保険見直し本舗 Presents DOMINION 6.11 in OSAKA-JO HALL

日時
2017年6月11日(日)   14:30開場 16:00開始
会場
大阪・大阪城ホール
放送
バナーバナー
観衆
11,756人(札止め)

MATCH REPORT

 新日本プロレスの上半期を締めくくる総決算であり、関西地区最大のビッグイベントである『保険見直し本舗 Presents DOMINION 6.11 in OSAKA-JO HALL』。

 オープニングマッチは、真壁組vs天山組の8人タッグマッチ。

 テレビ実況の特別ゲストとして元阪神タイガースの赤星憲広氏が登場する中、永田対中西で試合がスタート。永田がフェイント式低空ドロップキックを見舞うと、中西はカウンター野人ハンマーで報復。そこからアルゼンチンバックブリーカーを狙うも、永田が脱出して浴びせ蹴りを食らわせた。
 タイガー対中西となり、タイガーとWが交互にミドルキックを連射。そして、ダブルフライングクロスチョップで追撃するも、中西はタイガーにフライングクロスチョップをお返し。さらに、ジャンピングボディプレスで押し潰す。
 続いてライガーが登場するも、タイガーが風車式バックブリーカーを回避してローリングソバット。しかし、ライガーが改めて風車式バックブリーカーを見舞い、ロメロスペシャルを仕掛ける。だが、Wがライガーの背中にミドルキックを浴びせてカット。
 これでタイガー対小島となり、小島&ライガーがダブルショルダータックル。だが、タイガーがタイガードライバーで小島を叩きつけ、替わったWがショートレンジドロップキックで追撃。
 W対小島となり、小島が逆水平チョップ連打、串刺しジャンピングエルボー。そして、「いっちゃうぞバカヤロー!」の叫びからコーナーへのぼるが、Wが立ち上がってオーバーヘッドキックをお見舞い。
 さらにWは、打撃ラッシュで小島をダウンさせ、その場飛びムーンサルトプレスで追い討ち。そこからタイガードライバーを狙うも、小島が脱出してコジコジカッターで巻き返す。しかしWは、オーバーヘッドキックで天山&小島をまとめてダウンさせた。
 永田対天山となり、永田のミドルキック連射に対し、天山がモンゴリアンチョップ連射で反撃。そして、マウンテンボムへ繋ぐが、永田はエクスプロイダーで挽回。
 真壁対中西の場面。いきなり両者がラリアット合戦を繰り広げ、競り勝った中西がスピアーでなぎ倒す。そして、野人の雄叫びをあげるも、Wがミサイルキックで吹き飛ばす。
 ここから混戦となり、天山がWにニールキック、永田が天山にフロントハイキック、ライガーが永田に掌底、タイガーがライガーにドロップキック、小島がタイガーにエルボー。
 続いて中西がアルゼンチンバックブリーカーを仕掛けるも、真壁が脱出してカウンターラリアットを食らわせる。そして、コーナー最上段にのぼると、中西の後頭部付近へキングコングニードロップを炸裂させ、勝負を決めた。

 試合後、Wがコーナーを利用してムーンサルトでリングへ着地。それを目撃した真壁がたしなめると、何度もうなずいて謝意を示す。しかしWは、真壁の目を盗んでエプロンからムーンサルトで場外へ着地。密かに渾身のガッツポーズを決めた。

COMMENT

タイガー「今日はタイガーマスクWと組んで、まあ、結構、日本全国を回ったのかな? 痛いとこもあるけど、見てわかる通り、カッコつけるのが大好き。あ、いやいやいや……。もう、しゃべれば?」
真壁「(※タイガーWに詰め寄って)オイ、俺が取ったんだろ? なんでお前、バック宙してカッコつけんだ?」
タイガー「(※タイガーWに)謝れ」
※タイガーWは無言のまま、真壁に向かって頭を下げる
真壁「お前、そういうことだ(※と言い残して引き揚げる)」
タイガー「(※引き揚げながら)というわけで、Wから一言ありますんで」
※タイガーWは無言のまま、カメラに向かって指を差して引き揚げていく
永田「(※最後に1人残って)ハァ、大阪城(ホール)が超満員。こないだの後楽園、代々木と、新日本プロレスの勢いはとてつもないですけど、今日の試合、こないだの試合、その前の試合といまいち物足ないですね。やっぱり『レスラーっていうのはシングルだな』っていうのを痛感させられますね、こういう試合だと。エネルギーが有り余ってしまうね。というわけで、ちょっと早いけど、夏に向けて準備万端にしてるんで。今年の夏は、とにかく自分のすべてをぶつけて、必ず栄冠を勝ち取るよう最前線で頑張っていきます。ここ数年、毎年、『今年が最後のつもりで』って言ってきたけど、今年の『G1』、永田裕志は最後の『G1』にします。(※テレビ朝日野上アナウンサーに向かって)見とけよ、野上。俺の最後の『G1』だ」
野上アナ「来年は出ないという覚悟でやるということですか?」
永田「その通り。今年は、最後の『G1 CLIMAX』、すべてをぶつけて栄冠を勝ち取る。必ず栄冠取ってやるよ。最後こそ。もう、次はないから。最後の俺の生きざま、しっかり見とけよ。以上」

小島「今日は生まれて初めて、タイガーマスクWと試合しました。やっぱなんかね、なんか違うわ。普通のプロレスラーじゃねぇや。それだけは確かだ。正体がどうとか、今頃そんなことはどうでもいいんだけど、ただ、あのタイガーマスクWの中にいる人間は、普通のプロレスラーじゃねぇ。俺が26年間やってきたプロレス生活の中でも、かなりの、ちょっと変わって、凄く強くて、凄く変わってて、凄く強くて、凄くトンパチなプロレスラーだ」
※天山、中西、ライガーはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ