保険見直し本舗 Presents Road to DOMINION

日時
2017年6月9日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,557人

MATCH REPORT

 IWGPインターコンチネンタル&IWGPジュニアヘビー&NEVER 6人タッグのトリプル前哨戦として、棚橋弘至&田口隆祐&ジュース・ロビンソン&リコシェ&KUSHIDA組が、内藤哲也&SANADA&EVIL&BUSHI&高橋ヒロム組が対峙。田口&ジュース&リコシェは、それぞれ背番号が書かれたお揃いのTシャツを披露。この試合が復帰戦となる棚橋は、右腕に大きなサポーターを身につけて登場。内藤は入場時、インターコンチのベルトを投げつけると見せかけ、そのままリングイン。
 
 先発は棚橋と内藤。内藤は棚橋のバックを取ると、その右腕をひねっていく。そして、離れ際に内藤がツバを吐きかけると、怒った棚橋はコーナーに追い詰めてエルボー。さらにセカンドロープからのフライングボディプレスを繰り出すも、内藤は落ち着いて交わし、顔面に低空ドロップキック。そして、右腕を徹底的に攻めていくと、棚橋は場外にエスケープ。
 続いてリコシェとBUSHIが対峙。ロープを使った立体的な展開では、リコシェがドロップキックでBUSHIを場外投棄。そして、場外に飛ぶと見せかけ、バク宙を披露。すると、EVILとBUSHIが襲い掛かるが、リコシェは二人まとめてネックブリーカー。
 続いてタグチジャパンはBUSHIに延々とトレイン攻撃。そして、田口はブロックサインを出すと、セカンドロープに登ってリングに向けて尻を向ける。だが、そこにスローされたBUSHIはドロップキック。ここから両軍は場外戦へ。内藤は棚橋を鉄柵に激しく叩きつける。
 リング上ではBUSHIが田口にTシャツでチョーク攻撃。さらにヒロムが田口に串刺しラリアットから低空ドロップキック。続いてSANADAのエルボーからEVILがセントーン。BUSHIも追撃のミサイルキックを放ち、田口が集中攻撃を受ける。
 だが、田口はBUSHIにカウンターのヒップアタック。さらに低空ドロップキックを見舞い、KUSHIDAにスイッチ。ここでヒロムも飛び出し、両者は激しいエルボー合戦。続いて胸板への強烈な張り手を交換し合う。そこからKUSHIDAはヒロムに対して倒立式のキック。すると、内藤がリングイン。だが、KUSHIDAは内藤に側転からの低空ドロップキックをお見舞い。
 そして、KUSHIDAはヒロムに飛びつきDDTからバックトゥザフューチャーを狙うが、こらえたヒロムはTIME BOMBの体勢へ。しかし、切り返したKUSHIDAは鋭い張り手。だが、ヒロムも強烈なエルボーを放ち、両者はダブルダウン。
 続いてスイッチしたEVILが、KUSHIDAにローリングエルボー。しかし、KUSHIDAもハンドスプリングエルボーで反撃。タッチしたジュースはEVILにラリアット。さらにナックルと逆水平チョップを交互を見舞うと、スパインバスター、串刺しラリアット、キャノンボールと一気呵成に攻め立てていく。そして、ジュースは田口にブロックサインを見せると、EVILに河津がけとヒップアタックのツープラトン。続いてリコシェは四つん這いになったジュースの背中を踏み台に、シューティングスタープレスをEVILに炸裂。
 さらにジュースはパルプフリクションを狙うが、切り抜けたEVILはトラースキック。続いて内藤とBUSHIがトレイン攻撃を繰り出すも、切り抜けたジュースは内藤に左腕で豪快なラリアット。
 ここで棚橋が登場。内藤にボディブローからヒザに低空のドロップキック。さらに棚橋が左足を取ると、内藤はツバを吐きかける。しかし、棚橋は張り手を見舞い、一気にドラゴンスクリュー。だが、内藤もマンハッタンドロップで反撃。さらにBUSHIが回転エビ固めの要領で丸め込んだ棚橋に対し、その右腕に低空ドロップキック。
 続いて登場したSANADAは棚橋にその場飛びのムーンサルト。そして、EVILが串刺しラリアットを見舞うと、L・I・Jは残りの4人で棚橋に四方向から低空ドロップキック。ここからSANADAがSkull Endに捕らえようとするも、KUSHIDAがリングイン。すると、ヒロムがトラースキック。そのヒロムにリコシェがキックを狙うが、ヒロムは回避。そして、BUSHIがリコシェにコードブレイカー。続いて田口がEVILにヒップアタックを繰り出すも、これはかわされてしまう。ここで突っ込んできたジュースを、EVILはうまく場外に落とす。
 リング上では内藤が棚橋の右腕にコーナーミサイル。続けてSANADAがTKO。だが、棚橋はカウント3直前でキックアウト。ならばとSANADAはSkull Endの体勢に入るも、棚橋は丸め込みで返す。さらに一瞬のスキをついたグラウンドコブラで、SANADAから3カウントを奪取。

COMMENT

KUSHIDA「4月の両国負けて、苦しい時間を過ごしました。勝ったり負けたりの中で負けた時に、気持ちが沈んでる時に、なにをするか。IWGPから遠ざかったいまこそ『踏んばらないといけないんだな』と、自分で自分を鼓舞しました。結果、ROHと『SUPER Jr』を獲りました。チャンピオンから一番遠い人間が踏んばることで、新日本プロレスジュニア、いや新日本プロレス、KUSHIDA個人の敷地面積、活動範囲を広げる為に、命、魂を懸けました。あと大阪城、気持ち込めて、魂込めて闘います。両国の時のようには、絶対いかせない!」
ジュース&リコシェ「コーチ! コーチ! コーチ!」
田口「3人でNEVER6人タッグ。(※リコシェを指さし)キング・(※自身を指さし)ラブ・(ジュースを指さし)ジュース。“キング・ラブ・ジュース”で頑張ります。あふれる……あふれるお汁で頑張ります。あふれるお汁……」
ジュース「あと2日だ。勝たないといけない。その日は4試合分闘わないといけない。BULLET CLUBもそうだし、CHAOSもそうだし、スズキグンもチャンピオンチームとも勝たないといけない。これからコーチと作戦を練ってプランを立てたいと思う。もういまから待ちきれないね。もう俺たちは準備できてるぜ。当日はアリーナをタグチジャパンのタオルでいっぱいにしようね。サンキュー、コーチ! サンキュー、リコシェ!」
田口 「アハ~ン」
棚橋「一番おいしいところで帰ってきました。ただ、この間の代々木でもそう。今日の会見でもそう。いまの内藤には、なにを言い返しても揺るがない自信がある。それを今日、最後の前哨戦で感じました。無理な条件はいろいろと多いけど、それは“信念”の問題だから。どっちの応援が多いとか、どっちがブーイングされるとかじゃなくて、自分が正しいと思ったことを貫く。自分がやりたいレスリングを貫く。そういう闘い。その先にベルトがある。そういう闘い。一番おいしいところに帰ってきたということは、その分リスクも大きいということだから。(※右腕を見ながら沈黙)ベルトが獲れるなら、右腕一本あげますよ」

ヒロム「さっきも言いましたけど、大阪城ホールで、IWGPジュニアヘビー級選手権、高橋ヒロム対ウィル・オスプレイを楽しみにしていただいてたファンの皆さん、大変申し訳ございませんでした(※と、深々と頭を下げる)。全ては、俺の力不足。それ以外何も言うことはねぇよ。公式戦でTIME BOMBを決めれなかったのは事実だ。決めなきゃいけないよ。決まれば終わり、それが決まらなきゃ意味がない。ただ、俺が、TIME BOMB一つで帰ってきたと思うなよ(ニヤリ)。俺が何のためにアメリカに行ったか、そしてアメリカで何を学んできたか、高橋ヒロムのことが好きな人間なら、よく分かるだろう。KUSHIDA、俺はオマエが嫌いだったよ。オマエのことを尊敬してた。心の底から尊敬してたよ。でも、アナタはチャンピオンとしての余裕が出てきてしまった。それが、俺が嫌いになった原因です。オマエはチャンピオンになって、ある程度の地位を築いて、調子に乗っちまったんだよ。それで満足しちまったんだよ。オマエはそれより上に行こうとしなかった。何でかって、ジュニアでオマエより強いヤツがいなかったのは事実だよ。だからってよぉ、調子に乗んなよ。俺がこの3年半、何を身につけてきたか分かるか? オマエを、倒す、だけの、技。そして、オマエが、一番、やられたくない、屈辱的な技で、オマエを終わらせてやるよ。俺の海外遠征の成果、なめんじゃねぇぞ。TIME BOMB一発じゃない。オマエには終わりを見せる。TIME OF THE END。KUSHIDA、オマエの終わりの時だ!」
BUSHI「大阪城ホールのカードが決まったよ。この、NEVER無差別級6人タッグ・ガントレットマッチ。もし、チャンピオンの権限があるなら、俺たちの順番、最後にしてくれよ。だってそうだろう? それぞれのチームから代表して出るんだ。勝ち残りでしょ? こんなの『最初から出たい』なんて言うバカいないよ。俺たちはチャンピオンなんだぜ。このNEVER無差別級6人タッグのベルト、ぶっちゃけ順番なんてどうでもいいよ。俺らは防衛する気満々だぜ。楽しみにしてるよ。EN SERIO マジで!」
EVIL「NEVER6メンのベルト……オイ、このベルトよぉ、メインイベントまでいってる、価値の上がってるベルトだろ? オイ、何で今日、会見ねぇんだよ! オマエらが価値を下げてんじゃねぇのか? 愛着がどうのじゃねぇけど、なめんじゃねぇぞ、コノヤロー! 大阪城でプレミアムなタイトルマッチ、もう一度見せてやるよ! よく覚えとけ! This is EVIL! Everything is EVIL! 全ては……EVILだ!」
内藤「棚橋選手、復帰おめでとうございます。まだ右腕が痛いんだろ? 分かるよ。でも、復帰を決めたのは、アナタ自身だからね? 相手の痛めてるところを攻める。これは、プロレスの教科書通りの攻め方だよ。何も卑怯な手は使ってない。教科書通りの攻めをしたまでだから。まぁ、大阪城ホール大会当日も、アタナの右腕を徹底的に攻めてあげるから、大阪城ホール大会、楽しみに待っててよ。それから、先ほどの調印式でも宣言した通り、俺はインターコンチネンタル王座を封印するから。封印が認められないのであれば、俺は返上しますよ。なので、LA大会でのインターコンチネンタル王座戦が発表されてますが、俺がチャンピオンとしてロサンゼルスに乗り込むことはないので、LA大会ご観戦予定の皆様、勘違いしないでください。あと新日本プロレスは、早めにね、『インターコンチネンタル王座戦の中止、もしくは新王者決定戦をやります。内藤は王者としては来ませんよ』っていうのを、アメリカのお客様に伝えるべきだよ。じゃなきゃ、楽しみにしているお客様がガッカリするからね。じゃ、そういうわけで皆様、また日曜日、大阪城ホールでお会いしましょう。アスタ・ルエゴ、アディオス!」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ