• 2018.1.3
  • #Topics
【WK12】「この大きな流れを止められるのか?」ジェイが“IC王者”棚橋を挑発! ヒロムは「KUSHIDA選手が大好きになりました…!!」【1.4東京ドーム前日会見02】

いよいよ決戦前日!! 1月4日(木)「ブシモPresents WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム」を前に、ディファ有明で行われた「大プロレス祭り2018」にて前日会見が行われ、各選手がコメントを発表した。まずは、前半(02)模様をお届け!

■『ブシモ 5TH ANNIVERSARY  WRESTLE KINGDOM12 in 東京ドーム』
2018年1月4日(木) 17:00~東京・東京ドーム
★カード情報はコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」は完売となりました。
※「2FスタンドA」は残りわずかとなりました。
★当日券は「12時」より、東京ドーム22番ゲート前の当日券売り場にて発売します。
★新日本プロレスワールドで、1.4東京ドーム大会を完全生中継!

■IWGPタッグ選手権試合
・(チャレンジャーチーム)EVIL&SANADAのコメント
SANADA「……(※無言でEVILにマイクを手渡す)」

EVIL「『WORLD TAG LEAGUE 2017』を制したEVIL&SANADAが、IWGPタッグのベルトを支配する時が来たぞ。俺らがこのベルトを獲った暁には、IWGPのシングルと同等の価値まで価値を高めてやる。K.E.S、Welcome to the COLD SKULL&Darkness World」

・(チャンピオンチーム)ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.のコメント
スミス「EVIL、SANADAよ、お前らは『WORLD TAG LEAGUE 2017』を優勝したかもしれないが、それはK.E.Sが同じブロックにいなかったからだ。デイビーボーイ・スミスJr.は1.4トーキョードームに向けてカナダで柔術、グラップリングなど、様々な格闘技のトレーニングを経て、準備万端の状態でここにやってきた。プレッシャー、圧力というものは人を潰すかもしれないが、それこそがダイヤモンド作る元になる。お前たちは、K.E.Sに対する怖れが見える。俺たちはどのような怖れやプレッシャーが来ても、それをすべて跳ね除け強くなるが、お前たちは潰れる姿しか見えない」

ランス「チビイービル。チビサナダ。明日、何が起こるのかわかっているのならば、お前らが明日トーキョードームに顔を出すことはないだろう。俺たちがお前らに与える痛み、そして本当の意味での暗闇、それがわかっていたら明日トーキョードームには来れないはずだ。K.E.Sがこのベルトを防衛するのは初めてのことではない。今回、対戦できることを嬉しく思ってもらいたい。デイビーボーイ・スミスJr.も言ったが、タッグリーグで同じブロックでなかったこと、お前たちは大変幸運だったな。いまはリングに立たずコーナーに座っているが、これはお前たち2人が俺たちと対戦するに値しないタッグチームだということを身体で表すためだ。明日の『WRESTLE KINGDOM』が終わったあと、きっと話題はK.E.Sがお前たち2人に与えた本当の意味での暗闇、そして痛みということで持ちきりになるだろう。お前たち2人を過去にも倒したことがある。当時から何も変わってないな。このタッグのチャンピオンシップ、俺たちが防衛してお前たちに死を与えてやる」

※フォトセッションを再びマイクを握ったスミスは「この世には、ブルース・リーもエルビス・プレスリーも一人しかいない。デイビーボーイ・スミスJr.も同じだ!」とコメントしリングをあとにした。

■IWGPジュニアタッグ選手権試合4WAYマッチ
・(チャレンジャー)高橋ヒロムのコメント
ヒロム「俺は強い!俺は強い!!俺は強い!!!俺は強い!!!!俺は強い!!!!!俺は強い!明日は、この俺が勝つ!だから、KUSHIDA選手、マーティー選手、オスプレイ選手、明日は楽しみましょう。あっ、KUSHIDA選手。新日本プロレス公式サイトのインタビュー読ませてもらいました。すっごく面白かった~。いや、素晴らしいインタビューだった。俺はアナタのあの感情を出したかった。あの感情を待っていたんです。あのイライラした想いは凄く手に取るように伝わってきました。ホントに最高のインタビュー、ありがとうございました。KUSHIDA選手、俺はアナタのことが大好きになりましたよ。マーティー選手、オスプレイ選手……ラブリー」

・(チャレンジャー)KUSHIDAのコメント
KUSHIDA「新年あけましておめでとうございます。他の試合、特に上の3試合をひっくり返して、『このIWGPジュニアヘビー級選手権が一番面白かった』と言われる試合をして、完全勝利。もう一回、そのベルトを取り戻して、2018年を始めます」

・(チャレンジャー)ウィル・オスプレイ選手のコメント
「(※持ち込んだ包みを破り、チョコレートを3選手へ投げ渡す)毎年、クリスマスになると母親がこのオレンジチョコレートをくれる。そして、『みんなと分け合うように』と毎年言われる。だから、今年もこのオレンジチョコをみんなに分けたいと思う。まぁ、マーティーは好きじゃないかもしれないけど、とにかくこうやってみんなと分け合いたいと思う。実は大っ嫌いな親戚の叔父さんがいたんだけど、ママは『彼ともちゃんと分け合いなさい』と言ってきた。だから、嫌いな相手だろうが誰だろうが、クリスマスにはこれをみんなで分け合う。そして、このオレンジチョコに他にもう一つこのリングの上にいる4人は、IWGPジュニアヘビー級のベルトを獲り合うということで意見が一致している。このベルトには名だたるレジェンドの名前が刻まれている。スカルはイギリス人史上初めて獲る伝説を築き上げた。『WRESTLE KINGDOM』ではこのベルトが初めて4WAYで競われる。だからこそ、この4人でこのチョコレートを分け合って、同じものを食べるということで同意を得たいと思う。プロレスの新しいファンに『なぜこの試合が4WAYで行われるのか?』『なぜ世界中でこの4人がジュニアヘビー級最高峰と呼ばれるのか?』というところを見せられるような試合をしようじゃないか。そして、その中で誰が最強なのかを決めよう」

・(チャンピオン)マーティー・スカルのコメント
「オハヨウゴザイマス。ウィル・オスプレイ、お前のことは好きじゃない。明日は俺が歴史をつくる。3人と闘ってこのベルトを防衛する。そんなことを成し遂げた選手がいただろうか。そして、自分自身がジュニアヘビー級の世界でトップであることを証明してやる。KUSHIDA、お前だって3人相手に勝ったことはないだろ? たぶんタナハシだってそんな状況でベルトを防衛したことはないはずだ。いまは自分の強さを疑う人はいるかもしれないが、この『WRESTLE KINGDOM』でベルトを防衛したら、この俺が最強であることを認めてくれるはずだ。KUSHIDA、お前スゲーよ。プロレス上手いし。でも、いまニュージャパンプロレスリングは変化が必要な時だ。そして、タカハシ、人気者になれてよかったね。でも、お前はただのおちゃらけたヤツにすぎない。このベルトで引っ叩いてやるよ。オスプレイ、お前はトップクラスのレスラーかもしれないが、まったくその逆でもある。お前のことは倒しまくったから、もう一緒に闘いたくない。そして、オスプレイよ。お前はこのベルトを何回防衛した? ゼロ? お前は俺に敗れてベルトを獲られて、ただの負け犬だよ。内側から食いつぶしてやる。それはお前がどこにいこうと同じことだ。必ず俺がうしろから追いかけていって、お前を食いつぶしてやる。明日も同じことをしてやる。“ヴィラン”マーティー・スカルが世界を変える」

■IWGPインターコンチネンタル選手権試合
・(チャレンジャー)ジェイ・ホワイト選手のコメント
ジェイ「今日は後ろから奇襲をかけたりしないから安心してほしい。リラックスしてこの記者会見に臨んでほしい。なぜなら、明日の試合になんの疑いもなく、なんの不安もなく自分と対峙してほしいから。そして、心の底からタナハシを倒す。なぜ倒すか? それは俺のほうが強いからだ。自分が修行から帰って来て、直後に『WRESTLE KINGDOM』でタイトルマッチが組まれることを疑問に思っているかもしれない。でも、大きな流れをお前は止められると思っているか? この大きな流れにオレは乗って行く。ここ2回の防衛戦ではうまく勝てたかもしれない。でも2回の防衛戦で怖れ、そして自分に対して疑いが芽生えてしまったんじゃないかな。昔のタナハシヒロシとは変わってしまった。俺はしっかりと見ている。今回、俺が闘いたいのは、かつて本当に強かった真のエースのタナハシだ。その真のエースとしての姿を世界のファン、自分自身、そしてオレに見せてほしい。おしゃべりの時間もそろそろ終わろうとしている。あと残されたのは、リングの上でなにが出来るか魅せることだ。『WRESTLE KINGDOM』では俺がお前を完全に破壊してみせる。関節という関節、そしてその大切な膝もすべてを破壊してやろう。このリングで引きずり回してやる。俺がお前の王国を治めてやる」

棚橋「“IWGPインターコンチネンタルチャンピオン”の棚橋です。たしかにジェイ……。ジェイのこれからのレスリングキャリア、素晴らしい輝かしい未来が待っていると思う。でも、それはいまじゃない。なぜならオレがチャンピオンだから。オレがいるから。そう、オレはすでに未来を掴んでいる。決まったね。太陽はまた昇ります。明日は必ず勝ちます。では最後になりましたが、皆さん、あけましてGO ACE!」

※ジェイは棚橋のコメント後に再び両者が舌戦を展開
ジェイ「お前が良い人ぶっているのは飽き飽きしたよ。オレの未来はお前が握っていると言ったが、明日、俺の未来は俺自身で掴んでみせる。そしてお前の未来を俺が握ってみせる」

棚橋「(※英語で)お前の青いケツを蹴っ飛ばしてやる!」

ジェイ「俺こそ、おまえを完全に破壊してやるからな!」

★『WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム』特設サイトはコチラ!

■『ブシモ 5TH ANNIVERSARY  WRESTLE KINGDOM12 in 東京ドーム』
2018年1月4日(木) 17:00~東京・東京ドーム
★カード情報はコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」は完売となりました。
※「2FスタンドA」は残りわずかとなりました。
★当日券は「12時」より、東京ドーム22番ゲート前の当日券売り場にて発売します。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ