• 2016.12.28
  • #Topics
【1.4東京ドーム大会目前!】「俺の“完全復活”を証明するには、柴田は避けて通れない相手。運命的なものを感じる」後藤洋央紀に直撃インタビュー!【WK11】

gototop

いよいよカウントダウン!! 1月4日(水)「戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム」に向けて、恒例のカウントダウンインタビューがスタート!
 
今回は、自分を全面否定したかつての盟友・柴田勝頼と、NEVER無差別級選手権試合で激突する後藤洋央紀に直撃インタビュー!!

■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』
2017年1月4日(水)17:00~(※第0試合は16:10より開始予定
東京・東京ドーム
★対戦カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」が完売いたしました。
※「2FスタンドA」が残り僅かとなりました。

★因縁のNEVER戦、柴田勝頼vs後藤洋央紀の“1分煽りV”をYouTubeで公開中!!

■今年を語る上で一番のターニングポイントは、2月の大阪。オカダ戦ですよね。

goto1

――後藤選手にとって2016年はどんな年でしたか?

後藤 これといった結果はパッとは出なかったでしたけど、でも個人的には充実した、いろんなことがあった、激動の1年でしたね。

――最も印象的だったことは?

後藤 やっぱり今年を語る上で一番のターニングポイントは、2月(11日)の大阪。オカダ(・カズチカ)戦ですよね。

――やはり、あそこでいままでの後藤選手がちょっと壊れてしまったというか…。

後藤 そうですね。まさにそのとおりで。(IWGPヘビー級選手権試合で敗れて)打ちのめされたんですね。で、いままでに思ったことがないぐらい落ち込んだし。まあ、レスラーとしてね、そういうこと(引退)を思っちゃいけないという思いもあったんですけど、“それ”をしまっておけなかったというか。それぐらい落ちたですね。

――そんな中、話題になった滝行というのはやっぱり重要でしたか?

後藤 そうですね。“それ”が終わってからの滝行ですからね。あそこで気持ちを入れ直して、CHAOSに入って、何とか立ち直って、いまがあるという。

――CHAOS入りに関しては、後藤選手自身も非常にポジティブで。私たちから見てもハマっていると感じます。

後藤 CHAOSへ入ったことによって、なんか自然体でいられる。あんまり深く考えることもなく行けるようになったかな? いまホントに心底プロレスが楽しいですし。

――楽しくない時期もありましたか?

後藤 だから、あの2月が終わって、ぜんぜん楽しくなかったですよ。モチベーションが上がらない(苦笑)。試合もね、もう試合じゃなかったですよ、あれは…。今年の『NEW JAPAN CUP』手前あたりとか、『NEW JAPAN CUP』もそうでした。うまく気持ちとハマらなかったですよね。

――いまはもう自分の中でビシッとハマッていますか?

後藤 そうですね。いまではしっかりと立ち直って。復活してます。

――敗れたとはいえ、『G1 CLIMAX 26』決勝戦は、今年を代表する名勝負でしたし。

後藤 そうですね。もうあのへんで吹っ切れて。やっぱり吹っ切れた結果があれだと思うんで。

■話がないのはお互い様だろ? 高校のときから新日本を受けるのも話がなかったじゃねぇか。

goto2

――そういう状況の後藤選手に、厳しい発言を投げかけている選手がいます。かつての盟友である柴田勝頼選手ですが…。

後藤 そうですね。まあ、俺からしたら「いい相手だな」と。復活したとは言っても、まだ結果を出していないので。やっぱり俺の完全復活を証明するには、彼は避けて通れない相手だと思っていたから。このアゴの骨折からの復活(2014年1月4日)も彼とだったし。なんか運命的なものを感じますね。

――では、後藤選手の中で、このタイミングで実現する東京ドームの“対柴田”というのは?

後藤 自分をアピールする格好の場ですね。

――とはいえ、柴田選手はかなり辛辣な言葉を投げています。ひとことで言うと「おまえは、それでいいのか!?」と言っているわけですが…。

後藤 「それでいいのか!?」と言われても、そのおかげでいまがあるわけですから。

――これはお互いの主張が噛み合いませんね。

後藤 う~ん。まあ、別に俺は柴田がイヤになってCHAOSへ入ったわけでもないし、俺から柴田に文句を言おうと思わないけど、彼がそうやって言ってるってことは、組んでいるときから常日頃そう思っていたんだろうなと。

――柴田選手は「CHAOSへ行く前にも話がなかった」と言っていました。

後藤 話…!? 話がないのはお互い様だろ? “誰か”が新日本プロレスを出て行くときも俺に話なんてなかったし。むしろ、高校のときからそうですよ。新日本の入門テストを受けるのも、コッチに話がなかったじゃねぇかって(笑)。

――ああ、高校時代、柴田選手は親友の後藤選手に何も言わず、1人で新日本プロレスの入門テストに合格したんですよね。まあ、いろんな事情もあったようですけど。
 
後藤 でも、それだって、いまさら掘り起こして話す部分でもないと思うんですよ。柴田も、けっきょく自分のために出て行ったんだろうし。今回の俺もそうだし。

――後藤選手を語る上で柴田選手は絶対に外せない存在ですが、今年もずっと意識していましたか?

後藤 意識は常にしてますけど、柴田にああやって言われるまでは不思議と接点がなかったし。ただCHAOSへ来て、漠然と「いつか当たることになるんだろうな」と思っていたぐらいで。だから、今回もタッグ(12月5日京都「WORLD TAG LEAGUE 2016」Bブロック公式戦)で当たってからですよね。
 
――たしかに、京都大会までほぼ接点はなかったですね。4月12日の会社説明会で当たったぐらいで。柴田選手はほかにも「軍団が変わって楽しいか?」とも言っていますが。

後藤 いや、そう言われても。再三言ってますけど、「楽しいです」としか言いようがない。

――そうですね。

後藤 むしろ「楽しい」と思えるまで、俺はもう回復したんですよ。それがわからないのは、やっぱりガッチリ闘ってないからだと思う。そこはリング上で交わることでしっかりと伝えたいと思います。

――ただ、ずっと一緒にやっていた後藤選手に対し、柴田選手が何か言いたくなる気持ちはわかる気がします。

後藤 でも、人間って…。俺は前まで柴田と組んでいて、それがいまいろいろ言われている。で、俺がCHAOSと闘ってきて、いまは軍団に入って仲良くやっている。それって、一緒のことだと思うんですよね。やっぱり……人間は変わっていくんですよ。

――「人は変わっていく」と。しかし、柴田選手は「いままで敵対していたヤツらとよくそんなふうになれるな」「俺はいまでも控室では1人で隅っこのほうに座っているよ」とも発言されています

後藤 だから、さっき言ったことですよね。「昨日の敵は今日の友」という言葉もありますから。闘いによってお互いがよりわかり合える部分というのもあるし。

――見ていて本当にムリのない感じだったので、後藤選手はCHAOSに水が合っているんだなとは思いました。

後藤 タッグを組んでいた時期の俺と柴田だって、しっかり気持ちはわかり合えていたはずなんで。CHAOSに関しても、昔は敵対はしていたけど、いまわかりあえるというのは一緒のことなんじゃないかなと思いますけどね。

■NEVERがほかのベルトと違うのは無差別級というところ。もうちょっと面白くできるんじゃないのかな?

goto3

――今年の柴田選手はNEVER無差別級のベルトを1年間保持し、度重なる激しい防衛戦で本当に肉体はボロボロになっていると思います。現在の柴田選手を見てどう感じますか?

後藤 やっぱり世界を飛び回ってね。休みもなく、身体も壊しながら。それで彼はベルト、いま二冠ですよね。それは素直に凄いと思いますよ、正直。認める部分でもあるし。今年の俺と比較したら、出している結果が全然違うものだというのは、十分わかってるし。

――柴田選手は変わってきたと思いますか?

後藤 それほど変わった部分はわからないですけど。ただ、スタイルであったりとか、そういうものは「若干変わりつつあるのかな?」と思いますね。世界を知ってより柔軟になったような。前まではボコボコというか打撃系のイメージだったんですけど、最近は「それだけじゃないな」という感じもしますね。

――後藤選手はNEVERのベルトに魅力を感じますか?

後藤 そうですね……。やっぱり俺はどうしてもIWGPヘビーが目標なので。たしかにNEVERにはそれほど思い入れがないし、「今後どういうふうにしていくか?」「どういうベルトなのか?」というのも、イマイチ俺にはわからない。ただひとつ、ほかのベルトとの違いというのは、“無差別級と”いうところでしょう。

――たしかにそうですね。

後藤 そのへんは「もうちょっと面白くできるんじゃないのかな?」と、客観的に思ったりしますけどね。でも、すべては柴田との試合、まずはタイトル戦が終わってからのことなんで。

――もしNEVERを獲ったら、新たな“後藤ワールド”が作れるかもしれませんね。

後藤 まあ、「獲ったら」という言い方はあまり好きじゃないですけど。すべてはそうならないと始まらないことですからね。それだけの自信はありますから。

■あんな雰囲気のドームを味わったのは、俺もあのとき(2014年)が初めて。あれを超えるものを臨みたい。

goto4

――2014年の一騎打ちは非常に高い評価を得ました。改めて、東京ドームで柴田選手と闘うことについて、どう感じていますか?

後藤 やっぱり前回のことがあるので、思い入れは強いですよね。あんな雰囲気のドームを味わったのは、俺もあのときが初めてだったので。

――ドームの広い空間が、まるで後楽園ホールみたいに臨場感のある雰囲気になりました。

後藤 そうですね。あれを超えるものを臨みたいなっていう気持ちはやっぱりあります。

――東京ドームで行われるほかの試合は意識しますか?

後藤 あんまり意識はしないです。やっぱり俺の試合を見せるだけというか。俺と柴田の闘いを見せるだけだと思ってるんで。そこにほかの試合は関係ないかもしれないですね。

――改めて今年を振り返ると、本当に激動の年でした。

後藤 まあ、今年も始まりだけはよかったんですよ(笑)。東京ドームは、去年、一昨年とあんまりいい思い出がなくて。今年は内藤(哲也)に勝ちましたけど、久々ですよ。ああいうふうに勝利で終われる東京ドームは。

――所属する軍団が変わったものの結果は出なかった、その部分でもうひとつ上に行きたいと。

後藤 ええ。CHAOSに入って、充実はしている。ただ、もうひとつバーーッと突き抜けて行きたいですね。それは日々思っていることですし、そういう俺にとって、格好の相手が柴田勝頼じゃないですか? たぶんファンの皆さんにも、一番伝わる相手だと思いますし。

――その柴田戦に向けて、いまのお気持ちはいかがですか?

後藤 ここまで目前になって、もちろん気持ちも盛り上がってきてますし、体調もシッカリとそこに合わせています。とにかく「早く試合がしたい」というぐらい、東京ドームが待ちきれないですね。

goto5

■『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』
2017年1月4日(水)17:00~(※第0試合は16:10より開始予定
東京・東京ドーム
★対戦カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」が完売いたしました。
※「2FスタンドA」が残り僅かとなりました。

★因縁のNEVER戦、柴田勝頼vs後藤洋央紀の“1分煽りV”をYouTubeで公開中!!

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ