩んだ末に出した結論ですけど。最後なら最後らしく、永田裕志をいま1度、盛り上げて、全国の、いや全世界が、新日本プロレス、『G1 CLIMAX』に注目する場なんで、当然、優勝を狙います。栄冠を勝ち取る」

――先の『BEST OF THE SUPER Jr.』開幕前にライガー選手が「最後の『SUPER Jr.』と宣言して、注目度が高まった中でリーグ戦を闘っていきました。それに影響を受けた部分はあったんですか?
永田「それはなかったですね。たまたまで、ほぼ(自分の中で)結論が出た頃に、そういうの(ライガーの最終発言)があって」

――決断を下した上で臨んだライガー選手の最後の『SUPER Jr.』の闘いに刺激を受けた部分は?
永田「俺は巡業に行ってなかったから、どういう闘いぶりっていうのは正直、見えなかった。俺のことで精いっぱいだったし。まあ、一時代を築いた人っていうのはみんな、考えることは同じなんだなって、ちょっと感じましたね。まあ、ライガーさんに、『お前はまだ早い』って言われましたけど。『お前、まだまだできる』『俺と違うんだ』って言われましたけどね。だから、ファンのみんなにも、この『G1』を通じて、永田裕志、まだまだできるという部分を見せつけながらね。だから『G1』は最後にして、栄冠を勝ち取れば来年、ディフェンディングチャンピオンが出ない『G1』は寂しくなるだろうけど」

――そうなれば、周りから「出てほしい」って言われるでしょう。
永田「それは知ったこっちゃない。もう最後だって言ったんだから。ベルト戦線は天山もあきらめてないし、俺もあきらめてない。俺の人生最大の目標は、IWGP(ヘビー級)史上最年長王者として君臨することですから」
※岡はノーコメント

中西「(北村は)もう良くなるしかないからね、あいつの場合は。良くなるしかないから、その意味では面白いけど、せやけど、まあ、ワシも若い時はいろんなこと考えてアレやってたけど、『考えるな』とは言わへんけど、その前にやっぱり動かな。見合ってる場合があんねやったら、どんどん体ぶつけていけって。そっからなんか生まれてくるから。生まれてきてるやろ、今? それを花咲かすのは、あいつしかないから」
※北村はノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ