• 2017.8.28
  • #Topics
注目の一騎打ちをドーリングが破壊!小島が手負いの諏訪魔をラリアット葬! タイチは青柳を返り討ち!【8月27日(日)全日本プロレス両国大会・試合結果】

 8月27日(日)、全日本プロレスの両国国技館大会に、本隊の小島聡、鈴木軍のタイチ、TAKAみちのくが参戦した。
 
■『2017 SUMMER EXPLOSION[最終戦]全日本プロレス45周年記念両国大会 ~新たなる決意~』
8月27日(日)
東京・両国国技館
観衆:6,500人(満員)
 
●第11試合 45分1本勝負
全日本プロレス 創立45周年記念特別試合
×諏訪魔
(11分15秒 ラリアット→片エビ固め)
○小島聡
  
★試合経過
 かつて全日本プロレスの主力選手だった小島が、因縁浅からぬ諏訪魔と約6年ぶりに一騎打ち。
 
 まずは諏訪魔が入場するが、いきなりジョー・ドーリング(※両国大会直前に諏訪魔のEvolutionから離脱)が襲撃。アックスボンバー、パイルドライバーなどで痛めつける。そこへ小島が現れると、ドーリングは退場。大混乱の中で試合開始のゴングが鳴り、そのまま小島が一方的に諏訪魔をいたぶり続ける。
 
 だが、諏訪魔は小島のラリアットをかわし、ジャンピングショルダータックルで逆襲。さらに、バックドロップへ繋ぐが、小島はコジコジカッターで挽回。そして、エプロン上と場外マット上でDDTを敢行する。
 
 小島の攻勢は続き、ドラゴンスクリュー、シャイニングウィザード、逆水平チョップ連射、串刺しジャンピングエルボー、「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップ。しかし諏訪魔は、ブレーンバスターで挽回し、キャプチュード、ロープ際でのラリアット、ジャーマンスープレックスホイップ、ラリアット、高角度バックドロップと一気に畳み掛ける。
 
 次に諏訪魔はラストライドを狙うが、小島が脱出してDDT。さらに、諏訪魔をコーナー最上段へ固定すると、逆水平チョップ3連発から雪崩式コジコジカッターを食らわせる。
 
 ここで小島はラリアットに行くが、諏訪魔が腕にフロントハイキックを浴びせて防御。だが、小島は次のランニングフロントキックを受け止め、諏訪魔の後頭部へショートレンジラリアットをお見舞い。さらに、垂直落下式ブレーンバスターで叩きつけると、最後はウエスタンラリアットで諏訪魔を沈めた。
 
 試合後、小島が諏訪魔に歩み寄り、握手の手を差し出す。しかし、諏訪魔は拒否して退場した。
 
★試合後コメント
小島「こんな悲しい試合何年振りだ!? こんなに胸が切なくなる試合なんか、なかなかないぞ! オレと諏訪魔の7年越しの闘いがこんな短い時間で終わっていいのか!? なんて切ないんだ…。ジョー・ドーリングっていう人、おい! オマエ10年以上プロレスやっているんだったら、入っていい時入っていけない時、やっていいことやっちゃいけないことくらい空気読めよ。7年越しの試合…。こんな状況の中で迎える選手の気持ち考えたことあるの!? 切なくて切なくて、涙も出てこないぞ! もう1回やるとかやらないとか、誰が決めるわけじゃねぇよ。その時のタイミングが来れば、勝手にそういうことが起こるかもしれない。ただ! ただ!! 普通は次の事考えてやんねぇぞ!! 普通はこれ1回限りしかやれないと思うだろ!? 全日本プロレスの管理体制がどうとか、そういうのもよく分かんないし。オレの中で切ないだけだよ。切ない試合だよ。ただ切ないだけでも、これだけは言っといてやる。諏訪魔は本当に強い男だぞ!! アイツのポテンシャルは本当にスゲェから! アイツの言動、アイツのコスチューム、アイツの姿、アイツの試合スタイル、アイツの全部がムカついて、アイツの全部が嫌いだけど、アイツのことはプロレスラーとしてリスペクトしているから」
 
※控室へ向かう諏訪魔をドーリングが急襲。激しく暴行をくわえ、そのまま控室へ連れ込んでしまった。
 
●第7試合 45分1本勝負
全日本プロレス 創立45周年記念特別試合
×青柳優馬
(13分19秒 タイチ式ラストライド→エビ固め)
〇タイチ
 
★試合経過
 全日本プロレスの有望株である青柳が、鈴木軍のタイチとシングル対戦。両者のシングル対戦は2016年7月20日後楽園ホールの「SUPER J-CUP 2016」トーナメント1回戦以来で、完敗を喫した青柳にとって1年越しの雪辱戦となる。
 
 タイチはディーバのあべみほを引き連れ、観客席の扉から登場。スタンドマイクで入場曲を口パクしながら観客席を練り歩き、たっぷり時間をかけてリングへ上がった。
 
 ここで青柳の入場となり、リングインと同時にタイチを襲撃。ドロップキックで場外へ落とし、鉄柵攻撃を食らわせる。そして、串刺しドロップキック、高角度ジャーマンスープレックスホールドなどで畳み掛ける。
 
 しかしタイチは、あべを盾にして追撃から逃れ、イス攻撃で逆転。さらに、木づち攻撃、顔面かきむしり、サッカーボールキック、逆片エビ固めなどで追撃。そして、タイチが青柳を場外へ落とすと、鈴木軍の仲間である金丸義信&TAKAみちのくが暴行。
 
 苦しくなった青柳は、アックスボンバーを回避し、ショートレンジドロップキックで逆襲。そこから串刺しバックエルボー、フライングフォーアーム、コーナー最上段からのフライングボディアタックへ繋ぐ。
 
 すると、タイチはボンバー斉藤レフェリーを盾にして流れを変え、アックスボンバーで逆転。さらに、側頭部へハイキックとローキックを食らわせる。次の天翔十字鳳は回避した青柳だったが、タイチはカウンターローリングソバットを食らわせる。それでも青柳はエルボーで反撃に出るが、タイチがカウンタージャンピングハイキックをお見舞い。
 
 それでも青柳はラストライドを高角度DDTに切り返し、トラースキックを受け止めてロコモーションジャーマンで3カウントを迫る。そして、ロックスターバスターを仕掛けるも、脱出したタイチがカウンタートラースキックで吹き飛ばす。
 
 これで青柳の動きが止まると、タイチは急角度バックドロップ、後頭部へのアックスボンバー、ジャンピングハイキックと一気に大技を連発。そして最後は、タイチ式ラストライドで完勝した。
 
★試合後コメント
タイチ「くだらなさ過ぎる。くだらねぇよ。大体なんだよ、この団体はよぉ! オレは一言も出るって言ってねぇぞ。出るって言ってねぇのによ、勝手に決めて、勝手に発表しやがってよ! そんなやり方あんのかよ。しかも前日会見かなんだか知らないけど、会見でオレが言ってもないことを勝手に作りやがってよ! オレのコメントだって! バカかオメェら。あんなことオレが言うかよ。オメェらに気の利いたコメントなんか出すかよ! バカなんだよ。こんな団体もう2度と出ねぇよ。もうこれでおしまいだよ。あの若いの(青柳)だってよ…まぁいいよ。このバカ団体よりは、ちょっとくらいアイツの方がいいんじゃないか? 2回目の対戦かなんか知らないけど記憶にねぇよ! 意味がなかったよ、この対戦の理由が。ひとつも意味がない! 明日は大事な試合があるんだよ。邪魔すんな。終わりだよ、こことはもう終わりだよ。こんなところに所属しているヤツがいたら頭おかしいよ!? なぁノブ!? あれ、ノブいねぇな」
 
青柳「クソッ! まだまだ! まだまだ! 練習量も足りないし! まだまだ! 負けたけど、負けたままでは終わらない! 絶対に!! まだまだ! まだまだ上に行く!」
 
※このほか、TAKAがブラックタイガーVIIと組んで第6試合に出場し、アジアタッグ王座へ挑戦。青木篤志&佐藤光留を撃破し、第102代王者組に輝いた。
 
★その他の試合結果・詳細は、全日本プロレスオフィシャルサイトでご覧下さい。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ