• 2017.7.12
  • #Topics
「やっぱり内藤戦は負けられない」飯伏幸太の意識は7・17札幌『G1』開幕戦に集中!! フェニックススプラッシュの封印も宣言!!【G127】

 7月12日(水)、飯伏幸太選手が千葉県某所のOPG道場で公開練習を敢行。7月17日(月・祝)に開幕する『G1 CLIMAX 27』へ向け、意気込みを語った。

 今回、飯伏選手が見せた練習は、普段から自身で行っている基礎的なもの。いわゆるサーキットトレーニングで、スタミナや回復力の強化を狙っているという。また、ダミー人形を使用し、シットダウン式ラストライド、ジャーマンスープレックス、ローリングソバットといった自分の得意技を確認した。

 そんな中、飯伏選手は開幕戦で行われるリーグ初戦の内藤哲也戦に全神経を集中。同い年だし、いろいろ負けられない部分がある」とライバル心を覗かせ、「初日を乗り切らないと次の日がない」という決意を明かした。

 また、飯伏選手は自身の代名詞でもあるフェニックススプラッシュの封印を宣言。一方、それを越える新技の開発にも意欲を見せた。

■質疑応答
――いまのコンディションは?
飯伏「いま、現段階のコンディションは“疲れてる”状態ですね。たぶん一番疲れてる時期というか。まあ、このまま回復させて、17日(開幕戦)を迎えられたら、ベストな状態になるんじゃないかと。ついでに同時に脳もちょうど痛くなって来るんで。それの調子がベストなときに来たなっていう。5日前ぐらいにこの状態であれば、5日後はベストな状態になると思います」

――公開練習を終えていかがでしたか?
飯伏「いつもどおりキツかったというね。練習はキツいですよね。でも、新技をやっぱりやらないと。新技はまだ諦めてないんで。今日中に新技(の開発)を頑張りますんで」

――普段から先ほどのような練習をしているんですか?
飯伏「そうですね。動いている時間は1時間半ぐらいですね。それとは別にウエートトレーニングをやったり。息を上げるトレーニングが一番多いんですけど。『回復させないとダメだな』というのが、最近わかったというか。常に“疲労状態”で試合をやっているような状態だったんで。去年から月イチぐらいしか(試合を)やってないですからね。でも、ちょうど試合の前にちょっと焦るというか、練習してしまうんですよ。試合の前にいつも疲れてしまいますね。だから、試合の日に凄く疲れているときがあるんで。だから、それの配分というか、“体調の持って行き方”は何となくわかったかなと…思ってますけど、正直、自分がいまやっているのは“初日”に向けてだけなんで。17日のあとはもうわからないです」

――『G1』出場は2年ぶり3回目となりますが?
飯伏「そうですね~。1回目は“初のヘビー級挑戦”みたいな感じだったんで。なんのプレッシャーもないし、それまでもけっこう新日本プロレスに出続けていたんで。そんなに変なプレッシャーもないし、キツさもよくわかってなかったので。正直、いま思うと、4年前の自分が初めて出た『G1』は、多少、気持ち的はラクだったなと。2年目からやっぱりいろいろわかって来るんで、前回はホントにキツかったし、“キツい”以外の記憶があんまりない。今年はそれよりもプレッシャーとかをかなり感じてるし、試合数もほとんどやって来てないし、そのへんがちょっと怖い部分はありますけど。ちょっと自分がひとつ言いたいのは、“自分がやって来たこと”を“ゼロ”として数えられている人もいるので、それはちょっと悔しいなと。自分が1年半とか2年ぐらい何もやってなかったら、いろいろ言われても当然かなと思いますけど、まあ自分は自分でいろいろやって来たんで。その部分が少しでも出ればいいかなと思っています」

――そんな中で、敢えて札幌の開幕戦に焦点を合わせているんですか?
飯伏「そうですね。やっぱり内藤戦は負けられない。正直、内容もそうですけど…。まあ、シングルマッチは自分のほうが勝ち越しているはずなんで。負けられないというのもあるし、同い年だし、いろいろ負けられない部分がある」

――その後のことは終わったあとに考える?
飯伏「終わったあとのことは考えてないです。いまも考えてないです。現段階、5日前で何も考えてないです。とりあえず初日。初日を乗り切らないと次の日がないので。とりあえず初日」

――そんな中で、ほかに対戦を楽しみにしている選手はいますか?
飯伏「内藤さんはいつもそうなんですけど、やっぱり棚橋(弘至)さん。棚橋さんとはシングルマッチをやるのが2回目なので。自分でも期待してるのと、あとは棚橋さんを尊敬している部分があったんで。いまももちろんそうなんですけど、ちょっと最近なんか失速というか、存在感が薄くなって来たんじゃないかなと。でも、棚橋さんは棚橋さんで、絶対に何かやって来てくれると思うんで。それは楽しみですね。(Aブロックは)けっこう負けている人がいるんで。その人たちにリベンジするのもそうだし、あとは自分が新日本プロレスでどこまで行けるか!? そこがわからないんで。取り戻したいというのはありますね。たぶんこの2年ぐらいで相当変わったはずなんで」

――棚橋戦が鹿児島であることはどう思いますか?
飯伏「そうですね。地元が鹿児島なんで。『ちょっとホームになるのかな?』という部分もあるし、別にならないとしても、どの会場も全力で行きたいですね。そこまで自分の中では考えてないです。ホントにフラットで行きたいです。できるだけ」

――先ほど新技と言っていましたが、何系の技ですか?
飯伏「う~ん…。いろいろ考えたんですよ。ホントに。ぜんぜん思いつかないんですよ。1ヶ月ぐらいですかね。考えて。で、考えついたのはいっぱいあるんですけど、全部誰かがやってるんですね。調べ尽くしてしまうというか。思いついたら誰かやってないか、けっこう動画で調べてしまうんで。だいたい見つかるんですよ。だいたい誰かがやってる。それでも、『誰かがやった技をまた使い直すのもいいかな?』とは思ってますね」

――開幕までには何かしら新しい技が?
飯伏「そうですね。『何か新しい技でフォールを獲れればいいかな』と思ってますけども。あと、フェニックススプラッシュをちょっと封印しようと思って。デビュー戦からもう13年ぐらい使い続けて来て、けっきょく“アイツ”があるせいで、新しい技がフェニックススプラッシュを超えないんですよ。だから、新しい技で獲れなくなって来たというか。自分が13年、必殺技が変わらなかったのは、そこもあるのかなと。『フェニックススプラッシュというのが、ちょっと大きすぎるものなのかな!?』っていう。これは劣化ではないです」

――過去を突き破るというのも、今回の『G1』のテーマですか?
飯伏「そうですね。もうすべてにおいて突き破るしかないというか。“しかない”。“しかない状態”ですね。追い込まれてます」

――ケニー・オメガ選手についてはどう思いますか?
飯伏「自分が決勝に行って、ケニーが決勝まで上がって来たら、試合できるのかなと思いますし、まあケニーの活躍を見てれば、ケニーが行きそうな感じはかなりしてますね、自分の中で。でも、新日本プロレスだと、僕は2年ぐらい遅れを取っているんで、そこがどうなるか? ぜんぜん言い訳とかではなく、それも楽しみです、自分で」

――いまの新日本プロレスへ違和感なく入り込めそうですか?
飯伏「いや。いまやっているのは、プロレス的な技術じゃなくて、筋肉の回復力とか、そういう回復力を早くするトレーニングをやっているんで。そこが自分の中で一番怖いところ。それによっては出せる技、出せない技も限られて来るし。ちょっと不安ですね。それによっては、惨敗する可能性もあるし。全敗。でも、わかんないです。自分でやって来たわけですから。1年半か2年ぐらいは触れてないんで。全勝する可能性もあるし。それはわかんないです」

■「ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27」大会スケジュール
7月29日(土)愛知・愛知県体育館
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「ロイヤルシート」は完売となりました。

7月30日(日)岐阜・岐阜産業会館
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「2階特別席」は完売となりました。

8月1日(火)鹿児島・鹿児島アリーナ 
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「ロイヤルシート」「1Fひな壇A」は残りわずかとなりました。

8月2日(水)福岡・福岡市民体育館 
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「ロイヤルシート」は完売となりました。一般発売でのお取り扱いはございません。
※「アリーナ席」は残り僅かとなりました。

8月4日(金)愛媛・アイテムえひめ
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「ロイヤルシート」は完売となりました。

8月5日(土)大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※全席完売となりました。「小中高生券」を含め当日券の発売はございません。
 
8月6日(日)静岡・アクトシティ浜松
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「ロイヤルシート」「指定席S」「指定席A」は完売となりました。
※「指定席B」は残り僅かとなりました。

8月8日(火) 神奈川・横浜文化体育館
★カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「SS席」は完売となりました。
※「アリーナA席」「アリーナB席」「2階指定A席」「2階指定B席」は残り僅かとなりました。

8月11日(金・祝)東京・両国国技館
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「砂かぶり」はファンクラブ先行予約で完売のため、一般発売でのお取り扱いはございません。
※「アリーナA」「アリーナB」「アリーナC」は残り僅かとなりました。
※前売券の販売は、プレイガイド各店ごとに購入枚数制限を行うこともございます。

8月12日(土)東京・両国国技館
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「砂かぶり」はファンクラブ先行予約で完売のため、一般発売でのお取り扱いはございません。
※「アリーナA」「アリーナB」「アリーナC」は残り僅かとなりました。

※前売券の販売は、プレイガイド各店ごとに購入枚数制限を行うこともございます。

8月13日(日)東京・両国国技館 <優勝決定戦>
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「砂かぶり」「2F特別席」はファンクラブ先行予約で完売のため、一般発売でのお取り扱いはございません。
※「2F指定席」は完売となりました。

※一部のプレイガイドでは、発売日にお取り扱いのない席種もございます。
※前売券の販売は、プレイガイド各店ごとに購入枚数制限を行うこともございます。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ